--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し気になったので書き留めておきます。

このブログでも少し触れましたが、2011年8月3日から藤子・F・不二雄キャラクターで車体をラッピングした「小田急 F-Train」の運行が小田急線で開始されました。その後、都条例(東京都屋外広告物条例)に抵触しているとの指摘を受け、予定より大幅に早い同年9月30日をもって運行を終了したことは記憶に新しいと思います。

また、2013年3月9日から3月31日には小田原、箱根、新宿などに実物大のドラえもんフィギュア100体が集う「ドラえもん100展」が開催されました。イベントで国内初展示された実物大フィギュアは同イベント以降、「藤子・F・不二雄展」の巡回のおともとして東京タワーやグランフロント大阪、JR博多駅前広場を巡るなど、各種イベントで今なお活躍しています。


2つ取り上げた小田急電鉄に関係する藤子・F・不二雄の話題。これらはいずれも特設サイトが設けられていました。「F-Train」は指摘を受けて運行終了を決定して程なくサイトが閉鎖され、アクセスすると「特別電車「小田急 F-Train」の車体ラッピングの終了について」にリダイレクトされるように、「ドラえもん100展」の方はイベント終了の旨をトップページに掲示していました。「ドラえもん100展」の閉鎖後の画面はInternet Archiveの「Dream Museum on WEB | 箱ドラ100で検索!」で確認することができます。

2つのサイトは、ドメインが取得されて1年が過ぎた際にドメイン契約の更新が成されなかったために失効し、第三者によって取得され、2014年12月現在、いずれも他の方のブログとして利用されています。面白いドメインや少し変わったドメイン、あるいは被リンクの多いサイトのドメインが失効して所謂期限切れドメインとなると別の方が購入して転用するのはよくある話ですし、使われていなければ誰でも購入可能で「早い者勝ち」なドメインの仕組み上、これは何も問題の無い話です。

そのため、購入して使用している方(あるいは企業)には何も問題は無く、ブログに使おうが何だろうが構わないのですが、気になるのは小田急電鉄の方。


何を気にしているかというと、「ASCII.jp:[事例] .go.jp ドメインからの被リンクを活用したSEOスパム」のような話。詳しくはエントリを読んでいただくとして、経済産業省が進めていた「情報大航海プロジェクト」のWebサイトからリンクを張られていたWebサイトのドメインが変更になったが古いURLへのリンクを張り続けていた結果、旧ドメインがスパム業者に購入され、スパムサイトへのリンクを張っている状態で放置されていた、というもの。

先のような理由があるため直接リンクは張りませんが、「ドラえもん100展」は"odakyu-dora100.jp"、「F-Train」は"f-train.info"が当時ティザーサイトが展開されていたドメインです。前述の通り今は別の方がブログとして使用しています。更新は滞っており、今は積極的に活用されていないようですが、場合によっては経産省の例のように明確なスパムサイトが立ち上げられる可能性もあったということになります。


2014年12月30日現在、Googleで「site:odakyu.jp "odakyu-dora100.jp"」と入力して検索してみると表示される通り「ドラえもん100展」のトップページに小田急電鉄自身がリンクを張っているページが1つ現存していることが分かります。該当しているのは2013年2月20日のニュースリリースで『小田急ロマンスカーと箱根フリーパスを利用してめぐる「ドラえもん 100展」を開催します!』と題されたPDFファイル。開いてみると『本イベントの公式サイト「Dream Museum on WEB」』との文言と共に該当ページへとリンクが張られています。

一方、「site:odakyu.jp "f-train.info"」では1つも該当するページは見つかりませんでした。経緯が経緯だけにリンクしているページは削除したのかもしれません。なお、2011年8月2日付のニュースリリース第11-21号のPDFにて「F-Train」の運行開始が報じられていますが、こちらにも先のサイトへのリンクは載っておりません。(※ニュースリリースのページには2012年までしかタブがありませんので、検索等で辿り着いてください。)


