--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し前の話ですが、ドコモから販売されているXperia acro HD SO-03Dが購入しやすい状態になったので入手しました。販売店の施策もあり、MNPでのポートイン/ポートアウトに伴う各種手数料や今後の維持費を考えてもほとんど足が出ない計算になったのでauからのMNPで。

今回新しい機種を買おうと思ったきっかけは、最近ほとんど使わなくなってしまっていたEMOBILE G4のデータ回線を有効活用したかったため。ドコモショップにスマートフォンを持ち込めばSIMロックは有料で解除してくれますが、EMOBILEが1700MHz帯のBand IXを使用している関係で、EMOBILEのSIMで使えるドコモ端末は限られています。なお、どの機種がEMOBILEで使用可能なのかは、SIMロック解除対応機種の他社SIMカードでの音声・SMS確認結果というドコモのページで公開されています。

上記のページを参考にしつつ、Xperia acro HD SO-03Dを選択しました。選択の理由は上で書いたように入手性が高いこともひとつですが、microSIM端末で無いことが最大の理由です。今使っているEMOBILEのSIMはカットしたくなかったので、この記事時点で候補になり得るのはF-12C、L-02D、SO-03Dくらいしか無いのが実のところ。

SIMロックの解除手続きは特に難しいこともなく、ドコモショップに端末を持ち込んでSIMロック解除してほしい旨を伝えるだけ。ドコモのサイトにもSIMロック解除の手続きというページにて説明されている通り、SIMロック解除手数料が3,150円必要になります。私の場合は20分くらいで手続きが完了しました。

SIMロックの解除が終わったら、あとはAPNの設定をするだけ。自身の契約等に準じて入力すれば完了です。私の場合はAPN名:emb2.ne.jp、ユーザ名とパスワード:em、MCC:440、MNC:00、認証タイプ:PAP、APNタイプ:default,supl,mmsと指定しています。

EMOBILE G4での利用がありか無しかは、実際に利用するエリアに準じるので何ともいえないですが、一部の商業施設の地下とかでもなければ圏外にはならないので個人的にはFOMAで使うよりは快適。私の勤務先では下り5Mbpsくらいは安定して出てくれるので、LTEほどでは無いにせよ十分な速さで使えています。

ICSへのアップデートを適用したXperia acro HDがもう少しサクサク動けば文句ないのですが、使えなくはないとはいえもう一歩…というのが端末に対しての感想。EMOBILEの2年契約が8か月ほど残っているので、それまでは有効活用していこうと思います。
acrohd2.png acrohd1.png
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。