--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドリーム・トレイン・インターネット(以下DTI社)から、FOMAの3G網と公衆無線LANをセットにして月額2,980円という格安のサービスを提供開始すると発表がありました。サービスの名前はDTIハイブリッドモバイルプラン。(※プレスリリース

競合他社MVNOと比べても格安ですし、FOMA+公衆無線LANというのも頼もしい響き。ただ、冷静にサービス内容を見ると即決はできないなあという感じ。

良さそうなところ
・FOMA網で下り最大7.2Mbps。人口カバー率100%で全国安心。
・3G(FOMA)の転送量制限なし。
・公衆無線LANもサポート。全国4000箇所。下り最大54Mbps。
・通信料金は月2,980円。初期登録費用は無料。
・通信端末は無線ルータ型とUSB接続型から選択可能。

ちょっと考えちゃうところ
・通信端末のレンタルが必須。通信料金と別に月額630円。
・通信端末はレンタルなので、解約後は要返却。
・最低利用期間24ヶ月。それ以前の解約は所定の解約料が発生。
・3G(FOMA)の上りは最大384kbps。

と、こんなところでしょうか。24ヶ月で計15,120円もの出費をしながら手元に通信端末が残らないのは少し残念な気がします。今後ほかにも同様のサービスが出てくるだろう昨今の状況を考えると24ヶ月契約も少し重荷になりそうですし。携帯キャリアのようにMNPできる隙があればまた違うのですが、そうもいかないので。

個人的に一番懸念しているのは通信速度ですね。ユーザが増えていったときに回線品質が保証できるのか、という点。同じFOMAのデータ回線MVNO業者として日本通信やインターコミュニケーションズの前例があるので、ちょっと不安。MiFiの1年でも縛られている気持ちが重たいのに24ヶ月だとより一層ですもん…。つうわけで、「待ってました!」って人以外は、他社の動向含め少し様子見た方がいいかなと思ってます。
Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/351-fbffd4f7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。