--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひとつ前のエントリ「KスタでINFOBAR A01を見てきた」で書いたように、Kスタで展示されている2011年夏のauスマートフォン先行展示を見てきました。目当てはINFOBARだったわけですが、意外と気になった端末があったので、気が変わってもう1本エントリに残しておきます。

先日auから発表のあったスライド型でテンキー搭載のAQUOS PHONE IS11SH、そしてソフトバンクモバイルから発表のあった回転2軸折りたたみ型で同じくテンキー搭載のAQUOS PHONE THE HYBRID 007SH。これまでもテンキー搭載android端末は少数ながらもあるにはありましたが、日本国内では初めて投入されたことになります。

で、今回は先行展示されていたIS11SHを短時間ながら触ってきました。

is11sh

普通のandroid端末と普通のケータイ電話、その両方を触った人なら想像が付くかと思います、まあそのまんま。触る前は本体の幅を不安視していましたが、思ったよりしっくり来て、普通に使えてしまいました。方向キーの下にすぐ数字があるなど、一部ボタンの配置が変わっていたりはしますが、そういうのは使っていれば慣れるもの。テンキーで使いたいというニーズは強くあるでしょうから、これはなかなか。

同じくシャープから発売されたHYBRID W-ZERO3もコンセプトは同じで、「スマートフォンに興味はあるけど、後一歩が踏み出せない」ユーザに訴えかけようとしていました。で、まあ言いたいことは分かるし、そうなるといいねくらいに思ってましたが、実際に旧型のW-ZERO3から乗り換えて使ってみて、ぶっちゃけ「これはないわwww」だったことを思えばとてもよく出来てるんじゃないかと思います。ハードやOSの問題もあるでしょうから、一まとめにはできないのですが。

話をIS11SHに戻すと、よく出来てはいるのですが、スライド端末であることが災いしているかなと思うところも。まず、かなりバランスが悪い。画面側のパーツが結構分厚く、もちろん重量もあるので頭でっかちになっていて、持ったときにバランスが悪い。両手で持つとしっくりきましたが、もう少しなんとか…。それと、方向キーが押し辛い。これもスライド端末ゆえにボタンが小さくなってしまっているのだと思います。特に方向キーの上と下が細く、改良の余地があると感じました。これらについては折りたたみの007SHではあまり感じないのかもしれません。

買いか?というと少し待った方が良いかな、というのが個人的な結論。多くの開発者さんがフルタッチ操作前提でアプリのUI設計をされているだろうことを考えると、今後も「テンキー+方向キーで使いやすいUIのアプリ」を求めるのは酷だと思いますが、プリインストールのアプリや端末の設定周りはもっと改良が期待できると思います。まだまだ出始めの端末なので、そこまで工夫が感じられませんでした。なんだかんだでいずれはdocomoからも同様の端末が出てくるでしょうし、他の国産メーカーだって黙って見てるだけじゃないはず。それに伴って中身にも期待が持てるようになってくると思います。
Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/358-ee5822bc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。