--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長々と10個に分けて投稿しましたが、「ドラえもん100展」を全て回ってきました。
Dream Museum on WEB | 箱ドラ100で検索
小田急ロマンスカーと箱根フリーパスを利用してめぐる「ドラえもん 100 展」を開催します!※PDF - 小田急電鉄

tougendai.png

「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その1)
「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その2)
「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その3)
「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その4)
「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その5)
「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その6)
「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その7)
「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その8)
「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その9)
「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その10)

ブログでは通し番号の都合上1番から100番まで順番に並べましたが、私は以下の順序で回りました。
> 小田原駅→箱根湯本駅→箱根町港→元箱根港→桃源台駅→大涌谷駅→
> →早雲山駅→公園上駅→強羅駅→箱根湯本駅→帰路 (新宿は後日)
東京・小田原駅方面から見ると箱根湯本駅から先のエリアはぐるっと周回するようになっていて、どうも私が取った道と逆方向から廻る方が多いのかな、というのがネットで見ていての印象です。

私が実際に回ったのは新宿の5体を除くと土曜日で、大混雑というほどでは無いものの絶えず誰かしらいるので、フィギュアの向こう側が見えるような配置の箇所では人が写りこむのも諦めざるを得ない状態でした。後から思うともっとこんなアングルで撮ればよかったとか、見返すと思った以上にたくさん人が写ってて撮り直せばよかったと思うのも多々ありました。でも、ある程度の時間に帰ることを考えると、全てを写真に収めることで手一杯だったのが正直なところ。

ひみつ道具がこれだけ大量に立体化される機会はなかなかないので、上から下から後ろからもっと撮るようにすればよかったというのが一番の心残りですが、収められたうちの何枚かはここに貼っておこうと思います。

No.099 はじめてポン
正面から撮ると分からない印面もきちんと作られています。
hajimete.png


No.093 悪魔のパスポート
裏表紙には何も書かれていないようです。
IMG_0146.jpg


No.097 ほんもの図鑑
こちらは裏表紙が表紙と同じ。
IMG_0164.jpg


ご存知の方もいらっしゃると思いますが昨年2012年、香港で8月14日から9月16日にかけて「你睇!!多啦A夢嚟啦!誕生前100年祭」というドラえもん生誕100年前祭が小学館の協力のもとで開催されました。その際にも同様に100体のドラえもんフィギュア(香港を代表するクリエイティブチーム・AllRightsReservedが手がけた、とのこと)が展示されました。
参考:ドラえもん誕生まであと100年 香港で「ドラえもん誕生 100年前祭」 - ねとらぼ

写真を見る限り、今回の箱根での「ドラえもん100展」と香港のイベントでは同じフィギュアが飾られていたようなので、香港から持ってきたのだろうと思っていました。ですが、以下の記事によると香港のイベントに触れた上で「関係者によると、今回の人形は改めて製作された」と書かれているので、どうやら同じものを作り直したようです。憶測ですが、香港で使用したフィギュアはもしかすると現地で改めて使用する機会があるのかもしれません。
ドラえもん100体が箱根でお出迎え “元祖”も出没 - 産経ニュース(archive.is

なお、100体すべて同じなのかという点についてはどうも違う様子。上のねとらぼの記事でずらり並んだドラえもんの右下にに写っているものは誕生前100年祭のもの。あまり画質の良いものを見つけられませんでしたが、写っているものから判別した限りは、日本公開にあたり元祖ドラえもん(黄色いドラえもん)に置き換わったのかなと思います。

香港での開催ではイベント会場1か所に集められたせいかすさまじい混雑ぶりがGoogle画像検索で引っかかった写真から伺えました。日本では都心では無く小田原や箱根エリアでの開催だったので、そこまでの混雑にはならなかったのは結果としてありがたいことです。ただ、東京方面から向かう私のような人は新宿+小田原・箱根エリアであることに不便は感じませんでしたが、そうでない方は1駅だけエリアから大きく外れた新宿駅には悩まされたのでないか、と気になりました。

