--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週のわさドラは恐竜SP、1時間の放送。結局こうやってSPやるのなら「ちょっとだけSP」をやる意味合いがよく分からないんですけどね。SPを謳っていないパートも恐竜(あるいは古代生物)な話ばかりなのでコロコロ文庫の恐竜編をそのままアニメ化して毎週流しているような感じですね。映画は楽しみだけど恐竜はもうちょっと・・・な状態。

OP前のミニコント。動物ビスケットならぬ恐竜クッキー登場。ここまではまぁよかったのですが、イグアノドンをイグアノ丼と取り違え(?)、「おいしそう!」の連発はさすがに薄ら寒かったような。SP放送時には何かしらミニコントが入りますが、無しという考えはないのかなぁ。面白いときは面白いのだけど。

燃えろティラノサウルス! 紙工作が大あばれ』(てんコミ17巻)
児童向け雑誌の付録として定番の紙工作。こういうの作るの好きだったなぁ、と懐かしくなる話。アニメ化して何がいいって、紙のお菓子を食べる音。もっと演出を強くしてもよかった気もしますが、バリバリお菓子を食べるシーンは永遠の憧れ。あれをおいしく見せるのがFマジックの成せるわざ。

原作ではパパがマッチのポイ捨てをしますが、ただライターに火をつけるだけに。これはポイ捨てがマズイから変更したというよりも、時代の変遷を考慮してライターに変えただけかな。しかし、この直後 作品が台無しになった! 燃えてない! わざわざ煽り文句にまで「燃えろ」と入ってるのに燃えてない! ただ土の塊が砕けていくかのように壊れていく(紙の)ティラノサウルス・・・。「紙だから火に弱かったんだ」とかのたまっても説得力ゼロですよ・・・。

のび太の街、大パニック!恐竜が出た!?』(てんコミ21巻)
ミニチュア恐竜を「虫」と称してホウキで掃き捨てるパパ。いつもならママの役目っぽいのだけれど。つい先日のミニチュア地球といいムチャクチャな夫婦ですね(笑)。

作品そのものには特にケチをつけるようなところも無かったのですが、やはり煽り文句かなぁ。大パニックだったのは恐竜に追いかけられたカップル(?)くらいなもんで、大ニュース、観光地として大盛況だっただけな気がします。

恐竜おもいっきりスペシャル!恐竜さん日本へどうぞ』(てんコミ31巻)
原作でも国立科学博物館が登場していましたが、アニメでも一目でそれと分かる建物で嬉しいかぎり。博物館前のクジラ模型まで描写されていました。細かいけれど面白い試み。

恐竜解説は長々しくも感じましたが、後半をスムーズに進めるため と思えば苦にはなりませんでした。しかし、自分が幼稚園~小学生くらいの時には図鑑になかった名前ばかりな気がしますね。日々情報は移り変わっていくものですね・・・。

原作では静香を誘いに向かうのび太ですが、アニメでは向こうから野比宅へ。わざわざ断りにやってくるとは礼儀正しいというか のび太の気持ちがまったく分かってないというか。ある意味 残酷。この話で何が可哀想かというと、のび太でもなく、海に沈むハメになりかけた恐竜でもなく、あんな中国の奥地から日本までの距離を延々歩くハメになりかけた恐竜たちじゃないでしょうか。

映画特報は先日放送されたF先生特番と同じ内容。これだけで結構くるんですよね・・・。一通り冒険場面が流れたあとに、ピー助と楽しく遊んだあの日々のシーン・・・。うぅっ・・・。気持ちの高ぶりの続きは劇場で・・・。

====
さてさて来週は遂に劇場公開前夜ということで『映画公開前日スペシャル』! 公式サイトを見た感じでは今までほとんど見ることのなかったタイムパトロールの姿も拝めそうですね。

書店でプラスワン・コミックス『のび太の恐竜』を見かけましたが結局購入せず。特製アクションバッジが付録についているのですが うーん・・・買わないかなぁ。ブックフェア開催中ということなので気にはなるのですが。ついでに新刊情報、『ドラえもんプラス』第5巻は2月28日発売とのこと。他にも恐竜関連で何冊か発売されるようですよ。くわしくはドラえもんワールドの本の紹介へ。

━━今日の買い物━━
・『焼きたて!!ジャぱん』第22巻、橋口たかし、小学館
・『ローゼンメイデン』第6巻、PEACH-PIT、幻冬舎
Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/28-eb7925e5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。