経産省の例と同様、「ドラえもん100展」については主催者サイドである小田急電鉄のサイトにリンクが掲示されているため、サイトを閲覧した方は何も心配などせずにリンクを踏むことでしょう。もちろん、数多あるニュースサイトやブログ、TwitterやfacebookなどのSNSで何の気無しにイベント当時に書き込んだリンクも全て残っているわけですが、サイトの所有者でも無く、既に終わったイベントのサイトが現存しているかいつまでも気にして見に行く人もいないでしょうから、そこまで求めるのは酷な話です。でも、サイトを運営している当事者側では、少なくともドメインを取得してサイトを立ち上げてからのたった1年でドメインを手放して第三者利用を許し、かつ信頼材料足り得る「自社サイトからのリンク」を残したままにする‥‥という状況は危険性を認識した上で避けていただきたいものだと思います。
スポンサーサイト
2014.12.29  PC・デジモノ
何かあったときにChromebookを復元できるようにリカバリメディアを作成しました。なお、今回は実際に使用しているChromebook、acer C720でUSBのリカバリメディアを作成しましたが、ChromeブラウザがインストールされているWindowsやMacでも作成は可能です。


まずはChromeウェブストアにアクセスし、Chromebook リカバリ ユーティリティをインストールします。このアプリはGマークが付いている通り、Google自身が公開しているものです。


インストールが完了するとアプリの一覧に「リカバリ」が追加されますので、クリックして起動します。


Chrome リカバリ ユーティリテイが起動します。USBフラッシュメディアかSDカードを用意して「次へ」ボタンをクリックします。


Chromebookの識別画面が表示され、モデル番号の入力を求められます。Chromebookで起動している場合は、「このChromebookのモデル番号を確認」をクリックすると自動的に入力欄にモデル番号が入力されます。


正しくモデル番号を入力すると緑色のチェックが付きますので、「次へ」をクリックします。


USBフラッシュメディアかSDカードを挿入するように促されますので、USBポートかSDカードスロットに挿し込みます。認識されているメディアを画面から選択して「次へ」をクリックします。


リカバリイメージの作成画面が表示されます。メディア上にデータが残っている場合は消えてしまいますので、確認のうえ「次へ」をクリックします。


リカバリイメージの作成が始まるので完了するまで待ちます。


3分から5分くらいでリカバリメディアの作成が完了します。「Chrome OS が存在しないか破損しています」といったメッセージが出てしまったときに使えますので、メディアは取り外して保管しておきましょう。


‥‥と、ここまで手順を書いておいて何ですが、Chromebookヘルプの「Chromebook を復元する」を見てみると、リカバリメディアとChromebook側のChrome OSバージョンが合っていないと復元ができないようです。当然といえば当然ですが。Chrome OSは6週間に1回メジャーアップデートが提供されるため、リカバリメディアを事前に作っておいても結局使えないような気がします。前述の通り、WindowsやMacでもリカバリメディアは作成できるということですので、復元が必要になったときに別の端末(持っている前提ですけれど)で都度作成すればよさそうですね。


なお、一度作成したリカバリメディアは、同じくChromeリカバリユーティリティを使用して消去、通常用途のUSBフラッシュメモリ・SDカードに戻すことが可能です。Chromeリカバリユーティリティの右上の歯車アイコンから「リカバリメディアのデータを消去」を選択してください。


おまけ。
モデル番号入力の画面で前後しながら色々やってるとこんな画面になりました‥‥。


参考:
Chromebook 復元ユーティリティを使用する - Chromebook ヘルプ
Chromebook を復元する - Chromebook ヘルプ
2014.12.28  PC・デジモノ
Yahoo!Japanが提供している動画サービスGYAO!。テレビで放送中のアニメの最新1話をネット配信していたりするのでたまに見るのですが、動作環境のページに書かれているように視聴できる環境が制限されています。この手のサービスの「動作環境」は問い合わせ対応などの関係で検証済み環境として謳っているものが多くて、書かれていない環境でもなんだかんだいって見れちゃったりしますが、GYAO!は本当に見られないように制限をかけています。

