--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
表参道ヒルズに初めて行ってきました。お目当ては5月22日から本館B3階にて開催されている催し。NTTドコモによる携帯電話のデザイン展「MOBILE TIDE 2010」です。
MOBILE TIDE 2010
このデザイン展では、NTTドコモがこれまで販売してきた"ほぼ全ての端末"が対象とのことで、その数488機種511台。先日発表されたばかりの2010年夏モデルも見ることができました。展示スペースへ向かう吹き抜けの大階段にも数点が並び、地下3階の展示スペースではショーケースの中に新旧様々な端末が年代順に並べられていました。
TZ-802B
「手に持てるサイズ」になる前のモデルは展示対象外とのこと。左が国内初携帯電話というTZ-802B、右はTZ-803B。広告やポスターにも起用されている、本デザイン展の象徴的な端末。
mt10_10.jpg
ほとんどの機種がこんな風にショーケースに整然と並べられています。基本的に説明等は特に書かれておらず、機種名と販売年だけ掲示されていました。※会場は薄暗いです。写真にはガンマ補正かなり入れてます。

ドラえホン
ドラえもん好きならお約束。説明不要のドラえホン(316S)。近くに並べられた同年代の他の機種を見ると、こんな早い段階でキャラクター起用していたことに驚き。

mt10_3.jpg
展示スペース出入り口付近から。クリックで拡大します。入場者は多くなったり少なくなったり。波がありましたが、混雑というほど混んではいませんでした。じっくり見たい人も存分に見られます。

mt10_1.jpg
会場出口(?)付近に掲げられていたdocomoプロダクト部長 永田清人氏の言葉「"Good Design"は、一人ひとり違うもの。」。2010年夏モデルについて言及しています。

mt10_5.jpg
会場一番奥に吊られいていたポスター。とても写真には納まりませんでした。

嬉しいことに写真撮影可でしたが、アップした写真は少なめで。ニュース系のサイトで豊富な写真&説明が十分にされていますので。写真の多さではケータイWatchさんが他サイトを圧倒しています。
初号機からドコモの変遷を辿るデザイン史「MOBILE TIDE 2010」 (ケータイWatch)
ドコモの歴代ケータイを表参道で見てきた!(ASCII.jp)

といった具合で、とても楽しんできました。無料でこの規模の展示をしてくれるのはありがたいことです。頒布されたのパンフレットには、前半が大きなトピック毎の機種紹介(モノクロ)、後半が2010年夏モデルの紹介。もしその場で全機種載ったカタログやパンフレットが販売されていたら迷わず買っちゃっていたと思います。無理難題を言えば、折りたたみ端末やスライド端末は閉じた状態と開いた状態の両方見たかったかな。それに加えて各機種のカラーバリエーションも網羅していれば有料でも見に行きたいです。今回はdocomoによる展示会ですが、他キャリアで同じようなイベントがあれば是非見に行きたいところです。

時代を感じる、幅広い端末が一同に見られる滅多と無い機会なので、ケータイ好きでなくともオススメです。特に詳しい人じゃなくても、「10年くらい前に何か見たことある!」とか「誰々が昔持ってた奴だ!」ってな具合に楽しめると思います。まあ、これ書いてる時点で明日5月30日が最終日なのですが…。間に合う方はぜひとも足を運んでみて下さい。
Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/303-61b76d84
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。