--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドコモから販売されているSO-01Cのアップデートが7月6日より開始されました。
Xperia(TM) arc SO-01Cのバージョンアップ情報(NTTドコモ)

これによりOSがAndroid 2.3.2からAndroid 2.3.3に上がりました。よってAPI Level 9からAPI Level 10に上がっていますが、ユーザ視点で見るとOSのアップデートによる変更箇所はそう多く無いかな、と思います。なお、アップデートに伴いドコモ独自のアプリケーションが数個インストールされるようです。

で、arcでは無くてxperia neo。5月末か6月初旬には既に2.3.3アップデートが開始されていましたが、数日前まで適用していませんでした。正確に言うと、2.3.3の公式ROMをFlashしてみたものの、root奪取の穴が塞がれ既知の手法でどうにもならなかったので2.3.2に戻して使っていました。ですが、何とかなると情報を得たので今回のアップデートを実施。

その方法は、『2.3.2に戻す⇒GingerBreak等でroot奪取⇒アップデート』...以上。

2.3.2に戻すのは、FlashToolで2.3.2の公式ROMを焼いてもいいですし、SEUSで初期化するのでも問題ありません。アップデートってところは、「設定→端末情報→ソフトウェア更新→今すぐ更新」でOK。まあ、2.3.2のまま放置していると、アップデートの通知が届いているかと思います。ある意味、一番簡単な手法でroot取ってアップデートしてあげれば済んだ形になります。PC使用でのアップデートでも可能かは把握していません。

要注意事項その1。framework-resやbuild.propを弄ってあるとたぶんアップデートできません。OTAを適用しようとしても失敗に終わります。なので、下手に2.3.2で環境構築せずに、さっさと上記手段で2.3.3まで進めちゃった方が確実かと思います。

要注意事項その2boot loaderをアンロックした状態でアップデートしないでください。失敗しますとかいうレベルでなく、文鎮になります。FlashToolとかでどうなのか知りませんが、復帰できませんでした報告をちらほら聞いているので要注意。

「boot loaderをアンロックする行為」はソニーエリクソンが手順を公開している認められた行為ですが、アンロック後の保証はありません。なのでくれぐれも自己責任で。root奪取ももちろん自己責任で。冒頭のドコモ版xperia arcについては、所有していないし周りにも所有者がいないので未検証です。同じ方法でいけるかもしれないし、ダメかもしれませんので、自己責任で。
233.png

Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/363-b2b29fc2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。