--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一部でプチお祭り騒ぎになっていたので、遊んでいる回線をSC-04DにMNPしてきました。
gn.jpg

2月18日から一部機種で月々サポートが増額されました。それにより、SC-04D(GALAXY NEXUS)は月々サポート2310円に。加えてMNPのみ月々サポートを2100円増額するキャンペーンが3月末契約分まで(追記:5月末までに延長されました)実施されているので、毎月の使用料から4410円(税込)が24ヶ月間マイナスされることになります。

あとは初期費用ということになりますが、端末代については販売店が独自に実施していたMNPキャンペーンで21000円割引、郵便局のmovaからの機種変更および新規用の5000円引きクーポン、既存のドコモポイント使用で割と安価に購入できました。MNPに伴う解約金、転出手数料、初期事務手数料は仕方ないけれど、通信料金が下がることですぐ元が取れる額と思ったので動くことにしました。

音声プランだと「タイプシンプルバリュー+spモード+パケホフラット」でおおよそ毎月2000円強になるはず。通話を別回線で賄うのであれば、データ契約にしてしまうことで料金を抑えられます。GALAXY NEXUSの場合だとMNP利用で直接データプランでのポートインは出来ないかと思いますが、音声契約でMNPして後日データプランに変更すると、一例として以下のような料金計算になります。moperaUが不要であれば200円(税別)さらに安くなります。

定額データプランフラットバリュー8,800円
定額データ スタンダード割2▲3,600円
spモード300円
mopera Uスタンダードプラン500円
ISPセット割▲300円
月々サポート▲2,200円
月々サポート(MNP増額分)▲2,100円
ユニバーサルサービス料5円
合計(税別)1,405円

要するに、月額約1,500円でドコモ回線が使い放題になってしまいます。安価にパケット使い放題といえばMVNOで提供されているSIMが思い浮かぶと思います。代表的なところでは日本通信のb-mobileSIM U300が挙げられますが、こちらは通信速度300kbpsという制約付きで月平均2,500円ほど(6ヶ月パックの場合)です。もちろん、端末代金をはじめ初期費用がかかる点と2年契約になる点は無視できませんが、それを補って余るだけの魅力はあると思います。

18日から始まった月々サポート額の改定は「SC-04Dを含む一部機種については23日で終了する」という噂が流れ、実際にその通りになりました。結局、かなり限られた期間しか実施されなかったことになります。24日以降、SC-04Dは月々サポートが無くなった代わりにかなり安い機種になってしまいました。どちらが良いかは人それぞれだと思います。4,000円クラスまたはそれ以上の割引を受けられる機種は他にもあるので、運用費を抑える場合は別の機種を狙ったほうが良いです。

今回は完全に回線料金目当てで購入したので端末にはあまり興味が無いのが申し訳ないですが正直なところ。HT-03Aに始まり、Android端末を追いかけて2年以上過ごして来ましたが、Android 3.xや4.xは店頭で触ってみた限り使いやすい気がしないし、小さい端末が好きなのでGALAXY NEXUSを買う気は無かったくらい。NEXUSシリーズは開発者が最新OS環境での検証に使ったりするのが本来の姿だと思うので、渋谷の駅前に大々的に広告を貼りまくったり、テレビでCMしまくったり、はたまた早期に投売りしちゃう端末じゃ無いと思うのですけどね…。
Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/390-158f2c8d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。