--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.04.19  漫画・アニメ
先日放送された実写ドラマ「ちびまる子ちゃん」。期待半分不安半分でしたが・・・納得の出来栄え。アニメと実写を織り交ぜたようなオープニングは キャラクターを頭に叩き込むに相応しい演出。ここ数年アニメ版はとんと見て無いにも関わらず あの軽快なリズムは忘れてない・・・忘れられない。

公式サイトのあらすじを見たときは思い出せなかったものの、第1話も含め全て原作を下地にした内容。というかほとんど全編通して そう。子役揃いなので演技がどうなのか気になっていましたが、ほとんど問題ないですね。普段ドラマ見ないので演技力とか疑ってました、ごめんなさい。

見ていて思ったのは山田みたいなはしゃぐキャラは難しそうだなぁ、と。一方でCMなどでよく見かけるハマジ役の米谷真一くんは上手かったと思います。以前出演されてたガンプラのCMでは劇中のセリフを棒読みしてて良い印象が全くなかったので正直驚き。

平成生まれの子役たちが昭和な会話をしているのは何とも不思議な感じ。殿様キングス「涙の操」を歌うまる子とか(笑)。それでなくても どこかおばさん臭い口調のまる子を熱演された森迫永依さんもかなりのものかと。単発のSPではもったいないくらいの作品でした。
Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/124-d949a568
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。