--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月から販売を開始しているWiMAXモバイルルータ『Aterm WM3800R』をSo-net WiMAXで契約しました。本体カラーはSo-net WiMAX限定で取り扱われているモモフライトピンク。使い始めて1か月ほど経ったので感想がてらメモ。
WM3800R.png

WM3800Rの本体サイズは約90×52×12.8mm、重さは80g。従来機と比較すると容量比30%ダウンという小型軽量化の反面、連続通信時間は約8時間となっています。

WM3800Rの特徴は、まずUSB給電機能。WiMAXモバイルルーターでありながら、外部バッテリーとしてとっさの場合にスマートフォンへ給電することができます。ただ、そのためには通常の充電ケーブルと異なるケーブル(付属しています)を持ち歩かなければならないのが惜しいところ。また、前述のとおりバッテリーの持ちが良くはないので、日常的にバッテリー用途で使うには少し厳しい気がするのが本音。

特徴の2つ目は、休止状態のWM3800Rをスマートフォンから起動させることができる点。Androidなら、Aterm WiMAX Toolというアプリ、iPhoneならBluetoothの設定画面(Androidでもこの操作が可能)からの操作で起動させることができるので、カバンからWM3800Rを出したりする手間を省けます。これは実際に使ってみて結構便利ではあったのですが、あまりAndroid向けアプリの使い勝手がよくないのと、他のルータをこれまで使ってきたせいで取り出す手間に割と慣れてしまっていたため、あまり使ってません。

WM3800Rで一番うれしかったのは、バッテリー残量がパーセント表示されること。大抵のモバイルルータは3段階や4段階程度のピクト表示でバッテリー残量が表示されるので実際どれくらい残ってるのか分かりにくく不便に感じていましたが、WM3800Rは1パーセント刻みで表示してくれるので助かります。黒地に白のモノクロ液晶の視認性が高いのも好印象です。

WM3800Rを選ぶかどうかで悩むのはやはりバッテリーの持ちだと思っていて、そこさえクリアすれば、まあ選んでも良い機種かな、と思います。この機種の発売直後にシンセイ・コーポレーションからURoad-Aeroという機種が出ていて、こちらは74gという軽さながら連続通信時間12時間を実現しているので、今となってはこちらも気になるところですが、見た目等も含めて割と満足しています。


今回のWiMAX契約は、過去のegg、WM3500Rを含めて3回目。前回解約してから1年以上経っての契約で、WiMAXのエリア拡大もより進んでいるので期待していたものの、私の行動範囲に限って言うとあまり変化を感じられなかった、というのが正直なところ。今なお利用中のEMOBILE G4のPocket WiFi GP02の方がだいぶ安心して使うことができています。マップ上はしっかりエリア内であっても、少し建物の陰に入ってしまうと途端に通信速度がガタ落ちするのはWiMAXの特性もあるので致し方ないところですが、やはりモバイル通信環境がWiMAX1本だとキツいんじゃないかな、と思います。場所によってはかなりの速度が出ますし、キャンペーン等でそこそこ安く維持することができるので、ちゃんとSIMを挿して使っているスマホに加えて使うモバイルWi-Fiルータとしてなら、WiMAXもありですね。
スポンサーサイト
本日公開された「映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館」の初日舞台挨拶に行ってきました。
DSC_0609.png


舞台挨拶は、たくさんのひみつ道具が登場する今作品にちなんで「1番欲しいひみつ道具は?」の質問に答えていく形式で進められました。司会は、本作には登場しませんでしたが出木杉君を務めるテレビ朝日の萩野志保子アナウンサーでした。

スネ夫役 関智一さん
「僕はスネ夫と違って貧乏なので、かべ紙ハウスが欲しい。」
後述しますが、関さんは何度も場を笑わせてくれました。

ジャイアン役 木村昴さん
「ジャイアンといえばきこりの泉。家にあるものを全部入れて新しくしたい!」
ジャイアン声で1曲歌おうとして周りから止められる一場面もありました。

しずか役 かかずゆみさん
「しずかちゃんと同じでお風呂が好きなので、いつでも入られる温泉ロープ。」
かかずさんは横に立ったしずかちゃん(の着ぐるみ)に語り掛けるかのように話しているのが印象的でした。

