--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.12.28  PC・デジモノ
一般向けに販売されてからある程度経ったので新しい話ではありませんが、Chrome OSのチャンネル変更について。Chromebookをせっかく購入したので、新しい機能や修正の恩恵を早く受けるためにチャンネル変更をしました。

Chromebookから切り替えられるチャンネルは3種類あります。
Stable チャンネル:いわゆる安定版とか正式版。2〜3週間に1回のマイナーアップデート、6週間に1回のメジャーアップデートが提供されます。特に理由が無ければ標準設定のこれを使っていればOK。
Beta チャンネル:新規リリース予定の機能が早くリリースされるβ版的な位置づけ。ほぼ毎週のマイナーアップデート、6週間に1回のメジャーアップデートが提供されます。おおよそStableチャンネルより1バージョン早いイメージで良いかと。
Dev チャンネル:最新機能が提供される開発者向け。1週間に1〜2回のアップデートが提供されます。新機能がいち早く提供される反面、StableやBetaに比べると不安定な可能性も。
Google ChromeでいうところのCanaryはここでは提供されていない模様。

チャンネルの変更は設定から簡単に行えます。

1. 画面右下のエリアから「設定」を選択します。
set1.png


2. 設定メニューの一番上にある「Chrome OS について」リンクをクリックします。
set2.png


3. Chrome OSの概要画面が開くので、「詳細情報...」リンクをクリックします。なお、下の画面は既にBeta チャンネルが適用されている状態のため、プラットフォームに「beta-channel」と表示されています。
set3.png


4. チャンネル欄に現在のチャンネルが表示されています。通常はStableかと思います。「チャンネルを変更...」をクリックします。
set4.png


5. Stable、Beta、Devの選択肢が表示されるので、変更したいバージョンを選択し、「チャンネルを変更」ボタンをクリックします。
set5.png


以上でダウンロードが始まり、チャンネルの切り替えが完了します。切り替えはとても簡単ですが、ひとつ重要な注意点が。StableチャンネルからBetaチャンネル、BetaチャンネルからDevチャンネルのように新しいバージョンへの切り替えは特に問題なく行えますが、DevチャンネルからStableチャンネル、BetaチャンネルからStableチャンネルのように安定したバージョンへ切り替える際には「Powerwash」が自動的に行われます

「Powerwash」は要するに「初期化」です。Chromeの設定等はGoogleアカウントに紐づいているので元の状態に簡単に戻せると思いますが、それ以外の情報、すなわちChromebookにダウンロードしたファイルやWi-Fiの接続設定などが全て無くなってしまいます。操作自体は簡単ですが、切り替えは慎重に。

ブラウザとしてのGoogle Chromeに限定しての話だと、AndroidだとGoogle ChromeとChrome Betaの共存が簡単にできるし、WindowsでもCanaryはStable版とは標準で別にインストールされる仕組みになっているため複数バージョンの管理が楽に行えるのですが、Chromebook/Chrome OSではできないようです。

参考:
Stable、Beta、Dev チャンネル - Chromebook ヘルプ
Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/461-c09f64c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。