--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
auが「禁断のアプリ」と呼称したSkypeがIS01でも使えるようになりました。

skype_au_one_market

使えるようにする前準備として、まずケータイアップデート(2010年8月24日更新分)を適用し、その後au one Marketを2.1.0以上に更新します。なお、ケータイアップデートは「設定→システム→ケータイアップデート」から、3G回線で行う必要があるので、白ロム等で回線契約無しでIS01を入手した人は出来ない…気がします。用意できたら「アプリ検索」から検索してやればダウンロード、インストールできます。

skype_au

起動するとこんな画面に。Skype IDでログインすれば難なく使えます。auのUSIMは挿して、設定でモバイルネットワーク接続を無効にした状態でしたが、Wi-Fiでの通話が出来ました。試していませんが、マーケットの説明文からすると、USIMが入っていないともしかしたら通話できないのかも。

IS01がAndroid1.6からアップデートされない旨が公式に発表されたことで「auふざけんな」「シャープふざけんな」なムードになってるのが少し残念。au one Marketでの評価(2010年11月28日21時現在)が170件で平均★2つだというのもちょっと悲しいです。コメントも「使い方が分からない、★1つ」とか「本家Skypeをダウンロードさせろ、★1つ」とかそんなのが多いし…。

そもそも本家Skypeアプリが日本と中国をアプリ公開対象から外していることが話をややこしくしている原因だとは思ってます。Skype社の判断なのか日本のキャリアからの圧力なのかそれともはたまた何なのか。iPhone版は普通に提供されてるので日本はNG!って訳では無いと思ってるんですが、Skype auって…(苦笑)。このままドコモやソフトバンクモバイルのAndroid端末では(公には)Skypeが使えないままなんでしょうか。

ま、ともかく、本家SkypeがAndroid2.1以上のみに提供されている中、1.6のIS01にちゃんと対応させてくれただけで大満足してるんですが、自分の評価が甘すぎるんですかね^^; au向けのSkypeアプリ、ちゃんと問題なく使えてますよ。作りが多少甘い、ユーザビリティが低い点は否めませんが、公式の方がそうだから(ゲフンゲフン

IS01のアップデート関連で一部ユーザ間で人気(?)になってるYouTubeの動画があるので貼っておきます。海外展開は一応conicsが始めたようなので買おうと思えば海外でも買えるし(グローバル展開と言えるかといえば怪しい)、Skypeも結局ちゃんと提供されたので、ネタはネタとして、興味のある方はどうぞ。

YouTube - 総統閣下はIS01の扱いにお怒りのようです
Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/328-b406d7cf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。