--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.04.07  雑記・雑感
今日は所属研究室で卒論の説明云々。まだ各自のテーマは決定してないので他の研究室に比べれば遅れ目な感じ。時間指定はないものの毎日来なさい、らしい。理系だと当たり前ですかね? うちはその辺 甘めっぽいけど。就活とかバイトとか趣味とか趣味とか趣味とかどういう風に時間割いていくかな。

久々に研究室の面子と色々とお話したわけで。とある会話の中でメンバーの一人がいうには「(マンガなどの)設定を細かく覚えてるのはおかしい」と。意訳ですが。別にマンガとかに興味ない人なら不思議はないのですが、彼は研究室の全員にお気に入りの某作品を貸して布教活動・・・もといファン拡大に努めるくらいの猛者でして。ただ他のマンガにはほとんど触れてなさそうで。

某作品というのは実写映画化などで話題の「ハチミツとクローバー」。アニメ第2期制作決定を伝えても「そうなの?」と反応が薄い。アニメ嫌いかと思いきや、そもそも作品を知ったのはアニメ第1期だというし。別の方が作品の設定を訪ねてもどうも覚えていない様子。別段難問でもなく、わざわざ覚えようとせずとも読んでいれば自然と頭に入っているようなことなのですが。

境目が非常に曖昧ではありますが、ファンなら絶対知っているレベルというのはあると思うのですよ。「じゃあ お前ドラえもんのことほとんど答えれるんだな?」と問われたら困りますよ、そりゃ。でもファン同士の会話だと説明せずとも通じたり期待通りのレスポンスが返ってくる・・・そんなことが多いはず。こんな理屈が通るのはいわゆるマンガファン同士だけなのかなぁ。少なくとも彼を見ているとそのように感じてしまいます。
Secret

TrackBackURL
→http://commonplacedays.blog45.fc2.com/tb.php/112-0701531c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。