--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月22日、小田急線で運行されている特別電車「F-train」の運行終了が発表されました。運行終了は9月30日で、8月3日の運行開始から2ヶ月足らずでのお別れになってしまいました。

運行開始関連の記事
『小田急F-Trainトレイン』8月3日(水)より運行開始(PDF) - 小田急電鉄
両開き"どこでもドア"から「ぼくドラえもん!」 - 「小田急F-Train」発表会 - マイコミジャーナル(魚拓

運行終了関連の記事
特別電車「小田急 F-Train」の車体ラッピングの終了について - 小田急電鉄
小田急線「藤子・F・不二雄」ラッピング電車、都条例抵触で運行終了へ - 新宿経済新聞(魚拓
小田急電鉄の「小田急F-Train」、都条例抵触発覚で車体ラッピング終了・内装は継続 - サーチナ(魚拓

おおざっぱにいうと東京都屋外広告物条例により、「F-trainのラッピングは広告である」「許可申請が必要である」「広告は車体1面の10分の1以下でなければならない」という観点から運行終了せざるを得なくなったとのこと。藤子・F・不二雄ミュージアムの名称、ラッピングに使用されている作品の名称等は掲示されていないことや、広告料をもらっていないことなどが重なり、小田急電鉄側は「広告と認識していなかった」のが結果としてよくない方に出てしまったようです。認識していればきちんと手順を踏んでいたことでしょう。

条例で規制されるようなものなのか、とやるせない気持ち、残念な思いで一杯ではありますが、屋外広告の定義上は文字を含まずとも、写真やコーポレートカラーなどの”一定のイメージを与えるもの”は対象であり、また、それが非営利であっても同様であるというのは、東京都に限らず他の府県の条例を見ていても同じ考えなようで、ルールがあってNGといわれた以上はどうしようもないのでしょう。

企画の立上げや車両のデザインに製作作業など、かなり以前から多くの関係者の苦労があって運行にこぎつけたのだと考えると何とも言えない気持ちになってしまいます。所定の手続の上で同様のプロジェクトが再度立ち上がってくれるのが理想ですが、特に広告目的でもないという背景から、実現するのは困難なのかもしれません。今後F-trainに準ずるもの、あるいは別の特別電車で同じような”事件”が起きなければよいな、と切に願います。

なお、F-trainの運行にあたり”f-train.info”というドメインで特設サイトが用意されていましたが、今は見られなくなっています。Googleキャッシュで9月26日22時30分現在は一部(小田急 F-Trainとは|小田急 F-Train 出発進行!など)がかろうじて見えますが、いずれ消えていくことと思われます。


さて。唐突ですが、まだ目にしていなかったので、本日F-train目当てにでかけてきました。運用情報をTwitterで流して頂いた方々、ありがとうございました。小田原駅発の電車を登戸駅で待ち、乗車。終点の新宿駅間際では車内アナウンスでも「ただいまお客様がご乗車しておりますイベントカーF-trainは東京都の行政指導により9/30で運転を取り止めいたします。」と流れていました。新宿駅での出発までの間、年齢を問わず多くの方がケータイやデジカメで写真撮影に興じている姿が見られました。

新宿駅から発車する様子をビデオに収めてお別れ。その様子を上げておきます。登戸駅の方が屋外で明るく、もう少しマシに撮れていましたが、人が映っていたので動画は新宿のものだけ。電車撮るの初めてだし、スマートフォンで保存するつもりの動画を撮るのも初めてなので残念な感じだと思いますがご容赦ください。(「「小田急 F-Train 運転」に関するブログ - 鉄道コム」で探すと、手馴れた方が撮った写真を沢山拝むことができます。)残りの日数からしてもう難しいけれど、もう一度見たいものです。


スポンサーサイト
9月17日にオープンしたばかりの『カップヌードルミュージアム』にさっそく行ってきました。

オープンから大盛況な上に各種雑誌でも取り上げられているようで、しかも前日の24日には某テレビ番組で紹介されたらしく、その影響もあってか早い時間から行列。お昼頃には2時間待ちとのアナウンスがされていたようです。当分は混雑が続くと思いますので要注意。

なお、事前に体験会「チキンラーメンファクトリー」への参加をネット予約している人は、その開始時間の45分前になると優先的に入館させてくれます。私はオープン前の8月末に予約をしていたので労せず入館することができました。予約した頃にはミュージアムの開館がまだ知れ渡っていなかったのか、土日祝日も余裕があったのでここまでの混雑は予想しておらず、結果的にはラッキーだったと思います。