ともあれ、「ドラえもん100展」はとても楽しいイベントでした。そして、100体のフィギュアはどれも本当によくできていましたし、等身大ならではの存在感もなかなかでした。イベント開催期間が3週間少々と短かったのが残念です。F-Trainなどによる関連のある小田急電鉄だから出来たイベントなのかもしれないですが、ぜひとも全国区で巡回展を開催してもらいたいものです。
スポンサーサイト
このエントリは「「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その9)」の続きです。
No.091からNo.100まで。いよいよラスト。

No.091 ハウスロボット
たぶん22世紀にこの形状の家って残ってないのだろうなあ…。
091.jpg

No.092 ムシスカン
2005年のアニメ版の形状ですね。原作では錠剤でした。
092.jpg

No.093 悪魔のパスポート
作品を見る限り、これを使うことによるペナルティが無さそうな、世にも恐ろしい道具。
093.jpg

No.094 室内旅行機
世界各国、行ってみたいけれどなかなか行けないところはあるものです。
094.jpg

No.095 進化活性光線
「進化退化放射線源」似ているアニメオリジナル道具。
095.jpg

No.096 タイムライト
流れさった時間は二度とかえってこないんだ!!
096.jpg

No.097 ほんもの図鑑
どんな仕組みなのか実に気になります。なにせほんものが入っているので…。
097.jpg

No.098 強力うちわ「風神」
両手に持っているとなお良かったかも。
098.jpg

No.099 はじめてポン
水田わさびさん演じるドラえもん初回放送のうちの1つで登場。
『思い出せ!あの日の感動』!!
099.jpg

No.100 ハッスルネジ巻き
ついにNo.100制覇! あれ…道具は…?
100.jpg


おまけ
おまけというか本編ですが、No.100 ハッスルネジ巻きを後方から。
IMG_0168.jpg


次の「「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(まとめ)」で締めにしようと思います。
このエントリは「「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その8)」の続きです。
No.081からNo.090まで。

No.081 アベコンべ
紫と黄色のツートンカラーって面白いですよね。
081.jpg

No.082 ゆめふうりん
あちまれェ
082.jpg

No.083 アラビンのランプ
ランプの道具だと「まじんのいない魔法のランプ」が大好きです。
083.jpg

No.084 復元光線
スネ夫の驚きにあふれたセリフ「ギャヒョーン」が強烈。
084.jpg

No.085 迷い道
間違えて使ってしまったのでしょうか。
085.jpg

No.086 ほんやくコンニャク
おみそ味の登場には驚き、笑わせてもらいました。
086.jpg

No.087 着せ替えカメラ
どんな絵柄が入っているんでしょうか。
087.jpg

No.088 コエカタマリン
ワの字だいすき。のび太くんの柔らかい発想には脱帽。
088.jpg

No.089 時間ナガナガ光線
あんまりママを心配させないように。
089.jpg

No.090 ゴーゴードッグ
こんなところに置いといたら、お客さんが帰っちゃいます。
090.jpg


おまけ
ゆめふうりんをアップで。「ねながらおきなさい」は笑えるセリフです。
yumefuurin.jpg


続きは「「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その10)」にて。
このエントリは「「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その7)」の続きです。
No.071からNo.080まで。

