--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
箱根エリアを中心に小田急電鉄株式会社、小田急箱根グループが主催したイベント「ドラえもん100展」。等身大のドラえもんフィギュアが全100個も展示されました。開催期間は3月9日から3月31日と短く、既に終わってしまいましたが、せっかく出かけてきたので記事に残しておきます。

No.001 オールマイティパス
これがあれば電車の乗り降りだって自由。いってきます!(実際は新宿は最後に行きました)
001.jpg

No.002 アンキパン
アンキパンというと九九のイメージが強いですね。
002.jpg

No.003 元祖ドラえもん
まだ耳のある黄色いドラえもん。詳細は把握していませんが、おそらく香港での展示の際には無かったと思います。
003.jpg

No.004 オモイデコロン
この等身大フィギュアにも効果はあるのでしょうか。
004.jpg

No.005 ムード盛り上げ楽団
このドラえもんの座り方、足がどうなってるのか気になります。
005.jpg

No.006 光ごけ
「竜の騎士」が印象深いですね。ビンの中身は見えず。
006.jpg

No.007 取り寄せバッグ
チェーンまで細かく作られてます。
007.jpg

No.008 名刀電光丸
刀を手にしてるのにまったく闘争心が感じられない良い表情です。
008.jpg

No.009 温泉掘り当てペアスコップ
展示されていたのは箱根湯本駅。温泉どころな点に合わせたのでしょうか。
009.jpg

No.010 上げ下げくり
画面表示はありませんでした。
010.jpg


おまけ
No.002 アンキパンの裏側は茶色一色でした。何枚切りか分かりませんが、端っこなんでしょうか。
002_.png


続きは「「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その2)」にて。
Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/428-ac3e4757
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。