--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.06.23  PC・デジモノ
なんで、と問われても困るけれど、本当に何となく1台組みたくなったので、ちゃちゃっとパーツ購入して組んでみました。以前ATXなケースで自作して置き場所に困ったので、今回は小型なMini-ITX。NUCとか流行ってる今時分だと「小型」という感じもしなくなってきましたが。それと、せっかくなのでPT3を挿してテレビの録画などができるようにしてみました。

パーツ構成は以下の通り。秋葉原のツクモ、ソフマップ、arkと、Amazon.co.jpで適当に買い揃えました。突っ込みどころ満載かと思われるのはいつもの通り…。
M/B  BIOSTAR A68N-5000
A4-5000オンボード
メモリAMD AE38G1609U1K
DDR3-1600 4GB×2
SSDSanDisk SDSSDHP-128G-G25AZ
2.5inch 128GB
HDDWESTERN DIGITAL WD20EZRX
3.5inch 2.0TB
ケースScythe JONSBO U2-RD
Mini-ITXケース
電源SilverStone SST-ST30SF
SFXフォームファクタ 300W


ひとつずつ見ていくとこんな感じ。
A68N5000.pngBIOSTAR
A68N-5000
公式サイト:A68N-5000 :: Motherboard :: BIOSTAR
今回の要。TDP15Wの4コアAPU「AMD A4-5000」を搭載したファンレス仕様のMini-ITXマザーボード。こちらはark店頭で購入。秋葉原でも取り扱い店が少ない模様で、店員さん曰く「ニッチな商品で、数売れるものじゃないから…」とのこと。6/23現在、Amazonやツクモ、ソフマップなどのネットショップでの取り扱いは無し。

AMD Radeon Memory Entertainment Series DDR3-1600 4GB*2枚 AE38G1609U1KAMD Radeon Memory Entertainment Series DDR3-1600 4GB*2枚 AE38G1609U1K
()
AMD

商品詳細を見る

今回のザ・無駄遣い。普通のDDR3 DIMM 1600のメモリ。ヒートスプレッダにAMD RADEON Memoryのロゴがあしらわれた、AMD好きホイホイなデザインに惹かれ釣られて選択。割高な気がするがまあよし。
参考:AMD Radeonブランドのゲーム向けDDR3メモリが販売中 - AKIBA PC Hotline!

【Amazon.co.jp限定】SanDisk SSD UltraPlus 128GB 2.5インチ [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDHP-128G-G25AZ【Amazon.co.jp限定】SanDisk SSD UltraPlus 128GB 2.5インチ [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDHP-128G-G25AZ
()
サンディスク

商品詳細を見る

OS領域用に128GBのSSD。特にこれ!という決め手は無いです。

WESTERN DIGITAL 3.5インチ内蔵HDD 2TB SATA6.0Gb/s 5400rpm 64MB WD20EZRX-RWESTERN DIGITAL 3.5インチ内蔵HDD 2TB SATA6.0Gb/s 5400rpm 64MB WD20EZRX-R
(2012/08/16)
WESTERNDIGITAL

商品詳細を見る

データ保存領域用に2.0TBのJDD。これも特に選んだ決め手は無し。


サイズ フルアルミ仕様Mini-ITX用コンパクトタワケース U2-BKサイズ フルアルミ仕様Mini-ITX用コンパクトタワケース U2-BK
(2014/03/08)
JONSBO

商品詳細を見る

せっかくなので黒や銀を避けて赤色のケースを購入。それなりに内部空間に余裕があるケースがよかったのでこれに。そこそこ大きいくせに光学ドライブが入る5インチベイは無し。PCIスロットに2枚挿せる作りですが、今回のM/Bには1枚しか挿さりません。フロントにUSB3.0ポートがありますが、今回のM/BにはUSB3.0のピンはありません。リセットボタンが無いのが少し惜しい。

SilverStone SFX電源 300W SST-ST30SFSilverStone SFX電源 300W SST-ST30SF
()
Silver Stone

商品詳細を見る

少しでもケース内のスペースを確保したかったのであえてSFXフォームファクタの電源を選択。ATX電源用のネジ穴に固定するためのブラケットが付いているので問題なし。準ファンレス設計を謳っていて、電源内部温度が55度に達するまではファンが回らない仕様のため静音効果が期待できるとか。