インスタントラーメンヒストリーキューブ

展示コーナーに入ると目を惹くのが「インスタントラーメンヒストリーキューブ」。1958年のチキンラーメン第一号から今現在に至るまで、膨大な数のインスタントラーメンが展示されています。自身で口にしたものはそう多くないのですが、CMや店頭で見た覚えのある商品が見つかったり、こんな味のカップヌードルがあったのか!と新たな発見も沢山ありました。

ドラえもんおかしメン パーマンおかしメン

個人的にはこの辺に目を奪われました、ってことで藤子Fキャラな「おかしメン」。こんなものがあったのですね。

ドラえもんラーメン

しつこいですが、もういっちょ。名前もそのまんまな「ドラえもんラーメン」。こちらはアニメ絵。パッケージを見るとドラえもんカマボコが入っているみたいで、とても気になります。

通常のいわゆる展示は前述の「インスタントラーメンヒストリーキューブ」と、インスタントラーメンを発明した安藤百福氏を紹介する「百福シアター」やその研究小屋の再現コーナー、氏の生涯を辿る展示など1フロア。これはこれでそれなりにボリュームはあるんですが、2時間ほど並んで見るにしては少し物足りない気がします、特に子供さんには。ということで、予約するか早くから行くかして参加型の展示/アトラクションを体験することをおすすめします。

チキンラーメンファクトリー

今回の目玉。ネット予約が必要な「チキンラーメンファクトリー」。お馴染みのチキンラーメンを小麦粉をこねる工程から体験できます。予約が必要なほか、未就学児はダメ、2人1組での参加(ペア作業です)、小学1~3年生には中学生以上がペアで無いとダメ、など色々と条件はあるのでその点は要注意。

DSC_0240.jpg

調理中は手に粉が付いたり、衛生的な意味でも写真が撮りづらいので写真が一気に最後の工程に飛んでしまいました。揚げるところは危ないのでスタッフが担当しますが、そこまでの工程は参加者自身の手で行えます。作り方については公式サイトにて映像で紹介されています。

DSC_0230.jpg

そしてチキンラーメンの袋。寝かせたり揚げたりしている間、中央の白い部分にイラストを描くことができます。色とりどりのマーカーを手に、小さな子供たちも楽しそうに絵を描いていました。子1人に母親のペアが一番多そうでしたが、子2人に両親、カップルだか若い夫婦だかもいました。と、描いてる間に時間は過ぎて、袋にできあがった麺を封入して、オリジナルのチキンラーメンの完成です。完成したところは、センスもへったくれもないイラストが描いてあるのでアップしません、できません。ぜひぜひご自身で!


他に体験型としては、自分でデザインしたカップにスープとトッピングを選んで作ることのできる「マイカップヌードルファクトリー」、小学生以下に限定した体感型アトラクション「カップヌードルパーク」、8カ国の麺料理を味わえる「ワールド麺ロード」があります。「ワールド麺ロード」では、ハーフサイズと量は少ないながらも一食300円と、この手の施設にしてはお手ごろ価格で色々な味を楽しむことができます。

ということで『カップヌードルミュージアム』楽しんできました。まだまだ混雑は続くと思いますが、とても楽しく遊び、そして学べる施設だと思います。
ドラえもんの誕生日の9月3日。当日は『川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム』の開館で話題が持ち切りでしたが、同じ日にドラえもんとのび太の素敵なフィギュアが発売されました。『ドラえもん』は硬派(?)なロボットでラインナップが揃った"ROBOT魂"から、『野比のび太』は特撮系をはじめ戦うヒーローものが主な"S.H.Figuarts"からの登場です。

ROBOT魂 ドラえもん ・ S.H.Figuarts 野比のび太 - 魂ウェブ
藤子・F・不二雄作品の国民的キャラクターを商品化 - BANDAI プレスリリースPDF

迷うことなく購入してしまいました、これは本当におすすめ。稼動部分の多いドラえもん系のフィギュアってあまり無くて、せいぜい「肩が回って、足の付け根が曲げられて、首が横に回る」くらい。でも、このROBOT魂とS.H.Figuartsはグリグリ動きます。関節もよく曲がるし、首の稼動範囲も大きいし、差し替えパーツで表情も手も多くのパターンが楽しめます。

写真を交えてあーだこーだ紹介したいところですが、写真は苦手なもので…。回し者では無いですが、玩具のネット通販で有名な『あみあみ』さんの公式ブログ『あみブロ』に素晴らしい写真付きレビューが載っておりますので、ぜひこちら⇒(101年後にもまた会おうね。「ROBOT魂 ドラえもん」&「S.H.フィギュアーツ 野比のび太」2体同時レビュー!)を閲覧して頂きたいと思います。紹介文もフィギュアのポージングも、とても購買欲をかき立てられる、素敵なレビューです。

