--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.31  漫画・アニメ
記憶力が危うい。アニメ「ドラえもん」が3週間お休みなことをすっかり失念しておりました(4/1 01:20追記#SP企画実施中のドラえもんチャンネルへGO!)。仕方ないので今日発売のぴかコミ版ドラえもん12巻を読んでたり。なんで地元の本屋では まったく取り扱ってないかなぁ・・・。ま、それはいいとして。小学館online:コミックを見る限り4月度は藤子F作品の配本なしの様なので残念。

ぴかコミ、書店ではほとんどF作品しか見ておらず、ろくに調べもしてなかったもので。上記公式サイトを改めて見て「こんな作品出てたんだ」と思った次第。1年も前に「カゲマン」が出てたなんて。それはともかく、いつも思うけれど、本来のお客様にはどれくらい売れてるのか。「シナモン」や「ムシキング」といった新しい作品も含まれてるということは そこそこ手にとられてるのかもしれないけれど、取り扱い書店の減少も多少は感じることがあったり。実のところは全然分からない。

話題転換。小学館つながり(こじつけ)で「名探偵コナン」。「探偵たちの鎮魂歌」のシークレットナイト開催と知って気にはなったものの、カード支払いのみらしいので(一般席の説明が簡素で分からない)早々と諦めモード。しかし・・・21:30開演、5:55終演で2000円ってものすごく安く無いですか? 1日限りのお祭りとはいえ、これはすごい。倍率もすごいのでしょうけど。あぁ・・・こんな数字を見てしまうとクレしんNIGHTに行く気が・・・。

まぁ、シークレットナイトや前売券の前に「探偵たちの鎮魂歌」を見に行くかどうかが正直言って微妙なライン。ぶっちゃけた話、予告編を見ての期待度が歴代ワースト1位か2位です・・・。劇場版コナンはアクション5割、恋愛3割、推理2割と信じて疑わない私にとっては期待薄なもので。公開後の評判次第で簡単に変わりますけども。
Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/87-6a1cfdb6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。