とりあえず組んでみての様子見中。消費電力や録画周りは次のエントリにて。
2013.10.20  PC・デジモノ Excelコンピュータ
最近パソコンを初期化する機会がありました。空っぽになったパソコンにいつも使うソフトを改めてインストールしていったわけですが、ふと気づくとExcelでエラーメッセージが頻発するようになりました。

図が大きすぎます
エラーメッセージは上の画面通り、「図が大きすぎます。入りきらない部分は切り捨てられます。」。色々調べたところ「Excelのシート内にオブジェクトが多い」とか「拡張メタファイル形式のオブジェクトが含まれている」といった原因が該当するエラーメッセージのようですが、私の環境では、作成したばかりで何も編集していないシートで列や行を選択してコピーするだけで発生したので、別の理由。

入れたフリーソフトをひとつずつ無効にしたりしていったところ、エラーの原因はクリップボードの履歴を管理する「CLCL」というソフトでした。何個か前にコピーした文字列を後から呼び出したり、事前に定型文を登録しておいて文章作成を楽にしたりできるフリーソフトで、もう何年も重宝しているものです。

私の場合は、「CLCL」のオプション画面を開き、フィルタタブのラジオボタンを「すべての形式を履歴から除外」に切り替えることで事象が解決しました。これにより、動作の項目が「追加」に指定されていない形式は履歴取得の対象外になります。

CLCLフィルタ設定画面
本当は不要な形式をひとつひとつ指定してあげる方がよいのでしょうが、自分の場合は文字列と画像のコピペと定型文の貼り付けさえできれば差し支えないので、上のような対応にしました。以前は起きていなかったので、なんらかの理由で昔は設定を変えていたのだと思います。

ちなみに、もともと問題が起きた環境はWindows XP SP3+Office 2003のパソコンですが、画像を撮るためにこれを書いているパソコンで再現させたので、画像はWindows 7 SP1+Office 2013の環境です。なお、CLCLが対応を唄っているのはWindows 95~XPまでなので、Win 7で予期せぬ動作をしてもそれは自己責任です。

※調べるにあたり、以下のサイトを参考にさせていただきました。ありがとうございました。
図が大きすぎます - 伊豆・伊東情報館 Blog
CLCL - フリーソフト - 林檎の木
ここ2年くらいで、気に入ったアニメ作品をBlu-rayで数点購入しました。『イヴの時間』とか『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とか。2011年末には『映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団』がドラえもん初となるBDで発売され、当然購入。ということで、BD再生環境がいよいよ欲しくなってきました。買ったはいいけど、BD再生機器は1つも持っていなかったのです。

ということで年末にBDドライブを買ってきて増設。「積みプラ」や「積み本」ならぬ「積みBD」が視聴できるようになりました。が、喜んだのもつかの間。うちの構成だと激重で、再生こそ可能なものの、他の作業がまったくできない状況。仕方ないのでもう少しお金を手をかけることにしました。

前回自作したのが2007年で、それ以降まったくCPUの話題とか取り入れていなくてちんぷんかんぷん。PC関連のニュースサイトをちらちら眺めて、スペックシートと通販サイトでの価格と、何となくの気分でポチポチ。「パーツ買い換えなきゃダメだな」と思ってから誇張抜きで、30分ほどで構成決めて注文。

パーツ選定を面倒くさがっている時点で「自作に絶対向いていないタイプ」なのは重々承知してますが、組むだけは組みたい困ったやつなのでごめんなさい。結局こんな構成になりました。白背景が元々の構成。矢印後が新しい状態。「〃」の箇所は変更されていません。リンクは全てメーカーサイトです。
プロセッサ AMD AthlonX2 BE-2350
⇒ AMD A8-3870K
マザーボード MSI K9AGM3-FIH
⇒ GIGABYTE GA-A75M-UD2H
メモリ DDR2-800 2GB x 2
⇒ DDR3-1600 4GB x 2
CPUファン Scythe 刀2 SCKTN-2000
⇒ リテールファン
FD/メモリカード Owltech FA404M
⇒ 〃
DVDドライブ ASUS DRW-2014L1T
⇒ 〃
BDドライブ なし
⇒ LG WH12LS38
OS Windows 7 Professional 32bit
⇒ 〃
ケース Antec Sonata Designer
⇒ 〃

