--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月とアナウンスされていたXPERIA P LT22iのAndroid 4.0アップデート。中欧では既に開始されたようで、ドイツやロシアも8月20日のアップデート予定とされています。

アップデート後はAndroid 4.0.4、ビルド番号6.1.B.0.544。xdaにftfファイルがさっそくアップされていたので手元のXPERIA Pに適用してみました。
Android 4.0.4 for XPERIA P online (working ftf) - xda-developers

以前使用したFlash ToolのVer.0.8.0.0がWindowsPCに入っていたのでそのまま使用しました。なお、適用前はAndroid 2.3.7でしたが、公式のROMイメージでは無く「KA02 Xperia SSpeed」というカスタムROMを使用していました。「Wipe data」のチェックを外してFlashしましたが特に問題はありませんでした。


ICSイメージの導入は以上ですが、例によってCJKフォントで気になるのでroot取得。
[OBTAIN ROOT] HOW-TO Guide for Xperia P ICS - xda-developers

ワンクリックrootみたいな手はなさそうなので、上記を参考にしました。ブートローダアンロック前提です。CWMリカバリを含むkernelをfastboot flash bootしてやり、suバイナリやSuperUser.apk入りのzipをCWMからinstall zip。これで/systemの下に必要なファイルを送り込めます。ただし、ここまでで手順を止めると正常に起動しなくなるので標準のkernel.sinに戻します。

kernel.sinは、最初に用意したICSのftfファイルを7-Zip等で解凍することで取得できます。あとはFlash Toolを使用してkernel.sinしか入っていないftfファイルを生成すれば良し。Flash Toolを起動し、Advanced→Decrypt Filesと進み、Files to convert:の箇所にkernel.sinを設定。OKを押し、必要な項目を入れていけばFlash Toolフォルダ内のfirmwaresの下にftfファイルが生成されます。出来上がったftfをFlash Toolで焼けばrootedな状態で起動するようになります。


ということでroot権限を奪取できたのでフォントも無事入れ替えることができました。ICSなXperiaはXperia rayで過去に触っていて、動きのスムーズさは違えど基本的な中身はあまり変わった感じがしないのでこれといった楽しみが無いですが、まあ使っていこうと思います。
lt22i_ics_2.png lt22i_ics_1.png

関連:XPERIA P LT22iのroot取得 (※2.3.7です)
Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/412-15cc6bfe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。