--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月10日から東京都現代美術館で催される「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」。その事前招待会が7月6日から開催されており、運よく最終日の本日7月8日に入館する機会に恵まれました。
DSC_0119.jpg

撮影は禁じられていたので中の写真はありません。まだ一般開館前ですので細かくは書きませんが、実際に撮影に使われた乗り物のミニチュアや設計画、特撮ヒーローの武器やマスク、建造物のミニチュアなど、数え切れないほどの展示の数々に圧倒されました。それらの作品をご存知の方であれば大興奮は間違いないと思いますし、知らない方でもその姿形や精巧さに胸躍るものがあることでしょう。

展示室の入り口では音声ガイドを有料で貸し出ししています。壁の展示にも多少の説明や庵野秀明さんによるコメントが所々貼られてはいますが、そこには書かれていないガイドをとても丁寧にしてくれるので、できることなら借りることをオススメします。声の出演は清川元夢さんで、一部で別の方のコメントが流れる箇所もあり、聞き応えがありました。なお、音声ガイドは1人500円、2人で1台なら800円でした。今回は招待客しかいないため大きな混雑はありませんでしたが、1台にヘッドフォンを2つ挿して2人で使うのは混雑具合によっては移動に支障がでるかもしれないです。

それから、本企画の目玉とも言える特撮短編映画「巨神兵東京に現る」の上映。作品を楽しんだ後のメイキング映像には思わず驚かされる点もたくさんありました。試行錯誤を重ねる様には思わず感心せざるを得ません。CGを使用しないことを念頭に作られた特撮短編映画、ぜひ展示会場で見て欲しいと思います。

展示の最後には先ほどの「巨神兵東京に現る」で使用されたジオラマを撮影できるスペースがあります。ここだけ撮影可能です。これも実際に行っての楽しみだと思うので、ここで載せるのは2枚程度にしておきます。最後に載せておきます。撮影コーナーで展示が終わり、物販コーナーを最後に「特撮博物館」は終わりとなります。見返したい展示も多々ありましたので、図録は購入しました。


本日は前述の通り事前招待会ということもあり入場数が抑えられていましたので、人ごみで進まない等ということは撮影コーナーを除いてありませんでした。私は音声ガイドを一通り聞いて、展示のコメントも一通り読んで、特に急いだりゆっくりしたつもりもありませんが、撮影コーナーに辿り着くまでに要した時間は3時間少々でした。混雑で思うように進まないこともあるかと思いますし、ここまでの企画展ともなると是非ともじっくりと見て回りたいところ。お時間に余裕をもって入場されることを強く勧めます。

館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」は東京都現代美術館で7月10日(火)から10月8日(月)までの開催。特撮ファンはもちろんのこと、そうでなくても、展示を見て映像を見て写真を撮って楽しめる素敵な企画展です。

DSC_0103.jpg

DSC_0099.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/405-f9f8705f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。