ドラえもんとのび太とピー助
注:ピー助は付属品ではありません

ということで写真は1枚だけ。昨日遊びに行った『川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム』限定のガチャガチャで「ピー助」がダブったのでストラップチェーン外して一緒に撮ってみました。首の向きがアレなのでちょっと構図が無茶かもしれませんが、大きさはちょうど良い感じ。色々なポーズが楽しめるので、おすすめの商品です。
2011年9月3日よりオープンした川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきました。9月11日12時の回です。軽くネタバレしているので、新しい気持ちで入館する日を迎えたい方はご注意ください。チケットの話は『川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムのチケット一般販売開始』に軽くまとめてみました。詳細は『川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム』の公式サイトでご確認ください。

私が行ったのは日曜日で、「平日は空いてるんだろうな、いいなー」という思いがあったのですが、平日に行った人によると今のところそんなことは無いようです。よくよく考えると完全予約制なので、前売券が完売なら土日だろうが平日だろうが関係なく同じ人数が入館するので当たり前ですね。学生など、平日に都合を付けやすい方が集中して平日に来ているようです。なので、各施設の混雑も同等だと思っておいた方が無難かと思います。

藤子・F・不二雄ミュージアム


さて。入場するとまず音声ガイド端末「おはなしデンワ」が1人に1つ手渡されます。展示物ごとに作品や時代背景に沿ったガイドを聴くことができ、展示物をより一層楽しめます。これは大人用と子供用で音声の内容が異なるそうで、スタッフさんから「大人用でよろしいですか?」と確認の上で渡されました。今回は無難(?)に大人用にしましたが、次に入館するときは子供用をぜひ借りたいと思います。

受付を過ぎると1階の展示室I。代表作品のカラー原画を展示する常設エリア。室内は暗めに設定され、原画と複製原画を交互に展示することで、貴重な原稿の劣化を防いでいるとのこと。複製原画の場合は額縁にコピーロボットのステッカーが貼ってあります。兎にも角にも、色使いや線の運び、そして修正の跡にため息が漏れるばかりでした。

展示室Iから展示室IIの間には先生の作品年表や貴重な品々が展示されていました。この辺りは「おはなしデンワ」の解説がありがたいです。ガイドのBGMも、きちんと場面場面、時代に合った、解説にあったBGMが藤子・F・不二雄先生の作品以外もきちんと使われていたのが印象深かったです。先生の机の展示の先はいよいよ2階へ。

2階に上がるとまずは見慣れないキャラクターが。入り口で配られる3つ折パンフレットにも「初公開」と書かれています、お楽しみに。2階には展示室IIがあり、こちらは企画展示スペースとのことで、開館日からは有名どころの作品の各第1話の原稿が展示されています。展示されている全作品では無いですが、1話分の原稿がまとめて展示されているものもあり、初めて作品を目にした方も楽しめることでしょう。企画展示がどのようなスケジュールで入れ替わっていくのかは不明ですが、当面は現在の展示が続いているのかと思います。

2階の屋外には「きれいなジャイアン」でお馴染みの「木こりの泉」をモチーフとした展示が。テレビでのミュージアム特番等でも取り上げられたようですし、宣伝ムービーでも見かけました。たまたまなのか、私がミュージアムにいた時間帯では、この「きれいなジャイアン」のところが一番並んでいましたので、今回はスルーしてしまいました。また来ると思うのでそのときにでも。ちなみに、この辺で周りを見てみると何かあるかもしれないですね。

展示室の先に戻ると、広くはないもののSF短編のコーナー。「みどりの守り神」の原画と共に環境問題に対して短くも力強く語る映像が流されていました。そしていよいよ次が最後の展示。あえて内容には触れませんが、うまく最後に持ってきたなあとミュージアムのスタッフに感心しながら、温かな気持ちで展示エリアを抜けました。ここまで約1時間30分。特にゆっくりでも早くでもないスピードで見て廻ったつもりで、音声ガイドも展示に合わせて全て聞いたと思います。

ここから先は原画展示以外を好きに廻れるようになっています。Fシアターなど一部を除き、写真撮影も解禁です。私達はミュージアムカフェで予約をして、ショップなど他の場所を廻ることにしました。ミュージアムの予約は、先週は名前と人数を書く方式だったようですが、今日は名前は言わず、人数だけ伝えて整理券を受け取りました。変わったのかも。ガチャガチャをやったりプリクラを撮ったりしつつ、まだ時間があるのでミュージアム限定のショートムービーが観覧できるFシアターへ。こちらは入場時にもらったチケットで1回のみ観覧することができます。