No.071 どくさいスイッチ
すみごこちのいい世界にしようじゃないか。
071.jpg

No.072 神さまロボット
ドラえもんまでもなんだかありがたく見えてきます。
072.jpg

No.073 ペコペコバッタ
鼻から入るロボットをバッタ型にするセンスが好き。
073.jpg

No.074 ペットクリーム
某オヤジロックもペットになるのかな?
074.jpg

No.075 ビッグライト
スモールライトに比べると、こっちはシンプルなデザインなんですよね。
075.jpg

No.076 水よけロープ
海底から海面までリング状に水が避けてる様子は面白い。
076.jpg

No.077 CMキャンデー発射機
あまりキャンディーが入っているようには見えないのが残念かも。
077.jpg

No.078 桃太郎印のきびだんご
人間が食べても大丈夫とはいいますが…食べたのかな。
078.jpg

No.079 カムカムキャットフード
あのドラえもんに瓜二つのネコは一体…。
079.jpg

No.080 深海クリーム
英語で書かれているだけで子供のころはそれっぽく見えたものでした。
080.jpg


おまけ
ペコペコバッタを持つドラえもんのアップ。本当に表情豊かです。
pekopeko.jpg


続きは「「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その9)」にて。
このエントリは「「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その6)」の続きです。
No.061からNo.070まで。

No.061 透明マント
これまた何か企んでそうな表情です。
061.jpg

No.062 ころばし屋
依頼の取り消しに10倍のお金(※100円)がかかるところが面白い。
062.jpg

No.063 呪いのカメラ
間違えて押してしまったのでしょうか。
063.jpg

No.064 救命クッション
2011年放映分のアニメオリジナル道具。このラインナップに入ってきたのが少し不思議。
064.jpg

No.065 糸なし糸電話
携帯電話にすっかり代替されそうな道具ですが、「鉄人兵団」のような使い方も。
065.jpg

No.066 まあまあ棒
とても地味な道具ですが、個人的に好きな道具ベスト5に入りそうなくらい大好き。
066.jpg

No.067 エースキャップ
投げるときに帽子がずれ落ちないかしら。
067.jpg

No.068 バイバイン
くりまんじゅうの悪夢再び。
068.jpg

No.069 のぞみ実現機
調整が難しいのぞみ実現機。まだ試作段階な気がしますが、世に出してよかったのか。
069.jpg

No.070 あいあいパラソル
向かって左の人が右の人を好きになるので、ドラえもんに好かれることに?
恰好の写真撮影スポットになっていました。
070.jpg


おまけ
大好きな道具「まあまあ棒」を後ろから。
maamaa.jpg


続きは「「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その8)」にて。
このエントリは「「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その5)」の続きです。
No.051からNo.060まで。

No.051 キューピッドの矢
原作「ああ、好き、好き、好き!」では刺さるデザインでしたが、今は吸盤なんですね。
051.jpg

No.052 通りぬけフープ
脱出するときの定番。ちょっと小さくないかな?
052.jpg

No.053 ドロン葉
狸に合わせて作られてるので人間は使えないけれど、青ダヌキ ドラえもんは…?
053.jpg

No.054 正直太郎
ゲームボーイの「ドラえもん 対決ひみつ道具!! 」で故障する思い出。
054.jpg

No.055 ソノウソホント
意外とクチバシも似合う? かわいいような。
055.jpg

No.056 絵本入り込みぐつ
ドラビアンナイトでしずちゃんが入ったまま絵本が燃やされる展開にハラハラ。
056.jpg

No.057 スモールライト
宇宙小戦争をはじめ、定番中の定番。
057.jpg

No.058 スカンタコ
未来で道具をデザインしている人のセンスはすごいものがあるな、と改めて。
058.jpg

No.059 チューケンパー
「ひみつ道具博物館」では面白いシーンがありました。
059.jpg

No.060 N・Sワッペン
のび太がジャイアンを馬鹿にするあのお話。
060.jpg


おまけ
ソノウソホントのアップ。口は閉じた状態で、上唇の上に取り付けてるのがわかります。
055_.jpg


続きは「「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その7)」にて。
このエントリは「「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その4)」の続きです。
No.041からNo.050まで。

No.041 タンマウォッチ
時間をあやつれる道具は子供の頃も今も憧れです。
041.jpg

No.042 ココロコロン
道具の語呂の良さや言葉遊びは面白いですよね。
042.jpg

No.043 スーパー手袋
やはり手袋は付けてくれない模様。
043.jpg

No.044 ウマタケ
川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムに自生していますよね。
044.jpg

