--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一部の国内Android端末が対応している「おサイフケータイ」機能。これまではモバイルWAONやビックポイントなど、一部のサービスにしか対応していませんでしたが、本日提供されたアプリにより、ようやくEdy対応となりました。

ビットワレット社: 新着情報 | Edyがスマートフォンに対応しました
Android Edyアプリ

アプリはAndroidマーケットで「Edy」等を検索ワードに入手することができます。おサイフケータイ対応のAndroid端末を持っていないのでアプリの使い勝手の良し悪しは分かりませんが、一応、非対応機種でもインストールは可能でした。もちろん使えません(笑)。現在発売中の対応機種は、auのIS03、docomoのLYNX 3DことSH-03C、REGZA PhoneことT-01C、Softbank mobileのGALAPAGOS 003SHといったところでしょうか。シャープと東芝の今冬モデルですね。2月発売予定のauのIS04も対応しています。

コンビニ等の店頭のチャージ端末を利用してのチャージ、クレジットカードからのチャージや残高確認など、基本的な機能はもちろん搭載されています。また、使うかどうかは利用者次第ですが、HOME画面に残高が一目で分かるウィジェットを貼り付けたり、使用履歴をTwitterにツイートしたりすることも可能なようです。また、今春にもオートチャージ機能に対応予定とのことで、Edyを頻繁に利用する人には便利そうです。この他にも新サービス・機能の提供が予定されています。

Edyもそうですが、Suica等の交通系のサービスに対応していなかったことで、「おサイフケータイ対応」とはいっても何かが大きく不足している感じがこれまでありましたが、徐々にサービスが整ってきました。自分はおサイフケータイ利用者じゃないし、周りにもあまりいないので、「スマートフォンのおサイフケータイ対応」にどれほどの訴求力があるのか正直ピンと来てないです。少なくとも、今現在Android端末を入手して利用している人は、2台持ちとかでない限りはEdyやSuicaを使ってない(使えてない)わけで。ヘビーな おサイフケータイユーザーはまだ乗り換えられる時期では無いと思うので、IS03やSH-03C、T-01Cが好調だというのは、「おサイフ搭載機種だから」では無いんだろうな、という気がします。なんにせよ、国産Android端末は既存のケータイ機能ならびにケータイユーザの取り込みの方向で進んでいるようなので その狙いの効果が表れると良いのですが。
Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/342-1731e732
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。