--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
用事のついでに登戸まで行ってきました。ついでと言えるほど近くは無かったのですが、こっち方面は普段あまり行かないので散歩がてら。

登戸20101017_0
JR南武線 登戸駅の改札を出た真正面、登戸行政サービスコーナーの入り口横にどこでもドア型のカウントダウンモニュメントが設置されています。開館予定日の2011年9月3日まで「321日」!狙って行った訳では無いのですが、何だか嬉しいですね。

登戸20101017_1
登戸のモニュメントはサービスコーナーが開いている時間(平日の7:30~19:00、土日の9:00~17:00)に展示されています。ただ、日曜日の今日、帰りがけの16:50頃通りがかった時には既に片付けられていたので、気持ち早めに行ったほうが無難かもしれません。

カウントダウンモニュメントは他に2つ展示されています。川崎市役所本庁舎玄関口には等身大ドラえもんとディスプレイ付きのドア。もう1つは等身大ドラえもんとどこでもドア。こちらは多摩区総合庁舎に設置されていますが、それは本日まで。明日からは各区役所を巡回するとのこと。詳細は藤子・F・不二雄ミュージアムの開館に向けカウントダウンモニュメント : 市内3カ所に設置(k-press)等で。せっかくなので3つとも見たいところです。


藤子・F・不二雄ワールドに載っているミュージアムの情報を元にJR登別駅から徒歩約18分。途中の路程はあっさり飛ばしますが、迷うことなく建設中の藤子・F・不二雄ミュージアムに到着できました。ここか!と思うと感慨深いものがあります。大げさではなく。
(仮称)藤子・F・不二雄ミュージアム
向ヶ丘遊園跡地。すぐ西隣には遊園の虹の階段(という?らしい)が残っていました。近くでも別の工事なのかトラックが集まったりしていて、この辺り一帯が再開発されるようです。

向丘遊園
ちなみにこの看板の位置は府中街道沿い、バス停「向丘遊園」のまん前。ミュージアムが開館すればシャトルバスも出ますし、足には困らないと思います。

IMG_20101017_162201.jpg
もともと曇天の上に日が少し落ちてきて、さらにヘタクソな撮影者のせいで残念な写真になっていますが、道路の反対から見るとこんな様子。建築現場に必ず掲示されている白い看板によると、工事完了予定日は平成23年6月30日とのことです。前後するものとは思いますが、ひとつの目安にはなるかと。

IMG_20101017_162439.jpg
反対の方から。中央やや右にバス停と看板が僅かに見えるかと思います。上の写真と同じ建築車両が写っているので少しは大きさの想像がつくかもしれません。


というわけで、まだ"それらしい建物"は見れませんでしたが、藤子・F・不二雄ミュージアムまで行ってきました。すぐ手前までごく普通の住宅地。地元の方に好感をもって受け入れて頂ける、そんなミュージアムが完成してくれることを期待しています。
Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/320-fed66fc7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。