No.045 お手軽巻物
辛い修行をしなくても使えちゃうお手軽なあの道具。
045.jpg

No.046 ブラックホールペンとホワイトホールペン
これは雑誌の誌面企画で誕生した、読者のアイディアによる道具なんですよね。
046.jpg

No.047 タイムベルト
なにか良からぬことに使おうとしてるのでしょうか、アカンベー顔。
047.jpg

No.048 食用宇宙服
「ひみつ道具博物館」の初日舞台挨拶で鈴木福くんが欲しい道具にあげていました。
048.jpg

No.049 コンビパトボール
意外と大きい。宙を浮いてるところがぜひ見たいです。
049.jpg

No.050 コンピューターペンシル
そんなに多くはない、ジャイアンのパパが登場する話でお馴染み。
050.jpg


おまけ
コンビパトボールのアップ。少し不気味さもあるかも。
049_.png


続きは「「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その6)」にて。
このエントリは「「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その3)」の続きです。
No.031からNo.040まで。

No.031 ミニ雨雲
真っ黒な雨雲。良い天気ではなかったですが、降らなくてよかったです。
031.jpg

No.032 影切りばさみ
「かげがり」は結構怖い話ですね。
032.jpg

No.033 もぐら手袋
手に付けてくれてると面白かったのですが。
033.jpg

No.034 ゴルゴンの首
今年の「映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館」でも大活躍(?)です。
034.jpg

No.035 カムカムキャット
ちょっとイメージと造形が異なるような気も。
035.jpg

No.036 フエルミラー
どら焼きが少し…な感じ。
036.jpg

No.037 猛獣誘い寄せマント
なにか誘い寄せてしまったのか、逃げてます。
037.jpg

No.038 ウソ800
ちゃんとあのケースも一緒に。薄いケースだけど、収まるんですね、きっと。
038.jpg

No.039 郵便ロケット
まさかゾウを送るのにも使えるなんて。
039.jpg

No.040 救命イカダ
日頃から災害に備えておかないといけないですね。
040.jpg


おまけ
ウソ800の入っていたあの箱の裏側。ドラえもんモチーフ(というかそのまま)のデザインですが、しっぽは描かれていないようです。
uso800.jpg


続きは「「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その5)」にて。
このエントリは「「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その2)」の続きです。
No.021からNo.030まで。

No.021 空気砲
なんだか悪いことを考えていそう。
021.jpg

No.022 水圧銃
連続して攻撃系の道具。
022.jpg

No.023 窓景色切り替え機
ロープウェーからの景色はとてもきれいでした!
023.jpg

No.024 ワスレンボー
この表情も結構好きです。
024.jpg

No.025 時門
いつか出来るといいなあ、と思う道具のひとつ。
025.jpg

No.026 Yロウ
知らん!記憶にない!
026.jpg

No.027 ミチビキエンゼル
ゲームボーイソフト「ドラえもん 対決ひみつ道具!! 」ではお世話になりました。
027.jpg

No.028 ミニドラえもん
ミニドラえもんの大きさって結構まちまちな気がするのですが、気のせい?
028.jpg

No.029 季節カンヅメ
今は春ですが、秋のカンヅメ。
029.jpg

No.030 イイナリキャップ
展示の中でもトップクラスの背の高さ。
030.jpg


おまけ
ロープウェイもしっかり藤子・F・不二雄仕様になってました。
ro-pu.png


続きは「「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その4)」にて。
このエントリは「「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その1)」の続きです。
No.011からNo.020まで。

