--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.12.29  PC・デジモノ
何かあったときにChromebookを復元できるようにリカバリメディアを作成しました。なお、今回は実際に使用しているChromebook、acer C720でUSBのリカバリメディアを作成しましたが、ChromeブラウザがインストールされているWindowsやMacでも作成は可能です。


まずはChromeウェブストアにアクセスし、Chromebook リカバリ ユーティリティをインストールします。このアプリはGマークが付いている通り、Google自身が公開しているものです。


インストールが完了するとアプリの一覧に「リカバリ」が追加されますので、クリックして起動します。


Chrome リカバリ ユーティリテイが起動します。USBフラッシュメディアかSDカードを用意して「次へ」ボタンをクリックします。


Chromebookの識別画面が表示され、モデル番号の入力を求められます。Chromebookで起動している場合は、「このChromebookのモデル番号を確認」をクリックすると自動的に入力欄にモデル番号が入力されます。


正しくモデル番号を入力すると緑色のチェックが付きますので、「次へ」をクリックします。


USBフラッシュメディアかSDカードを挿入するように促されますので、USBポートかSDカードスロットに挿し込みます。認識されているメディアを画面から選択して「次へ」をクリックします。


リカバリイメージの作成画面が表示されます。メディア上にデータが残っている場合は消えてしまいますので、確認のうえ「次へ」をクリックします。


リカバリイメージの作成が始まるので完了するまで待ちます。


3分から5分くらいでリカバリメディアの作成が完了します。「Chrome OS が存在しないか破損しています」といったメッセージが出てしまったときに使えますので、メディアは取り外して保管しておきましょう。


‥‥と、ここまで手順を書いておいて何ですが、Chromebookヘルプの「Chromebook を復元する」を見てみると、リカバリメディアとChromebook側のChrome OSバージョンが合っていないと復元ができないようです。当然といえば当然ですが。Chrome OSは6週間に1回メジャーアップデートが提供されるため、リカバリメディアを事前に作っておいても結局使えないような気がします。前述の通り、WindowsやMacでもリカバリメディアは作成できるということですので、復元が必要になったときに別の端末(持っている前提ですけれど)で都度作成すればよさそうですね。


なお、一度作成したリカバリメディアは、同じくChromeリカバリユーティリティを使用して消去、通常用途のUSBフラッシュメモリ・SDカードに戻すことが可能です。Chromeリカバリユーティリティの右上の歯車アイコンから「リカバリメディアのデータを消去」を選択してください。


おまけ。
モデル番号入力の画面で前後しながら色々やってるとこんな画面になりました‥‥。


参考:
Chromebook 復元ユーティリティを使用する - Chromebook ヘルプ
Chromebook を復元する - Chromebook ヘルプ
Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/463-db0ab832
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。