--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年4月にXPERIA neo 購入・使用レポートというエントリを書きました。そのとき触れた通り、当初Android 2.3.2だったXPERIA neoは、日本通信のb-mobleSIM U300に代表される所謂docomoのMVNOデータSIMでも電波状況(4本のアンテナ)、通信状況(3G/Hの表示と上下矢印)が表示されていました。しかし、後日行われたAndroid 2.3.4へのアップデートを行うと、電波状況の表示が無くなったばかりか、圏外時間100%でセルスタンバイがバッテリーを喰い、その上、黄色の三角形アイコンで通信できない旨が通知領域に常時表示されるようになりました。

表示の内容などに多少の差異はあれど、多くのAndroid端末で同じ事象が確認されており、その解決方法をまとめて下さっているブログがありましたので、お世話になってみました。ありがとうございます。
Android + データ専用 SIM での動作修正パッチ - ブローヴちゃん

以下はXPERIA neoで実行する場合の話です。手元の端末はAndroid 2.3.4の標準ROMでrootedなMT15iです。adb driver等は既にセットアップされているものとします。

1.ClockWorkMod Recoveryの導入
まずはCWM Recoveryの導入。お馴染みxdaからインストーラが入手できます。
Finally CWM Recovery 5.0.2.7-nAa-r2 for Stock Xperia Neo/Neo v [With Lock Bootloader]
ダウンロードしたrarを展開、端末をPCと接続してinstall-cwm1.cmdを実行します。普通はそれでよいはずですが、正常に終了してくれなかったのでバッチ内の必要なコマンドだけ直接実行しました。
C:\hoge\CWM-Install > adb start-server
C:\hoge\CWM-Install > adb push recovery /data/local/tmp
C:\hoge\CWM-Install > adb push recovery\chargemon1 /data/local/tmp/chargemon
C:\hoge\CWM-Install > adb shell chmod 755 /data/local/tmp/sh
C:\hoge\CWM-Install > adb shell chmod 755 /data/local/tmp/cwm-rec
C:\hoge\CWM-Install > adb shell su -c /data/local/tmp/cwm-rec
C:\hoge\CWM-Install > adb shell rm -r /data/local/tmp/*
C:\hoge\CWM-Install > adb reboot
SuperUser権限を途中で求められますので、端末側で許可してあげる必要があります。正常に導入されると、端末起動時のSonyEricssonロゴが表示されている間にボリュームダウンボタンを数回押してあげることでClockWorkMod Recoveryに入ることができます。

2./systemのmount
CWM Recoveryが立ち上がると、以下の写真のような画面になります。[mounts and storage]、[mount /system]の順に選ぶだけでよし。操作は、選択肢の上下がボリュームキー、決定がHOMEボタン、戻るときはBACKボタンです。[mount /system]でHOMEを押し、そのまま次の手順へ進みます。
DSC_0519.png

3.動作修正パッチの実行
GsmServiceStateTrackerにて、本来 ServiceState.STATE_OUT_OF_SERVICE が返ってくるところを ServiceState.STATE_IN_SERVICE に置き換えることで解決というか、回避しているとのこと。以下が参考になります。
Android + b-mobile データ専用 SIM で電界強度を表示する - ブローヴちゃん
非Deodex環境 [SO-02C] でセルスタンバイ問題を解決する - nunnun's weblog


『ブローヴちゃん』さんにてバッチが公開されているので、使用させて頂きました。展開した中にあるexecute.batを実行するだけ。「20120123a」を使用したので、バージョンにより挙動や文言に違いがあるかもしれません。

途中で何度か入力を求められますので、私は以下のように選択しました。
処理対象の Android OS の API Level を指定して下さい
Android 2.3.3~ : 10 : Gingerbread MR1
パッチの処理モードを選択して下さい
1 : Xperia シリーズで動作実績があり : (書き換え箇所は 2, 12 )
「緊急通報のみ」の表示を無効化する機能が使用可能です
0 : 変更しない

b-mobileSIM U300 (for Light Tab)で試してみたところ、以下のように。通信状況、セルスタンバイによるバッテリー異常消耗、圏外時間、通知領域の黄色アイコンなど、困っていた事象が解決しました。
screenshot_2012-01-31_0015.png
スポンサーサイト
めっちゃ、イー・モバイル! ちょっと言ってみたかっただけです、スミマセン。

1月16日までGMOとくとくBBでキャンペーンが実施されていたので、イー・モバイルの回線契約を申し込みました。(1月21日現在は別のキャンペーン期間となっています。)機器はPocket WiFi GP02を選択。下り最大42Mbps(ベストエフォート)の、EMOBILE G4 対応Wi-Fiルータです。

wmeg_00001.jpg

今回申し込み時のキャンペーンは、以下の内容。
・データ通信端末の代金無料
・初期費用・EMOBILE事務手数料無料・端末発送料無料
・初月の利用料無料
月額料金が2年間半額 ⇒ 2,120円