BDドライブ増設だけで簡単に済ませるつもりが、ほぼ総入れ替え。CPU(APU)、M/B、メモリにBDドライブ、合わせて30,000円くらいなので、まあ良しとします。メモリが思いっきり無駄になってるので、Windowsはそのうち64bitで再インストールする予定。元のHDDにそのまま繋いで起動させたら、すんなりネットワーク経由で再認証されてしまったので、若干面倒になっているところだったりします。

予定から大幅に変わってしまいましたが、現状満足なのでそれで良し。今年はBDがちゃんと見られます。余っちゃったパーツに、ケースとHDDを買ってくればそのままで1台出来上がりそうだけど、それは追々、気が向いたら。A8-3870Kも、記事を読んでいると色々と楽しそうなので、追々。予定は未定。
JDN(ジャパンデザインネット)が提供しているフリーメールが本日2011年8月1日15時をもってサービスを終了しました。
JDNのフリーメールサービス
JDN運営フリーメールおよびコンペイ党サービス終了のお知らせ
※2012年追記:サイトが消失していたので、お知らせページへのリンクを追加しました。
※2013年8月追記:リンク先のページからサービス終了に関する記述が消失していることに気づいたのでリンクに打ち消し線を被せました。過去のお知らせの履歴を参照することもできないようです。INTERNET ARCHIVE等でも当時の記述については見つけられませんでした。

そんなに知名度の高いサービスでは無いのかもしれないですが、割と老舗なサービス。その当時、大学に上がって間もないくらいの私の頭の中では「Yah●o!とかh●tmailとか、inf●seekみたいな皆が使ってるのと同じメアドは嫌だ!なんか面白いドメインのがいい!でも、有料のはやだ!」とかいう、とても勝手な思惑があった覚えがあります。そんな中、広告メールを週に1回受信するという条件だけで無料でPOP/SMTPなメールアドレスが取得できるJDNのサービスは魅力に映ったのでしょう。10MBのメールボックス容量も、当時のメールサービスの背景からすると十分に多いものでした。そういえば「POP before SMTP」という方式を初めて知ったのもこのサービスでした。

同サービスは@free.japandesign.ne.jpで始まり、@1dk.jp、@1kg.jp、@1mg.jp、@1km.jp、@1kw.jpと、第2弾からは短く覚えやすいドメインで順に提供されました。私がアドレスを取得したのは2003年頃で、@1dk.jp。今もINTERNET ARCHIVEで、当時のサイトの風貌を見ることができます。また、サービス提供のお知らせ『無料メールサービス「1dk.jp」を開始!』もJDNのサイト上に残っています。当時どうやってサービスを知ったのかいまいち覚えていないですが、サイトには見覚えがあります。コンセプトは『simple life,simple style,simple e-mail!』。

そんなサービスの突然の終了。終了の理由についてはメールで言及されていましたので、以下に原文のまま引用させて頂きます。利用者には一律送信されているものと思いますが、利用頻度が低かったなどの理由で受信しないままサービス終了日を迎え、なぜJDNのメールが使えなくなったのか訳が分からないままの方もいらっしゃるかもしれません。

本サービスはインターネット創成期から無料のメールサービスとしてご利用いただいておりました。しかし現在は多様なインターネットサービスが普及していることから、JDNフリーメールサービスの役割を果たし終えたとの判断に至りサービスを終了することといたしました。

ご利用中のお客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。

たしかに、気がつけば私のメインのフリーメールはGmailへと移っていましたが、GmailにはPOP/SMTPなメールアカウントを取り込んで送受信できる機能があるので、サブアドレスとして使い続けていました。通信販売やメールマガジンの類は最近登録したサービスを含めて大半が@1dk.jp。割と以前からPCメールでやりとりしていた方とも、以前のアドレスをそのまま使っていました。

フリーメールなんてサービスは基本的に無保証なもので、いつサービス停止してもおかしくない。当然、規約でも謳われています。そう頭では分かっていたと思いますが、重宝しているメールアドレスが本当に使えなくなるという状況は経験したことがなく、よもや想像していませんでした。サービス停止をメールマガジンの通知で知ったのが10日ほど前、7月20日の話。実のところ、結構な数のサイトへの登録に使われており、一仕事になりました。追いきれずに登録変更するのが漏れてしまっているサイトもあるような気もします。

