--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月24日、「藤子・F・不二雄大全集」の待ちに待った第一回配本がありました。今回は「ドラえもん」「オバケのQ太郎」「パーマン」それぞれの第1巻。

第一回配本

「ドラえもん」
一般的な単行本と比べると やや変則的な“学年繰り上がり収録”。今まで「てんコミ」を読んでいたときにはあまり意識することの無かった、連載時期や季節、連載順が分かり、学年誌を順に読んでいるような感覚が楽しめます。そして、「幻の」改め「幻だった最終回」がこうした形で再度読むことができ、感慨深いものがあります。

「パーマン」
私は「コロコロ文庫」全5巻でしか「パーマン」を読んでいないので、今回の第1巻に未読作品が何話かありました。一度きりのゲストキャラと思っていた、パーマンの秘密を探る博士に後日談があったなんて!と正に童心に帰って作品を楽しんでいます。また、巻末の寄稿と呼んでよいのでしょうか、アニメ版パーマン役の三輪勝恵さんの記が非常に興味深いものでした。

「オバケのQ太郎」
すっかり高騰した古書市場でしかお目にかかれなかったQちゃんを こうして読める日が来るとは正直思っていませんでした。長らく読める環境にありませんでいたので、私にとっては「お久しぶり!」ではなく「はじめまして!」な状態です。まだ読めておりませんが、楽しみです。

月報や巻末資料など、想定以上の充実具合で満足の高いものになっています。8月25日予定の第2回配本が楽しみです。

---
写真の右端は藤子・F・不二雄が特集された「フィギュア王 No.138」。数ページの特集ですが、グッズの紹介だけでなく、藤子F先生の代表作を年表で図にまとめたものや、女子キャラクターを取り上げた「ぼくドラ」的なページ、てんコミに収録された中編ドラ紹介、そしてF全集の紹介と、ページの割に内容が濃いものとなっています。
Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/270-f8c6e9f8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。