昨年11月頃にも、GMOのクーポンサイトである「くまポン」にてキャンペーンが展開されており、大よそは同じ内容だったかと思います。2年縛りの契約であり、中途解約すると残りの月数により33,600円から16,800円の解約料が必要になってしまいますが、契約に伴う初期費用が完全に無料な点と、毎月の利用料金が半額なのは大変に魅力的です。

契約時に選択できるプランは、Wi-Fiルータの場合、「イー・モバイル42M PocketWiFi接続サービス」と「EM42Mアドバンスド PocketWiFi接続サービス」の2つ。キャンペーンの適用により、前者は通常4,240円のところを2,120円で、後者は5,980円のところを2,990円で2年間利用できることになります。なお、2つのプランの差はプロトコル制限にあり、「イー・モバイル42M PocketWiFi接続サービス」では「 プロトコル制限詳細」に掲載されている条件での通信に制限されます。特に困るような要素は見受けられなかったので、私は「イー・モバイル42M PocketWiFi接続サービス」で契約しました。通常のWeb閲覧であれば問題ないでしょう。2つのプラン間で通信速度に違いはありませんし、通信量はいずれも無制限とされています。

今回イー・モバイルの契約に至った動機の1つは、NTTドコモのLTEサービス「Xi」docomoの回線を寝かせたい考えがあったこと。「Xi」スタートキャンペーンが2010年12月から長期間に亘って実施されており、定額データプランの「Xiパケ・ホーダイ フラット」の場合、通常5,985円のところを期間中は4,410円で利用可能でした(プロバイダ料金等は別)。でも、この価格が適用されるのは2012年4月30日まで。そのため、替わりとなる回線を探していました。端末代金(L-09C)が無料、初期費用不要に加えて商品券でxx,000円のキャッシュバックという条件で契約できたものの、月額料金が重なるとそれなりに負担となりますので。

商品到着から2日半ほど使用してみましたが、速度には特に不満なし。スマートフォンユーザ増加による影響か、お昼時のドコモ回線(APNはmopera.net)が最近目に見えて重たくなってきていたので、大変助かっています。一方、建物の奥の方にまで行くと電波が届かないことがあったりと、有効なエリアには若干の不安があるのも確か。日本通信のb-mobileSIM U300やイオンSIMと併用していくのが理想的かもしれないです。2月からはXi回線を寝かせ、試行錯誤していこうと思います。
KDDI、沖縄セルラーから、テンキーを採用したストレート型のAndroid端末『INFOBAR C01』が発表されました。発売時期は2012年2月上旬以降とアナウンスされています。

「INFOBAR」がBARタイプでスマートフォンに進化 | 2012年 | KDDI株式会社
「INFOBAR」がBARタイプでスマートフォンに進化 〈別紙〉 | 2012年 | KDDI株式会社
INFOBAR C01 | スマートフォン | au by KDDI
INFOBAR C01 | au
スリムなバータイプになった「INFOBAR C01」 - ケータイ Watch

infobar_c01.png

次にiidaシリーズの名を冠したAndroid端末が出るのなら『G9』あるいは『G11』がいいな等とこっそり考えていたところ、『INFOBAR A01』に続いてまたもINFOBARの投入と相成りました。『INFOBAR A01』に新色『CHOCOPINK』が追加されたのが2011年12月1日だったので、まさか2月発売(予定)の新機種にまたINFOBARが入るとは予想外でした。「BAR」を名乗りつつも全然「BAR」では無かった『INFOBAR A01』から打って変わって、『INFOBAR C01』は2007年発売のINFOBAR 2によく似た風貌をしています。目を惹くテンキーの配色もINFOBAR 2のそれです。

スペックに注目すると、3.2インチと昨今の主流路線に比べると小さいながらもFWVGAと十分に高精細なディスプレイ、800万画素のCMOSカメラ。ワンセグ、赤外線、おサイフケータイ、緊急速報メールなど、フィーチャーフォンからの移行ニーズにも応えています。3.5mmイヤフォンジャックを搭載していない点とワンセグ視聴時にアダプタが必要な点(いずれも付属品の「シャープmicroUSB-3.5φ変換ケーブル01」を使用)はINFOBAR A01から変化ないようです。デザイン上の観点からでしょうか。

個人的に『INFOBAR C01』で懸念していることは、テンキーにボタンが少ないこと。シンプルなデザインである一方で、数字キーを除くと「#」と「*」しか無いようです。そうなると、文字列の変換キーや文節区切り、カーソル移動はタッチパネルでの操作になることが予想され、使用感に一定の不安が残ります。テンキーと液晶画面の間にはAndroid特有の「MENU」「HOME」「BACK」キーが並んでいますし、「入力中にBACK押しちゃった!」なんてことになければよいのですが。この辺りは、ホットモックで実際に試してみたいところです。KDDI デザイニングスタジオまで近いうちに行ってみようと思います。

