--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
auショップでMOTOROLA PHOTON ISW11Mのau ICカードを発行してもらいました。

ISW11Mはauから販売されている端末なのでCDMA2000での通信に対応しているのは言うまでもありませんが、それだけでなく、ハードウェア的には国際版のPHOTONと同じくW-CDMA/GSMにも対応しています。ロックはかかっているものの、ロッククリアすることでdocomoやSoftbankのSIMでの通信が可能になります。ロッククリアの方法は検索すればいくらでも見つかると思いますのでここでは触れません。

いざdocomoのSIMで通信するとなると、auの電話番号や通信回線がISW11Mと紐付いている意味も必要も特になくなってしまいます。そのまま放置しておいても別に害は無いと思いますが、docomoのSIMを抜いたときや設定変更や初期化したときなどに何かの拍子でau回線に繋がったりでもすると面倒なので番号を抜くことにしました。

ISW11MやISW11HT(htc EVO WiMAX)等は俗にROM機と呼ばれる類の機種で、電話番号等の情報が端末そのものに書き込まれています。なのでau ICカード(R-UIMカード)は必要なく、契約時にも付いてきません。ということで、auショップに端末を持ち込んでau ICカードを発行してもらう必要があります。「SIM出し」などとも呼ぶようです。

実際の手続きは特にややこしいこともなく、ISW11Mと別の端末(白ロム)をauショップに持ち込み、「ISW11Mの電話番号をこっちのケータイで使いたい」旨を申し出るだけ。結局のところは「持ち込み機種変更」とほぼ同じ手続き。通常は白ロムのレベル2ロッククリアやau ICカードの発行は料金がかかるサービスのようですが、ROM機と白ロム持ち込みによる「SIM出し」の場合は特に費用はかからないようです。

ISW11M_sim

ということでSIM出しが無事完了し、ジェムアルト製のau ICカード ver.002を受け取ってきました。また、ISW11Mの端末情報画面で確認できる電話番号の欄から元の番号が消えていることが確認できました。持ち込んだ携帯電話の方はEメール無料の「プランEシンプル+EZWINコース」にするか、基本料980円で1時から21時のau宛て通話が無料になるプランZシンプルにでも。でも、なんだかんだでプランEシンプルにして寝かせることになりそうです。

チラ裏。時系列が前後しますが、今回auショップに持ち込むより前にSIMロック解除、rooted、bootloaderアンロック、CWMリカバリ導入、カスタムROM焼きまでやらかしていました。一応、CWMで取得していた初期イメージのバックアップを、持ち込み直前に書き戻したのでau仕様で立ち上がるようにはしてから行きました。ショップでは目の前で2回ほど再起動のほか、端末を繋いでPASCAL MODEの状態での作業だったり、完了後に設定画面を開いて電話番号が消えていることを目視確認して頂いたり。カスタムROMのまま持ち込んだとかいう話をネットで見かけましたが、どうなんでしょう…。
Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/397-104542a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。