--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日3月17日から、Google Playという新サービスが開始されました。これによりGoogle Music、Google eBookstore、日本でもお馴染みのAndroid Marketが統合されたことになります。
screenshot_2012-03-07_0755.png screenshot_2012-03-07_2056.png
この手のサービス切替であれば数日前には何らかの噂が流れたり、あるいは事前に公式な発表があってよさそうなところ、特に何も無かったかと思われます。いつものようにAndroid Marketを立ち上げるといきなり同意を求められ、Google Playに。見慣れたAndroid Marktetのアイコンはアプリ一覧から消え去り、「Playストア」という、いまいち判然としない名称のものが追加されていると思います。

名前が急に変わったことで、たっくさん刷ってあるであろうパンフレットや書籍なんかはどうなるんでしょうね。Android Marketの特定のアプリへのリンクについても、既存の「https://market.android.com/details?id=○○」から「https://play.google.com/store/apps/details?id=○○」に変わってしまいましたし。URLの転送はしてくれるようですが、あまりスマートでは無いですよね。

screenshot_2012-03-07_0839.png screenshot_2012-03-07_2104.png

ちなみに、Android Marketのアプリが「Google Playストア」にアップデートされるのはAndroid 2.2以上の端末のみだということで、今となってはそれほど多くは無いと思われるAndroid 2.1以前のバージョンを使用している場合はこれまで通りということになります。このちぐはぐした感じがなんともかんとも。
参考:Platform Versions - Android Developers(エントリー時点で2.1以下は7.8%ほど)

なお、Google Play Music(Google Music)アプリや電子書籍のGoogle Play Books(Google eBookstore)はこれまで同様に地域制限がかかっているようです。日本での利用者として見た分には名称が変わったくらいで、「統合された」という思いは皆無かもしれません。

Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/392-0a156f8b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。