--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.10.20  PC・デジモノ Excelコンピュータ
最近パソコンを初期化する機会がありました。空っぽになったパソコンにいつも使うソフトを改めてインストールしていったわけですが、ふと気づくとExcelでエラーメッセージが頻発するようになりました。

図が大きすぎます
エラーメッセージは上の画面通り、「図が大きすぎます。入りきらない部分は切り捨てられます。」。色々調べたところ「Excelのシート内にオブジェクトが多い」とか「拡張メタファイル形式のオブジェクトが含まれている」といった原因が該当するエラーメッセージのようですが、私の環境では、作成したばかりで何も編集していないシートで列や行を選択してコピーするだけで発生したので、別の理由。

入れたフリーソフトをひとつずつ無効にしたりしていったところ、エラーの原因はクリップボードの履歴を管理する「CLCL」というソフトでした。何個か前にコピーした文字列を後から呼び出したり、事前に定型文を登録しておいて文章作成を楽にしたりできるフリーソフトで、もう何年も重宝しているものです。

私の場合は、「CLCL」のオプション画面を開き、フィルタタブのラジオボタンを「すべての形式を履歴から除外」に切り替えることで事象が解決しました。これにより、動作の項目が「追加」に指定されていない形式は履歴取得の対象外になります。

CLCLフィルタ設定画面
本当は不要な形式をひとつひとつ指定してあげる方がよいのでしょうが、自分の場合は文字列と画像のコピペと定型文の貼り付けさえできれば差し支えないので、上のような対応にしました。以前は起きていなかったので、なんらかの理由で昔は設定を変えていたのだと思います。

ちなみに、もともと問題が起きた環境はWindows XP SP3+Office 2003のパソコンですが、画像を撮るためにこれを書いているパソコンで再現させたので、画像はWindows 7 SP1+Office 2013の環境です。なお、CLCLが対応を唄っているのはWindows 95~XPまでなので、Win 7で予期せぬ動作をしてもそれは自己責任です。

※調べるにあたり、以下のサイトを参考にさせていただきました。ありがとうございました。
図が大きすぎます - 伊豆・伊東情報館 Blog
CLCL - フリーソフト - 林檎の木
スポンサーサイト
ちょっと実家のPCに入ったままのデータを持ってきたい用事がありました。USBメモリを持ってはいるのですが、一番大容量のものでも何年も前に購入した256MBの製品で容量がまるで足りないため、この機に購入することに。普通のでも別によかったのですが、せっかくなのでMicro USB (type B)への変換アダプタ付の製品にしました。

USBホストに対応しているAndroid端末は、パソコン用のマウスやキーボードを(ドライバが対応していれば)USB接続して使うことができます。他に使えるものの代表格がUSBメモリ。対応しているAndroidスマートフォンやタブレットに挿せば、パソコンで使うのと同じようにUSBメモリでのデータ読み書きができます。

usb1.jpg
購入したのはELECOMのMF-SAU2シリーズで、16GBの「MF-SAU216GBK」という型番の製品。最近は可愛らしいデザインやかっこいいデザインも溢れている中、いかにも普通の見た目のUSBメモリですが、ふたを外すと上のように、Micro USB端子が顔を見せます。

usb2.jpg
ふたの反対側が抜けるように作られており、外すと通常のUSB端子が出てきます。要は通常のUSB端子がついている部分がUSBメモリの本体で、真ん中の大きい部分は単なるUSB⇔Micro USBの変換アダプタ、というわけです。なお、USBメモリの本体部には小さな穴が開いているので、無くさないようにストラップを付けたりすることができます。

usb3.jpg
手元にあったドコモのXperia acro HD SO-03DにUSBメモリを挿すとこんな感じ。OSはAndroid 4.0.4です。アクセス時にはメモリの端っこが赤く光ります。本体が黒いせいか、結構暗い光り方です。ぐるっと外周を縁取った白いところが光るのかな?と勝手に思っていたので、意外と地味な印象。

usb4.png usb5.png
挿したUSBメモリをAndroidの画面から操作するにはファイラーが必要になります。ELECOMでもファイル管理ソフトを用意していますが、別に普段使っているものでOKです。左がtetra filer free、右がEx Explorerというアプリで見たところ。Xperia acro HDの場合は「/mnt/usbdisk」にマウントされているようですが、手元の他の機種では「/mnt/usb」でした。機種によって異なるようです。

繋いでしまえば後は特記するようなこともなく、ファイルのコピーや移動ができます。パソコンで使うのと特に何も変わらないですね。パソコンとスマートフォン間でのファイルのやり取りといえば、DropboxやSkyDriveのようなサービスがありますが、USBメモリの方が便利な場合もあると思います。普通のUSBメモリに別売りの変換アダプタを組み合わせれば同じことができるわけですが、いつも一緒に持ち運ぶわけでもないので、一体型というのが面倒くさがりには大きな利点。

usb6.png
市販のUSB⇔Micro USBは上記のようなもの。家電量販店に行くと1,000円以上の製品まで色々と出ているようですが、写真のは100円ショップで入手しました。この手の商品については値段の差ほどの違いはおそらく無いかなと。1つ用意しておけばスマートフォンにマウスやキーボードを繋げるのにも使えますし、(もしかしたら)便利だと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。