--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
講談社の『なかよし』で1996年6月号から1997年8月号にかけて連載された、小坂理絵先生の『とんでもナイト』がJコミにて12月2日より配信開始されました。会員登録も必要なく、無料で閲覧することができます。

とんでもナイト - Jコミ
小坂理絵先生の 『とんでもナイト』(全3巻)を公開しました - (株)Jコミの中の人

以前投稿したエントリー「『なかよし表紙100展』に行ってきました」でも触れていますが、連載開始の1996年6月号はCLAMP先生の『カードキャプターさくら』が連載開始されたのと同じ号です。実はこの年の年末か年明け頃を最後に『なかよし』を買わなくなってしまい、最終回までを雑誌で読んだ訳では無いのですが、続きが気になって単行本を買ったのをよく覚えています。

数ある小坂理絵先生の作品の中でも『とんでもナイト』は特に勢いが感じられる作品で、ヒロインが時折口にする…いや、"吐く"暴言などもとても面白いものとなっています。単行本第1巻に書き下ろされたオマケ漫画『とんでもナイトへの道』では「ロボットものなんてムリだ!」という連載前の感想が述べられていますが、「ロボットと人間の共存」的なテーマもさらりと扱われている素敵な作品です。大くくりで「ロボットもの」とされてはいますが、「ヒューマノイドとのラブコメ」といった方が適当かもしれません。

そして、この作品も『セキホク・ジャーナル』と同様に後日談的な読みきり番外編があります。単行本第3巻に収録されている『28 YEARS AGO』で、こちらはなかよし増刊の『なつやすみランド』1997年8月号に掲載されたものです。後日談というよりは、タイトルの通り「28年前」のお話がメインですが、本編が完結してから読むと色々と感慨深いものがあります。小坂理絵先生ご本人のサイト「くまの遊歩道」のQ/Aにて、先生ご自身が「好きな話ベスト3」にこの番外編を挙げている点も、ファンとしては注目したいところです。

・関連エントリー
小坂理絵先生の「ヒロインをめざせ!」、Jコミで無料公開開始
小坂理絵先生の「セキホク・ジャーナル」、Jコミで無料公開開始

Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/378-c4ac7ff9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。