まだまだマイナーなChrome OSは当然ながら対応環境に載っておらず、ChromebookのChromeからアクセスすると、以下のように「ご利用のOSでは、映像を視聴できません。」と表示され、再生することができません。
chromebook_gyao_1.png


見る方法は無いかと調べてみたところ、同じく対応OSで無いUbuntuのFirefoxから閲覧する方法を公開されていた方がいらっしゃったので同じ方法を取らせていただきました。今回参考にさせていただいたのは「クロの思考ノート」様の「Linux+Firefoxで動画サイトGyaO!を観る方法」というエントリです。要は対応している環境のUAに偽装すればよいと言うだけの話の模様。

※参考にさせていただいたエントリではUbuntuにAdobe Flashのインストールを行っていますが、Chromeには標準でFlash pluginが入っているため、この手順は必要ありません(そもそもインストールできないかと)。Flash pluginのバージョンを知りたい場合はChromeのアドレスバーにchrome://flashと打ち込むと表示されます。

まずはChromeウェブストアにアクセスし、User Agentを変更できる拡張機能を探します。今回はとりあえず試すだけの目的のため、検索後に1番上に表示された「User-Agent Switcher」をインストールしてみました。
chromebook_gyao_2.png


「User-Agent Switcher」をインストールするとChromeの右上に地球儀のようなアイコンが追加されます。これをクリックすると登録されているUAがリスト表示され、その中から選択できる仕組みになっています。ここでは「Chrome on Windows」を選択してみました。「Firefox on Windows」でも構いません。
chromebook_gyao_3.png


UAを選択すると表示中のページが自動でリロードされ、無事に動画が再生開始されました。シークバーの操作等も特に問題ありません。
chromebook_gyao_4.png


以上のように、ChromebookのChromeでもGYAO!の動画を視聴することができました。端末の性能だったり再生要件(Flash再生可能だとか)は元々満たしているということになるので、見られなくても知らんよ!というスタンスで再生させてくれるとありがたいのですが、色々あるのでしょう。

なお、今回使用したChrome拡張だとGYAO!のみでなく全てのサイトに同じUAが適用されてしまいます。特にChromebok版ChromeでもWindows版Chromeでも問題ない気がしますが、切り替えが面倒な方はURLによって自動切り替えできるChrome拡張が無いか探してみるとよいかと思います。
2014.12.28  PC・デジモノ
一般向けに販売されてからある程度経ったので新しい話ではありませんが、Chrome OSのチャンネル変更について。Chromebookをせっかく購入したので、新しい機能や修正の恩恵を早く受けるためにチャンネル変更をしました。

Chromebookから切り替えられるチャンネルは3種類あります。
Stable チャンネル:いわゆる安定版とか正式版。2〜3週間に1回のマイナーアップデート、6週間に1回のメジャーアップデートが提供されます。特に理由が無ければ標準設定のこれを使っていればOK。
Beta チャンネル:新規リリース予定の機能が早くリリースされるβ版的な位置づけ。ほぼ毎週のマイナーアップデート、6週間に1回のメジャーアップデートが提供されます。おおよそStableチャンネルより1バージョン早いイメージで良いかと。
Dev チャンネル:最新機能が提供される開発者向け。1週間に1〜2回のアップデートが提供されます。新機能がいち早く提供される反面、StableやBetaに比べると不安定な可能性も。
Google ChromeでいうところのCanaryはここでは提供されていない模様。