Fシアター

私のもらったチケットはこれ。絵柄は相当な数が用意されているようで、なんでも数十種類はあるとか。1回の入館で1枚しかもらえないので、これは次の入館が楽しみになります。ショートムービーはお祭り的な雰囲気で楽しむことができました。あんなキャラこんなキャラが生きてる!(←?)動いてる!とついつい興奮してしまいました。ここでしか見られないムービーなので入館の際はお忘れなく。

はらっぱ

それから3階、屋上のはらっぱ。屋上といいつつも、裏山にそのまま続いている雰囲気で、街の方を振り返らないと建物の上にいるのを忘れるような素敵な空間。地形を活かしてうまく作ってあります。オブジェがいくつか展示されていて、ここは絶好の記念撮影スポットになっています。土管もあって、子供達のよいおもちゃに。

あんきパン

そうこうしている間にちょうどよい時間に。カフェは案内されたとおり、約70分待ちで入ることができました。他にも頼んだんですが、写真はアンキパンなフレンチトースト。これで九九は大丈夫。カフェは工夫を凝らしたメニューも面白いんですが、食器類も可愛らしくてよいです。紙ナプキンとかコースターとかも。これはぜひ現地で。そんな1時間とか待ってられないという方は、すぐ隣のテイクアウトコーナーが比較的空いていたのでそちらがおすすめです。テイクアウト用にも工夫を凝らしたメニューが用意されています。

というわけで、2回目はまだ未定ですが、ミュージアムに初めて行ってきました。開館前には「所謂オタク層に媚びたミュージアムも嫌だし、子供向けに徹されてしまうのも何だかアレだし、その辺のバランスどうなってるんだろうなあ」と気にかかっていたのが正直なところですが、いい具合に払拭されました。子供が楽しめるのはもちろん、大人も楽しめる。藤子・F・不二雄先生の作品に対して感じている思いと共通するところがあります。本当に嬉しいことです。

今馴染みのある「ドラえもん」以外の作品の前で「おはなしデンワ」を耳に解説を聞いている小さなお子様や、「まんがコーナー」で大全集を読みふける子供達を見るととても嬉しい気持ちになれます。一方で、展示し切れていない原画が多数所蔵されていることで、企画展にも大きな期待が膨らみます。一時期からは想像できないほど、書店で入手できる作品が大幅に増えた昨今の状況、そんな中の藤子・F・不二雄ミュージアム開館。この大盛況が続くと共に、新しく藤子・F・不二雄作品に興味を覚える人が増えることを願っています。
中野ブロードウェイにある『pixiv Zingaro』にて『なかよし表紙100展』というイベントが行われているとの情報を一昨日仕入れ、さっそく行ってきました。

なかよし表紙100展 - pixiv Zingaro (魚拓
「なかよし表紙100展」初日レポート - pixiv Zingaro Blog
「なかよし」の歴史が一同に――『なかよし表紙100展』が開催中 - ピクシブ通信
歴代の表紙が一面に、「なかよし表紙100展」開催中 - コミックナタリー

DSC_0035.png

展示スペースはそれほど広くは無く、壁一面文字通りの表紙!表紙!表紙! 創刊号から最新号までのうち、厳選された100枚が一堂にズラッと並べられていました。『なかよし』は1954年12月(1955年1月号)創刊だとのことなので実際には全部でこの5倍以上の表紙が存在するわけですが、それでも圧巻です。

DSC_0043.png

私の購読していたのはこのあたり。表紙になっている作品そっちのけで、小さく書かれた猫部ねこ先生の『きんぎょ注意報!外伝 ウシウシわーるど』とか、『きらら音符(ノート)』を発見しては一人興奮。一緒に行った彼女さんとも、立山京先生の『トマトな一日』が『なかよし』としてはものすごく(色々な意味で)異色な作品だったけど面白かった(※単行本化されていない)とか、あべゆりこ先生の『わんころべえ』の長期連載具合がすごい、とか、付録のモコナのシャープペンシルとか、『魔法騎士レイアース』や『怪盗セイント・テール』の付録トランプだとか、色々と思い出しては盛り上がっていました。

なかよし1996年6月号

これだけクリックで拡大。小坂理絵先生の『とんでもナイト』が、あの一世を風靡した『カードキャプターさくら』と同じ1996年6月号で連載開始していたとは、記憶になかったです。『さくら』が「話題独占の新連載!」で『とんでもナイト』が「ハイパー新連載!」となっています。しかし、連載ラインナップが本当すごい。『あずきちゃん』、『怪盗セイント・テール』、『美少女戦士セーラームーン セーラースターズ』に加えて新連載で『カードキャプターさくら』…。