No.011 カップルテストバッジ
誰に付けるつもりなんでしょうか。
011.jpg

No.012 石ころぼうし
個人的にはもう少し盛り上がってるというか高さがあるイメージなのですが。
012.jpg

No.013 ドラマチックガス
No.13とNo.14は強羅公園。ケーブルカーで降りるのを忘れそうでした。
013.jpg

No.014 タイムふろしき
これから手品でも始めそうな雰囲気。
014.jpg

No.015 タケコプター
毎度おなじみ、説明不要のタケコプター。
015.jpg

No.016 なんでも操縦機
箱根町港にて。場所にちなんでの展示でしょう。
016.jpg

No.017 ロビンソンクルーソーセット
元箱根港にて。船を降りて写真撮って同じ船に乗って…で余裕がありませんでした。
017.jpg

No.018 ファンタグラス
レンズ部分はちゃんと半透明のパーツになっています。
018.jpg

No.019 忘れろ草
えーと、あれ、なんだっけ??
019.jpg

No.020 オールシーズンバッジ
秋の箱根もいいですよね。混雑しますけれど。
020.jpg


おまけ
タイムフロシキを後ろから。残念ながら裏面は見られませんでした。
014_.png


続きは「「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その3)」にて。
箱根エリアを中心に小田急電鉄株式会社、小田急箱根グループが主催したイベント「ドラえもん100展」。等身大のドラえもんフィギュアが全100個も展示されました。開催期間は3月9日から3月31日と短く、既に終わってしまいましたが、せっかく出かけてきたので記事に残しておきます。

No.001 オールマイティパス
これがあれば電車の乗り降りだって自由。いってきます!(実際は新宿は最後に行きました)
001.jpg

No.002 アンキパン
アンキパンというと九九のイメージが強いですね。
002.jpg

No.003 元祖ドラえもん
まだ耳のある黄色いドラえもん。詳細は把握していませんが、おそらく香港での展示の際には無かったと思います。
003.jpg

No.004 オモイデコロン
この等身大フィギュアにも効果はあるのでしょうか。
004.jpg

No.005 ムード盛り上げ楽団
このドラえもんの座り方、足がどうなってるのか気になります。
005.jpg

No.006 光ごけ
「竜の騎士」が印象深いですね。ビンの中身は見えず。
006.jpg

No.007 取り寄せバッグ
チェーンまで細かく作られてます。
007.jpg

No.008 名刀電光丸
刀を手にしてるのにまったく闘争心が感じられない良い表情です。
008.jpg

No.009 温泉掘り当てペアスコップ
展示されていたのは箱根湯本駅。温泉どころな点に合わせたのでしょうか。
009.jpg

No.010 上げ下げくり
画面表示はありませんでした。
010.jpg


おまけ
No.002 アンキパンの裏側は茶色一色でした。何枚切りか分かりませんが、端っこなんでしょうか。
002_.png


続きは「「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その2)」にて。
先月の話ですが、ドコモ回線の1つが2年契約の更新時期を迎えたのでauにMNPしました。au 4G LTE対応機種で高くなくて割と安定してそうなものが欲しかったのでGALAXY SIII Progre SCL21を選択。
S3Progre.png
SCL21はCPUにMSM8960(1.5GHz デュアルコア)を採用、RAMは余裕ありの2GB、ディスプレイは1,280×720ドットの4.8インチを採用しています。OSがまだAndroid 4.0.4なのは少しばかり残念な点。早くアップデートが来るとよいのですが。

一番の関心ごとでもあったau 4G LTEについては、私の行動範囲ではとても良好。家でも会社でも安定して下り25MBは出ていますし、通勤で使う電車でもLTEが入るエリアがほとんどなので特に文句は無いです。最近は少しずつ改善しているようですが、サービスイン直後にNTTドコモのXiを使った際にXiエリア内でも遅くてがっかりしたことがあったり、私の行動範囲ではWiMAXのスピードがろくに出ないこともあってLTEにはあまり期待していなかったので、失礼ながら感心しました。

