--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.30  漫画・アニメ
IKKI COMICSの『金魚屋古書店』。新刊を楽しみにしている作品のひとつです。マンガが本当に好きな人々が織り成す人間ドラマ・・・とでもいいますか。本日第3巻が発売されたので さっそく購入。

金魚屋古書店出納帳』から読み比べると、登場する実在作品の内面について触れるのは徐々に控えめになってきた気がする。登場人物の存在感が大きくなってきたこともあって、実在するマンガは前以上にあくまでもアクセントに徹してきた感じか。もちろん作中に出てきたことで興味を引かれるのは変わらないが。

登場してきた作品の中では馴染み(?)でいうと楳図かずお作品も外しがたいのだが、世代的には『セーラームーン』か。原作の雰囲気の方が好みではあるけど、アニメも全年齢向けにうまく昇華させられてたと思うし、一時代を築いただけのことはある。けっこう好きだったR序盤のエイル&アン編がアニメオリジナルだと知ったときは驚いたが、それだけの完成度を誇ってたのだと思う。原作ではデッドムーン編が好きですが。

ふと提示されただけで思い返されることが山のようにあるが、別にセラムン話がしたかったわけでは無いのでこの辺で止めておいて。創作物のもつ影響力とでもいうのかな、改めて感じた次第です。

━━━今日の買い物━━━
・IKKI COMICS『金魚屋古書店』第3巻、芳崎せいむ(小学館)
・BIG COMICS『PLUTO(通常版)』第3巻、浦沢直樹(小学館)
Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/86-75231fb4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。