この号の表紙を見ると、『怪盗セイント・テール』は確かに大好きだったけれど、その他の超有名作品よりは猫部ねこ先生の『あいりんドリーム』、野村あきこ先生の『プライベート アイズ』、川村美香先生の『タイホしてみーな!』、そして散々推している小坂理絵先生作の『とんでもナイト』の方が好きだった…ですね、当時。小坂先生と猫部先生の既刊単行本は揃えていますし、短期の連載でしたが川村先生の『やまとなでしこ同盟』も大好きでした。

上の表紙にも大きくタイトルが載っている立川恵先生の『怪盗セイント・テール』が新装版として発行されるそうで、同作品の複数原画も8点飾られていました。最終話のあの名場面も…! その他、少し大きめの机とその壁には懐かしの付録を数点展示。展示されていたシールコレクションって確かにありました、持ってました。勿体無くて貼れなくて、でも気付くとどこか行ってしまって…。今思えば惜しいことをしたものです。

また、展示スペースの隅にはテレビが1台置かれており、「なーかーよし~♪」のサウンドロゴでお馴染みのCMが延々と再生されていました。何パターンを流しているのか分かりませんでしたが、見覚えのあるCMや付録がたくさん出てきて、見ていて飽きませんでした。あのCM集がその場でDVDにでもなって売っていたら間違いなく勢いで買ってしまっていたと思います。これに限らず、そういったCM映像集ってどこかでドカンとまとめて見たいものですね。

ということで写真少な目ですが思いの他楽しめたイベントでした。同世代の仲間と行くとこれは楽しいと思います。開催期間が短く、8月25日から9月6日とのことなので残すところ本当に僅かですが、都合の付く方は足を運んでみて下さい。何周年かの記念でまたこういうイベントがあると嬉しいです。

なかよし表紙100展
講談社の『なかよし』で1998~1999年にかけて連載された、小坂理絵先生の『ヒロインをめざせ!』が、Jコミというサービスで無料にて公開開始されました。
小坂理絵の戦隊コメディ「ヒロインをめざせ!」を無料公開 - コミックナタリー
ヒロインをめざせ! - Jコミ (配信サイト)

小坂理絵先生は2007年序盤にご自身のサイトにて「なかよしを辞めることに」なった旨を発表されました。このブログでも「復帰まもなく」として取り上げましたが、そのことが本当に残念でなりませんでした。小坂先生はそれまでも作品の掲載をしばらくお休みされていましたが、2006年に刊行された『なかよしラブリー2007冬の号』に『山田さん』の新作が掲載され、復帰されたんだ!と喜んでいた矢先の出来事だったので、余計にショックが大きかったのを覚えています。

以前も書いたような気がしますが、一時期『なかよし』や『りぼん』を毎号購読していた自分にとって、その中でも小坂理絵先生は一番好きな少女漫画作家さん。突き放したようなギャグと時折混じる黒いジョーク、かわいらしい絵、そして全体的にキラキラした作風では無いのですが、しっかりと恋愛要素も織り込まれていて、そのバランスの良さは秀逸だと今でも単行本を繰り返し読んで思います。でも残念なことに小坂先生の作品は今現在おそらく全単行本が絶版の扱い。手軽に手に出来ない状態がこう続いてしまうとやはり寂しいものがあったので、今回の発表は非常に嬉しいです。

Jコミでは小坂先生の作品のうち単行本で全2巻の『ヒロインをめざせ!』が無料公開。『魔法先生ネギま!』などで有名な赤松健先生が春先にTwitterで呟いていたのがRTされてきてJコミのサービス開始は知っていましたが、恥ずかしながらサービス概要は把握しておりませんでした。絶版となっている作品をブラウザ上で閲覧できる電子書籍で配信するサービスで、広告収入を作者に還元している、ということです。

また、赤松先生は本日、以下のつぶやきをされていました。まったく存じておりませんでしたが、赤松先生の漫研の先輩でもあったのですね…。思いもよらぬ情報でした。

【Jコミ】漫研の先輩である、小坂理絵先生の『ヒロインをめざせ!』(全2巻)を公開しました。1998年より「なかよし」にて連載。今は漫画家を引退され、育児などでご多忙とのことです。 http://t.co/wEXX4aq #heroine_wo_mezase #jcomiless than a minute ago via web Favorite Retweet Reply



関連リンク:
小坂理絵先生の「セキホクジャーナル」、Jコミで無料公開開始
小坂理絵「くまの遊歩道」トップページ
Jコミ | ヒロインをめざせ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。