【原宿Kスタ】本日発表した機種は明日から原宿KスタおよびauNAGOYAで、 お試しいただけます。さらに、本日11時に紹介動画やブログをアップし ます。http://t.co/yjbEKF7E ( #2012_au live at http://t.co/hnK0qzTZ)
Kst_official2012/01/16 11:08:37

今回発表された5つのAndroid端末のうち国内メーカーは前述の『INFOBAR C01』のみだった点がとても印象深いです。残りの4つはSAMSUNG、LGエレクトロニクス、SonyEricsson、MOTOROLA。SonyEricssonのXperia acro HD IS12Sは発売中のXPERIA acro IS11Sと同じくワンセグやおサイフケータイに対応していますし、LGのoptimus X IS11LGもワンセグ対応しています。「ガラケー機能」などと総称されている機能も、日本メーカーだけの強みで無くなってしまう日もそうそう遠くは無いのではないでしょうか。

個人的にはMOTOROLA RAZR IS12Mが残念というか勿体無い感。グローバルモデルとしては昨年11月に発売された機種で、既に後継機であるRAZR MAXXへと話題は移っています。2012年3月に新発売するには目立った点も無く、その意図が分かりかねるところ。個人的にMOTOROLAは好きなメーカーなので、ここで他メーカー端末に埋もれず、次に何とか繋いで欲しいです。

INFOBARブランドの端末が短期間で2台目となったことはある意味ショックでしたが、Android端末が短いスパンで多くのメーカーから次々に投入されているのは今に始まったことではありません。新製品として注目されるのも短い期間ですし、その中で差別化を図るのは重要なこと。ワンセグ、赤外線、おサイフケータイなどはその分かりやすいところではありましたが、国内メーカーに的を絞ると最近の大半の端末に今は搭載されている現実。次のターゲットの1つが高速通信(WiMAX, Xi)かと思いますが、まだまだ発熱やバッテリー持続時間の課題があるようです。そんな中で、テンキー採用端末は一定の需要が見込めるし、INFOBARのブランド力もとても強いものだと思っています。発売後の評判が楽しみです。
ここ2年くらいで、気に入ったアニメ作品をBlu-rayで数点購入しました。『イヴの時間』とか『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とか。2011年末には『映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団』がドラえもん初となるBDで発売され、当然購入。ということで、BD再生環境がいよいよ欲しくなってきました。買ったはいいけど、BD再生機器は1つも持っていなかったのです。

ということで年末にBDドライブを買ってきて増設。「積みプラ」や「積み本」ならぬ「積みBD」が視聴できるようになりました。が、喜んだのもつかの間。うちの構成だと激重で、再生こそ可能なものの、他の作業がまったくできない状況。仕方ないのでもう少しお金を手をかけることにしました。

前回自作したのが2007年で、それ以降まったくCPUの話題とか取り入れていなくてちんぷんかんぷん。PC関連のニュースサイトをちらちら眺めて、スペックシートと通販サイトでの価格と、何となくの気分でポチポチ。「パーツ買い換えなきゃダメだな」と思ってから誇張抜きで、30分ほどで構成決めて注文。

パーツ選定を面倒くさがっている時点で「自作に絶対向いていないタイプ」なのは重々承知してますが、組むだけは組みたい困ったやつなのでごめんなさい。結局こんな構成になりました。白背景が元々の構成。矢印後が新しい状態。「〃」の箇所は変更されていません。リンクは全てメーカーサイトです。
プロセッサ AMD AthlonX2 BE-2350
⇒ AMD A8-3870K
マザーボード MSI K9AGM3-FIH
⇒ GIGABYTE GA-A75M-UD2H
メモリ DDR2-800 2GB x 2
⇒ DDR3-1600 4GB x 2
CPUファン Scythe 刀2 SCKTN-2000
⇒ リテールファン
FD/メモリカード Owltech FA404M
⇒ 〃
DVDドライブ ASUS DRW-2014L1T
⇒ 〃
BDドライブ なし
⇒ LG WH12LS38
OS Windows 7 Professional 32bit
⇒ 〃
ケース Antec Sonata Designer
⇒ 〃

BDドライブ増設だけで簡単に済ませるつもりが、ほぼ総入れ替え。CPU(APU)、M/B、メモリにBDドライブ、合わせて30,000円くらいなので、まあ良しとします。メモリが思いっきり無駄になってるので、Windowsはそのうち64bitで再インストールする予定。元のHDDにそのまま繋いで起動させたら、すんなりネットワーク経由で再認証されてしまったので、若干面倒になっているところだったりします。

予定から大幅に変わってしまいましたが、現状満足なのでそれで良し。今年はBDがちゃんと見られます。余っちゃったパーツに、ケースとHDDを買ってくればそのままで1台出来上がりそうだけど、それは追々、気が向いたら。A8-3870Kも、記事を読んでいると色々と楽しそうなので、追々。予定は未定。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。