--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NTTドコモの公式アカウントのツイートで知りました、HT-03Aの発売から3年という月日が流れたようです。

私は発売日購入組では無いのでAndroidに初めて触れてから3年というわけではありません。それでも、HT-03Aに積まれたAndroid 1.5から最近までの進歩していく様をユーザ視点で見てくることができて良かったと思っています。HT-03Aは軽快で使いやすい端末では決してありませんでしたが、そこがある意味では良かったのかもしれません。

HT-03Aが国内初のAndroid端末として「ケータイするGoogle」という首を傾げたくなるようなキャッチフレーズで登場してから、次の端末ってなかなか国内では出てきませんでした。NTTドコモがSonyEricsson製のXperia SO-01Bを発売したのは2010年4月1日、次いでソフトバンクモバイルからHTC製のX06HT (HTC Desire)が2010年4月27日、最後に間が空いてauからSHARP製のIS01が2010年6月30日。これだけ早い時期にHT-03Aを投入する判断を下した点については、ドコモに感謝です。

※下の写真は1年ほど前に参加したオフ会時のものです。
20110709_0.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/407-05984ffa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。