チャンネルの変更は設定から簡単に行えます。

1. 画面右下のエリアから「設定」を選択します。
set1.png


2. 設定メニューの一番上にある「Chrome OS について」リンクをクリックします。
set2.png


3. Chrome OSの概要画面が開くので、「詳細情報...」リンクをクリックします。なお、下の画面は既にBeta チャンネルが適用されている状態のため、プラットフォームに「beta-channel」と表示されています。
set3.png


4. チャンネル欄に現在のチャンネルが表示されています。通常はStableかと思います。「チャンネルを変更...」をクリックします。
set4.png


5. Stable、Beta、Devの選択肢が表示されるので、変更したいバージョンを選択し、「チャンネルを変更」ボタンをクリックします。
set5.png


以上でダウンロードが始まり、チャンネルの切り替えが完了します。切り替えはとても簡単ですが、ひとつ重要な注意点が。StableチャンネルからBetaチャンネル、BetaチャンネルからDevチャンネルのように新しいバージョンへの切り替えは特に問題なく行えますが、DevチャンネルからStableチャンネル、BetaチャンネルからStableチャンネルのように安定したバージョンへ切り替える際には「Powerwash」が自動的に行われます

「Powerwash」は要するに「初期化」です。Chromeの設定等はGoogleアカウントに紐づいているので元の状態に簡単に戻せると思いますが、それ以外の情報、すなわちChromebookにダウンロードしたファイルやWi-Fiの接続設定などが全て無くなってしまいます。操作自体は簡単ですが、切り替えは慎重に。

ブラウザとしてのGoogle Chromeに限定しての話だと、AndroidだとGoogle ChromeとChrome Betaの共存が簡単にできるし、WindowsでもCanaryはStable版とは標準で別にインストールされる仕組みになっているため複数バージョンの管理が楽に行えるのですが、Chromebook/Chrome OSではできないようです。

参考:
Stable、Beta、Dev チャンネル - Chromebook ヘルプ
Xperia Z3 Compactに標準で入っているソニーモバイル製の写真・画像閲覧アプリ「アルバム」。以前からXperiaシリーズではおなじみのアプリで、ピンチイン・ピンチアウトをすることで一覧でのサムネイルサイズが簡単に切り替えられるなど使い勝手もよく、標準搭載されているアプリの中では気に入っているアプリです。

ただ、最近のアルバムアプリでは、保存された写真や画像ファイルがランダムでアプリ画面の上の方に表示されるようになっています。ランダムで数秒おきに切り替わっていくのですが、別にやましい理由は無くともあまり見せたくは無い画像が出てくることもあり、少し困り者でした。ですが、アルバムアプリの上部に表示される写真・画像は簡単な方法で固定することができます。

まずは固定したい画像をサムネイルから選択して大きく表示します。すると画面の下の方にお気に入り登録をするための☆アイコンがありますので、これを選択して★に切り替えます。操作は以上。

これで、アルバムの上部に表示されるのは★をつけた画像だけになります。複数に★をつければ、それらがランダムでスライドショーされますが、1つだけに★を付けていればその画像だけが表示され続けます。なお、最初に登録した際は、元の画像が消えて指定した画像に切り替わるまで少し時間がかかる場合があります。
album2.png album4.png

Xperia Z3 compactのロック画面には簡単にカメラを起動できるショートカットが用意されています。下の画面でNTT DOCOMO表記の下にあるアイコンがそれで、上にスワイプすることでロック画面から直接カメラアプリを起動させることができます。

z3c_lock1.png z3c_lock2.png

ですが、これが結構な曲者で、上の画面のようにパターンロックをかけていてもこの機能は有効です。つまり、ロックを解除せずに誰でもこの状態から写真が撮れてしまうことになります。電車の中などで、自分はそのつもりが無くても何かの拍子にロック画面のカメラアイコンに指が触れて次の画面で「カシャ!」と鳴ってしまうと……なんて思うと正直ちょっと怖くすらなります。ちなみに本体横にあるカメラ用のシャッターボタンも同様、ロック中でも長押しすることでカメラアプリを立ち上げることができるようになっています。

ということで気が気でないので設定から無効にしました。方法は簡単。

カメラアプリを起動し、メニュー(縦に点が3つ並んでいるもの)を開き、右端の設定を開くと一番上に「クイック起動」という項目があるので、これを「OFF」に変更するだけ。

これで右イメージのように、ロック画面からカメラのアイコンが無くなりました。また、シャッターボタン長押しでも、カメラが起動しないようになっています。
z3c_cam.png z3c_lock3.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。