突然のサービス停止には驚きと残念な気持ちが隠せませんが、不思議と怒りのような感情は沸いてきませんでした。上に引用したお知らせの文章を読んだときには、納得した気持ちにさえなったものです。ブログに書くほどでもないかなとも思っていましたが、最近閲覧した「動画漬けの日々」様のJDNのフリーメールサービスが終了というエントリーにとても共感を覚え、ついこのような長文になってしまいました。私のそう長くないネット歴の中では早い時期に出会い、一番付き合いの長いメールアドレス。本当にお世話になりました。
2011.07.29  PC・デジモノ Macコンピュータ
今までAppleの製品を何ひとつ手にしてこなかった私ですが、この度MacBook Airを入手しました。時期が時期なので紛らわしいですが、先日発売された新型ではなく、1世代前のモデル「MC506J/A」を知人から購入。11.6''モニタ、128GB SSD、4GBメモリ、1.4GHzのCore2Duo、USキーボードな構成。
MacBookAir

というわけで。新しいものが手に入ったらとりあえず何かやりたいので、Ubuntuを入れることにしました。MacBook Airは、MacOSはもちろんですが、UbuntuやWindowsを入れたい人にもなかなかに魅力的なハードですし、やった事例は数多ネットに挙げられていますが、やったことメモ。自分用なので色々と適当です。

【1】Ubuntu用のパーティッションを準備
普通にMacOSを立ち上げ、ディスクユーティリティ(アプリケーション⇒ユーティリティ⇒ディスクユーティリティ)を起動。後先考えずに適当なサイズにパーティッションを切って、適当なファイルシステムでフォーマット。GUIで楽々。

【2】rEFItをインストール
The rEFIt ProjectからrEFItをダウンロード、インストールします。よく分からないままrEFIt 0.14の「Mac disk image」と書いてあるのを使いました。特に問題なし。

【3】Ubuntuのメディアを準備
UbuntuのisoイメージをDownload Ubuntuから入手し、CD-Rに焼くか起動用USBメモリを作成します。今の最新版はUbuntu 11.04ですが、なんだか面倒だったので以前作った10.10のCD-Rを使用することに。後でアップデートできますし。

※起動用USBメモリの作成方法は、手順2で「USB stick」にチェックを付けて「Show me how」を押せば詳しい説明がでます。

【4】Ubuntuのインストール
外付けのCD/DVDドライブにCD-Rを入れ、MBAを再起動させるとrEFItの画面に。中央にあるペンギンとCDのアイコンを選択します。どうでもいいけど、あのペンギン(タックスって名前らしい)あんまり可愛くないと思う。Ubuntuの最初の画面が出てきたらインストールメニューを選択。このとき、eを押してオプション指定可能なモードにし、nomodesetを指定してやるとか何とか。

で、こんな感じになりました。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
Ubuntu10.10

これはインストール後に撮ったものですが、終始こんな状態。白黒だし上へ下へ画面が流れてわけが分からない状態でしたが、地域設定、言語設定、キーボード設定を適当に済ませてインストール完了。一度シャットダウンして、CD-Rからではなく、インストールされたUbuntuを起動させます。

【5】ネットワーク接続とドライバの入手
無事(?)起動したものの、画面ザーザーは変わらないのでグラフィックドライバを入手したい。が、MBAにUbuntuを入れた初期状態では、これまたドライバ関係のせいで無線LANが使えません。さらに、MBAには有線LANポートがありません。どうやらUSBポートからLANに接続できるUSB LANアダプタを使うのが鉄板らしい。が、そんな素敵グッズは持ってない。

そんな諦めムードの中で、ふとよぎったのが以前購入したAterm WM3500R。これ、WiMAXルータですが、無線で飛ばすだけでなく、USBケーブルで繋いでの通信が可能です。というわけで実験がてら、電源入れてからUSBケーブルでWM3500Rを接続。
DSC_0467.jpg

お試し気分でやってみたら拍子抜けするぐらい楽に繋がってくれました。持っててよかったWiMAX。後はこっちのもの。「add drivers」からBroadcomの何か(無線LANドライバ)とNVIDIAの何か(グラフィックドライバ)をネット経由で入手。「何か」ってのは、画面ザーザーでちゃんと読み取れないから…手探りで。再起動の後、無線LANはもちろん、画面も正常に表示されるようになりました。


以上、グダグダでしたが、MacOSとUbuntuのデュアルブート環境が構築できました。Ubuntuも後にちゃんと11.04に上げられたし、問題なし、結果オーライ。どうせ大したデータは扱わないので、MacOSに慣れてきたところで設定を見直して、また環境構築してみようと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。