--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.11.05  自己紹介・バトン
gummigummi-ballさんから映画バトンをいただきました。いつもありがとうございますー。映画には非常に疎いですが、答えさせていただきます。

1:人生で初めて観た映画
たぶん『のび太の日本誕生』かと。毎年恒例の入場者プレゼントはこの回から始まったんですよね。・・・どこにいったんだろう、アレ。

2:好きな映画監督
好きとか言えるほど映画見てないのでー。

3:好き(オススメ)な映画
甲乙つけ難いし、評価しづらいので大長編ドラはあえてパス。たまには別の話を。
名探偵コナン 天国へのカウントダウン
コナンの映画№1はこれですねー。予告編との相違があるとのことで往年のファンからは評判悪かったりもするようですが。評価点は、事件への推理が途中で転回すること、蘭や少年探偵団全員に無駄なく自然に見せ場を持たせていること。個人的にこの作品がその後のコナン映画の方向性を決定付けたと思っています。大掛かりなアクション主体になったのはこの回が大きな転機な気がするし。あと、作品毎にエンブレムみたいなデザインがついたのもこの回からですね。

他に挙げるなら『逮捕しちゃうぞtheMOVIE』と『火垂るの墓』あたり。前者、シリアスに徹したストーリーで"逮捕"の世界の広さを垣間見た気が。アニメは(特にSpecialは)ギャグの面が強いので。後者、印象が強すぎ。絵コンテ集をパラパラ見るだけで目頭が熱くなってしまう。

4:今まで観て駄目だった映画
WXIII 機動警察パトレイバー3
パトレイバー好きなんですよ。特に原作の"廃棄物13号"は大好きなんですよ。だけどコレはダメです。というか、この部分だけ抜き出して1つの作品にするという行為自体に無理があると思います。やはり、黒いレイバーが話の主体にありながら、このような一作品として扱えそうなエピソードを見事に主題に絡めていたところが見どころだったと感じているので。刑事を主人公に据えて、特車2課の存在を控えめにしている点は別に気にしてません。作品の捉え方を変えて別視点で臨むのは面白い試みですし、しっかり成立されていた点は評価したいです。

ダメというかトラウマになったのはスティーヴン・ソマーズ監督の『ハムナプトラ』。それまで全然平気だったのに極度の虫嫌いになってしまいました。もう本当にダメです。喜々としてセミとかバッタとか捕まえていた幼少期がもはや信じられない。

5:これから観たい映画
のび太の恐竜2006』ですかね・・・。というか他に気にしているタイトルなし。

6:次に廻す5人
しゅーまっはさん、seika_shirokumaさん、よろしければお願いしますー。
Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/94-1f3be40d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。