s3_2.png s3_1.png
GALAXYシリーズの良いところの1つはFlipfontによるフォントの切替。rootを奪取せずにフォントが変えられるのは本当に嬉しい機能。ずっと前にGALAXY Tab向けに作成したVL Pゴシックのapkがそのまま使えたので早速切替ました。rootedな端末ではいつもVL Pゴシックを使っているので、揃っていると使っていて落ち着きます。

s3_3.png
タブレットを除くと、これまで使ってきたAndroid端末は最大で4インチのXperia Pだったので4.8インチを搭載したボディは大きすぎると最初は思いましたが、1週間ほどメインで使っているとすぐ慣れました。案外なんとかなるものです。ただ、約2年に亘ってメインで使ってきたXperia neo、Xperia Pの後釜に据えるには戻るキーとメニューキーの位置が逆な点にしばらく悩まされそうです。後は、大きさというよりはデザインや形状のせいだと思いますが、文字入力中などに母指球が戻るキーに触れてしまう点も気にはなっています。

アプリについては「GALAXY SIII Progre SCL21で無効にしたアプリ」で書いた通り多くのプリインアプリを無効にしました。root奪取したい理由の大半はフォントを変えたいこととプリインアプリを消したいことで占められているので、この2点が概ね解決するのはありがたいところ。

ドコモから発売されているGALAXY S3αと比較すると見劣りするし、間もなくGALAXY S4も正式に発表される頃なのでスペックが気になる人には微妙な感じ。多くの店でMNPなら一括0円、加えてCBも付いたりしているのが実情。今はウェルカム割の適用により月額基本使用料がかからないので、仮に使わなくなったとしたらLTE NETとLTEフラットを切ることで維持費を抑えられるのがありがたいところ。好みは分かれるところでしょうが、安価に入手しやすくそれなりに使える端末なので、ちょっとAndroid使ってみたいかもといった方には良い…のかも、と思います。
先月から使っているauのGALAXY SIII Progre SCL21。ここしばらくの間メインで使ってきた端末は海外端末かカスタムROMに入れ替えたものが大半だったため、プリインストールされているアプリの多さに驚いたりしたものですが、Android 4.0ことICSからはアプリを無効にする機能が標準搭載されているので、対象としたアプリを列挙してみました。なお、プリインの中でアンインストール可能だったものはアンインストールしたので、こちらには含まれていません。

3LM Seciroty
アプリ情報を共有
うたパス
おサイフケータイ アプリセットアップ
おサイフケータイ Webプラグインセットアップ
おサイフケータイ 設定アプリ
お気に入りのアプリ
お気に入りの連絡先
デュアル時計(アナログ)
デュアル時計(デジタル)
フェイスアンロック
マイファイル
AllShare Controller
AllShare Play
au Market
au Wi-Fi接続ツール
auウィジェット(コミュニケーション)
auウィジェット(ニュース)
auウィジェット(フレンズシェア)
auウィジェット(auおすすめ情報)
auウィジェット(周辺情報)
auウィジェット(天気)
auお客さまサポート
auスマートパス
au災害情報
Bubbles
ChatON
Deep sea
Eメール
Eメール設定
Flipboard
Luminous dots
mazec
Phase beam
Photo wall
Polaris Office 4.0
S Suggest
Samsung account
Samsung Apps
Samsung Push Service
SNS
TheNewsCafe
Topic Wall
Weather
Weather Main
Weather News Daemon
Windy weather
Yahoo! Finance
Yahoo! Finance Daemon
時計(デジタル)
時計(ファンキー)
時計(モダン)
辞典
取扱説明書 Galaxy SIII Progre

他にも消したいと思うようなアプリはあるにはありますが、root取ったりせずにこれだけ無効にできる自由度があるのは良いことだと思います。なお、プリインアプリを無効にするのは、設定→アプリケーション管理→無効にしたいアプリをタップ→「無効」ボタンをタップ、の手順で行えます。
siii.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。