のび太役 大原めぐみさん
「ヤリトゲが欲しい。今まで何でも中途半端にやりとげてきたので、ドラえもんののび太役は倒れるまでやり遂げたい。」
中途半端にやりとげ…については、「それってやりとげてないですよね?」と司会の荻野アナから突っ込みがありました。

ドラえもん役 水田わさびさん
「どこでもドア。どこでもドアがあれば(日劇だけでなく)全国の劇場をみんなで回れるのに。」
この仕事をする前から欲しいと思っていた、とも語られていました。

ドラミ役 千秋さん
「いろんな道具の中でも最強説が流れているもしもボックス。今開催されているWBCの試合が阪神の公式戦だったら、と言いたい。」
WBCの試合の盛り上がっぷりを羨んでのコメントで、阪神大好きっぷりを熱く語られていました。

マスタード警部役 松平健さん
「タイムマシンが欲しい。未来に行ってここにいる皆さんが大人になった姿を見たい。」
マスタード警部のコスプレをして登壇された松平健さんからは、とても大人な雰囲気の漂うコメント。

映画ドラえもん応援団
鈴木福くん「食用宇宙服。それを食べて宇宙に行きたい。」
鈴木夢さん「タケコプターで遊園地に行きたい。」
会場からかわいい~の声が湧いていました。

寺本幸代監督
「コピーロボットが欲しい。映画を倍早く作れるから…。」
結構ぎりぎりまで製作が続いていたようで、苦労を伺える一言でした。


一通り挨拶が済んだところで、怪盗DXからの挑戦状と称して「映画ドラえもんが大ヒットするのに必要な道具はどれだ?」と、10個のひみつ道具の中から選ぶコーナーがありました。答えはカムカムキャットでしたが、「ころばし屋で他の映画をころばせれば…。」と何やらブラックな発言もあったり。

7日にテレビ朝日で放送されたアメトーークに関して関さんが触れられ、「スネ夫にくめない芸人で紹介されてから外でみんなに見られちゃって…」と話し、会場を笑わせていました。また、終了後に舞台袖に消えていく際にも、「(TOHOシネマズ日劇は)いい劇場だね。パパに頼んで買い取ってもらおうかな。」と、最後まで笑いを提供してくれました。

時間の関係等で作品そのものについてはあまり語られる場面がありませんでしたが、寺本幸代監督からは「明るく楽しい作品を、と考えて作ってきた。私たちも楽しく作ることができた。」とのコメントを聞くことができました。

映画の感想はまた別の機会に改めますが、劇場ではここ数年の中で一番といって良いほど子供の笑い声を聞くことができました。寺本監督の想いの通り、明るく楽しい雰囲気の作品に仕上がっている証だと思います。
3月9日から公開される「映画ドラえもん  のび太のひみつ道具博物館」。今年もTOHOシネマズ日劇で初日舞台挨拶が予定されています。
日劇にて『映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館』初日舞台挨拶実施決定!
- TOHOシネマズ (archive

ゲストにはテレビで毎週お馴染みの水田わさびさん、大原めぐみさん、かかずゆみさん、木村昴さん、関智一さんの他、ドラミ役の千秋さん、ゲストキャラクターを演じる松平健さん、鈴木福さん、鈴木夢さん、そして「のび太の新魔界大冒険」や「新・のび太と鉄人兵団」でも監督を務めた寺本幸代監督が予定されています。

舞台挨拶という形式なのであまり深い話は期待していないですが、「新・のび太と鉄人兵団」のときの「大人だけのドラえもんオールナイト」で寺本幸代監督から関心深いお話が聞けたこともあって楽しみにしています。声優陣のお姿も、「のび太の恐竜2006」の初日舞台挨拶に足を運んだのを最後に他のイベント等で私は目にしてこなかったのでそちらも楽しみです。

3月2日の0時からインターネット販売、同日の朝から劇場でもチケット販売が開始され、24時間後には6割程度の埋まり方でまだ余裕があるように見えましたが、このエントリを書いている今現在(3月6日22時30分ごろ)は残り1割を切る60席前後のみの空きとなっています。興味のある方はお早めに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。