--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MOTOROLAから発売になった、ちょっと変わった形のAndroid端末「FLIPOUT」を先日購入しました。レビューというにはあまりに適当なエントリです。走り書きってことでご容赦を。
FLIPOUT
67mm×67mmの正方形で、右上角を軸に90度くるっと回転する、見た目に面白い端末です。

FLIPOUT_2.jpg
ちゃんと開くとこんな感じ。左下にカーソルキーがあったり、QWERTYキーが縦方向にキッチリ揃ってたりと、やっぱり少し変わってる気がします。押した感じは少し固いのですが、ポチポチいい具合に押せる、悪くないキーボードだと思います。数字も独立していますし、ALTとの同時押しで記号の入力も楽々。日本語対応IMEを入れることで もちろん日本語入力にも対応します。自分は「OpenWnnフリック対応版」を入れています。日本語切替はShiftキー?(↑)+スペースで行えます。


FLIPOUTの魅力のひとつ、カラフルなバックパネル。スマートフォンといえばメーカー問わずブラックやホワイトが大多数で面白みにかけますが、本機種は標準でカラフルなバックパネルを用意してくれています。

と大声でアピールしたいところなのですが、地域によって取り扱っていない色があったり、そもそも市場(というか日本から転送業者無しで買えそうな海外通販)に出ているものはほとんどブラックモデルの模様。私の購入したのはUK版(らしい)で、ブラックモデルといいつつホワイトも同梱されていました。UK版を購入された方は、知る限り同様に黒と白が同梱されている模様。中国サイトからならピンクやオレンジ版(+別の色も同梱だとか何とか)が買えるらしいけど、支払い方法の都合でUKから買いました。ちなみに先日まで秋葉原の一部店舗で取り扱いがあったとか。カバーだけの入手もそのうちできる気がするので、しばらく様子見。青かオレンジが欲しい。

FLIPOUT_裏
ちなみにバックパネルを外すとこんな感じ。左側の少し凹んだところからmicroSDカードが入ります。バッテリーを外す必要がないので、差し替えるときは便利。SIMは挿していませんが、スペースの関係か横向きに入れる形。ストラップが取り付けられないのが少し不安ですが、上部か右側に見えているネジあたりに噛ませて、バックパネルに小穴を空ければ具合よく取り付けられるかも。ちなみに、カメラ隣の丸いのは「自分撮り用のミラー」で、残念ながら写真撮影用のLEDではないです。

とっても大まかな仕様
・Model number MotoMB511
・Android2.1 (手元に届いたのは2.1-update1、ERE27でした)
・QVGA TFT液晶 2.7インチ
・3.5mmジャックとかmicroUSBとか3M-pixelカメラとか
スペックをちゃんと知りたい方はここが一番分かりやすいと思います。

まだ届いて5日くらいですが、現時点での独断と偏見に満ちた感想は
○よいところ
・持ちやすい大きさ
・ハードキーの使い勝手が結構よい
・失礼ながらチープな質感をイメージしていたけど、モノが良い
×悪いところ
・画面がちょっと微妙
・カラーのパネルがほしい(ぇ

モニタはちょっとざらついた印象を受けました。QVGAで2.7インチなので画質が荒いだろうことは想定内でしたが、スクショを撮ってPCで見るとそれなりにキレイ。実機で見ると少し文字が読みづらいので、モニタの質も関係してると思います。とりあえずしっくりくるフォント探し…。

後日談:
結果からいうと、1ヶ月経たないうちに売却してしまいました。決断の決め手は3つ。
・データMVNOのSIMを認識しない。
自分の運用だと不便。今は回避策があるのかもしれないですが、当時は見つけられませんでした。
・意外とデカイ
開いた状態でXPERIA X10と並べるとほぼ同サイズ。横幅は大きいくらい。
それでいてこの小さい画面。ちょっとつらいかなあってのが正直なところ。
・ぶっちゃけ画面が汚い
購入時もちょろっと書いてますが、個人的には見づらくて困るレベル。
同じQVGAでもXPERIA X10 miniなんかだとそんな汚くないんです。
スクショをPCで見ると全然汚くないんです。となるとモニタが悪いのかなと。
Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/318-99f922c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。