--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機種変更時など、2台のAndroid端末間でデータを移動したいことってあると思います。写真などのデータは大抵の場合microSDカードに取られていると思うので問題ないですが、アプリの再インストールが面倒だったり、アプリ内のデータや設定の移行はどうするのかという質問をたまに受けます。

root権限があればTitanium Backupなどの有名アプリでできますが、そうでない場合のやり方のひとつに、adb(Android Debug Bridge)コマンドでbackup,restoreをする方法があります。これは2台のAndroid端末が両方ともAndroid 4.0以上である必要があります。新しい情報では無いですが、Windowsの場合のやり方を簡単に書いておきます。

1.Android SDKのダウンロード
Googleが提供しているAndroid DevelopersのサイトにAndroid SDKダウンロードページにアクセスし、「Download the SDK ADT Bundle for WIndows」と書かれたボタン(2013/11現在)があるので、そちらからダウンロードします。ここでは自分の環境にあわせて64bit版をダウンロードしました。

2.Android SDKの導入
ダウンロードしたZIPファイルを解凍します。解凍すると「eclipse」「sdk」という2つのフォルダとSDK Manager.exeというファイルが入ったフォルダができあがるはずです。このフォルダを任意の場所に移動します。フォルダ名が長いので、フォルダ名を「android」に変更し、Cドライブの直下に置いたものとします。

3.adbコマンドにパスを通す
C:\android\sdk\platform-toolsを見ると、adb.exeというファイルが見つかります。これがadbコマンドで実行されるファイルです。どこからでも実行できるように、WindowsのPATHの設定に「C:\android\sdk\platform-tools」を追加します。コマンドプロンプトを開いて「adb」と入力して何やら文字列がたくさん出てくれば正しく設定ができています。うまくできていない場合は「'adb' は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。」等とエラーが表示されますので、設定を見直してください。

4.adb backupの実行
バックアップを取得したいAdnroid端末をPCと繋ぎます。なお、事前に使いたい端末のadbドライバをPCにインストールしておくことと、端末側の開発者向けオプションでUSBデバッグを有効にしておく必要があります。

adbコマンドをオプション無しで実行すると表示されるとおり、adb backupの使い方は以下の通り。
adb backup [-f ] [-apk|-noapk] [-obb|-noobb] [-shared|-noshared] [-all] [-system|-nosystem] [<packages...>]
- write an archive of the device's data to <file>.

オプションについては、大まかに以下の通り。
-f
バックアップファイル名の指定。指定無しなら「backup.ab」になる。
-apk|-noapk
バックアップにapkファイルを含める。指定なしならnoapk。
-obb|-noobb
アプリケーションに関連付いた.obbのバックアップを含める。指定なしならnoobb。
-shared|-noshared
バックアップにSDカード内のコンテンツを含める。指定なしならnoshared。
-all
全てのアプリケーションを対象にする。この場合、apkは含まれない。
-system|-nosystem
バックアップにシステムアプリケーションを含めるか。指定なしならnosystem。
なお、パッケージ名を指定すれば、任意のアプリだけをバックアップできます。

バックアップ結果を異なる端末に移動する場合は-nosystemの方がよい気がします。

5.adb resoreの実行
バックアップを取得したいAdnroid端末をPCと繋ぎます。当然ながら、使いたい端末のadbドライバをPCにインストールしておくことと、端末側の開発者向けオプションでUSBデバッグを有効にしておく必要があります。

リストアは特に細かい点もなく、以下の通り。
adb restore <file>
- restore device contents from the backup archive


お手軽とまでは言えないですが、ある程度パソコンが使えれば特に難しいところは無いと思います。ゲームの記録やアプリの設定などもきちんと引き継げるので便利です。
Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/445-ffe618d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。