--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
佐川急便の「ご不在連絡票」に再配達の自動受付用電話番号が書かれています。「0570」で始まる電話番号で、NTTコミュニケーションズが提供している「ナビダイヤル」というサービスです。電話番号の下には「※PHS・050IP電話をご利用のお客様は、固定電話か携帯電話からお掛け直し下さい。」と明記されているとおり、PHSから電話しても利用することはできません。
Skitch.png
2014年4月18日にポストに入ってたご不在連絡票

と思っていたのですが、PHSをメイン電話番号として利用していることもあって誤って先日かけてしまったところ、問題なく繋がりました。不思議に思い少し調べてみたところ、2013年11月17日に以下のニュースリリースがNTTコミュニケーションから発表されていました。
PHSからの「ナビダイヤル」「テレドーム」への接続開始について - NTTコミュニケーション

ざっくりとまとめると、
・2013年11月12日より、ウィルコムからナビダイヤルの利用が可能に。
・ただし、ナビダイヤルを導入している企業側での申し込みが必要。

また、当時まったく気づいていませんでしたが、同日にウィルコムからも以下のプレスリリースが出ていました。
「ナビダイヤル」、「テレドーム」への接続開始について - ウィルコム

こちらには以下の記載が見られました。
・2013年11月12日(火)13時よりナビダイヤルの利用が可能に。
・「だれとでも定額」およびその他無料通話の対象外。

有料電話なので「だれとでも定額」の対象外だというのは当然で、ウィルコムの請求を見直していたところ、3月の請求内訳に『他社通信提供サービス「0570等」通話料』という項目で50円が請求されているのを確認できました。

ナビダイヤルのPHS対応はPHSの利便性向上が云々よりも、タイミングからすると携帯電話が070の利用を開始したことに関係するのかと思っていますが、なんにせよ助かることです。後は各種注意書きの類が順次改められていくと分かりやすいのですが。

関連
携帯電話の電話番号への070の追加について - 総務省
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。