--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画30周年を記念したイベント「ドラえもん映画祭」。4日目となる本日2月14日は第13作から第16作が上映されました。今回は「のび太とブリキの迷宮」と「のび太と夢幻三剣士」の2本を鑑賞してきました。
(関連エントリー:初日の映画祭レポート3日目の映画祭レポート

映画祭20100214

今回の混み具合は昨日にも増してすごいことになっていました。昨日はそこそこ気持ちに余裕をもって整理券を受け取れたので、同じ時間に到着したにも関わらず、本日は既に100人を超える行列が出来上がっていました。来場者の多くにとって目玉作品は「雲の王国」で、こちらは当然の如く入手できず。鑑賞した2本も整理番号が後ろから10数番という非常に危うい状態でした。これらに比べると4本目の「創世日記」は比較的余裕があったものの、「雲の王国」の2回目上映も含め、全て早い段階で受付終了となりました。

ちなみに本日いち早く受付終了となった「雲の王国」は、先日発表された再追加上映により後1回上映されることが決まっています。3月5日(金)21時20分からのレイトショーですが、鑑賞券の販売自体は午前中のうちに行われますのでご注意ください。詳細は神保町シアターのドラえもん映画祭のページでご確認ください。

少しずつ絵柄が移り変わっていくドラえもんですが、私が小学生の頃見ていたドラえもんといえばまさに今日見た映画2本の頃(アニメでエンディングテーマが西脇唯さん(にしわきゆい名義)の「あしたも♥ともだち」だった頃)の絵柄だったかな、と懐かしくなりました。また、「夢幻三剣士」は大長編ドラえもんの単行本の中で初めて購入してもらった作品でしたが、今まで映画版は見ておりませんでした。それを劇場で見られたことを嬉しく思います。

DSCF0215.jpg

映画祭と直接関係ありませんが、映画祭の特別鑑賞回数券と似たデザインの映画30周年下敷き(写真右)があったので購入しました。購入店舗は東京キャラクターストリートのテレ朝ショップ東京駅店。テレビ朝日1Fのテレ朝ショップ等でも販売しているかもしれません。商品一覧に載っておりませんが、ショウワノートさんの商品です。
Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/287-a90a25fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。