--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一部の国内Android端末が対応している「おサイフケータイ」機能。これまではモバイルWAONやビックポイントなど、一部のサービスにしか対応していませんでしたが、本日提供されたアプリにより、ようやくEdy対応となりました。

ビットワレット社: 新着情報 | Edyがスマートフォンに対応しました
Android Edyアプリ

アプリはAndroidマーケットで「Edy」等を検索ワードに入手することができます。おサイフケータイ対応のAndroid端末を持っていないのでアプリの使い勝手の良し悪しは分かりませんが、一応、非対応機種でもインストールは可能でした。もちろん使えません(笑)。現在発売中の対応機種は、auのIS03、docomoのLYNX 3DことSH-03C、REGZA PhoneことT-01C、Softbank mobileのGALAPAGOS 003SHといったところでしょうか。シャープと東芝の今冬モデルですね。2月発売予定のauのIS04も対応しています。

コンビニ等の店頭のチャージ端末を利用してのチャージ、クレジットカードからのチャージや残高確認など、基本的な機能はもちろん搭載されています。また、使うかどうかは利用者次第ですが、HOME画面に残高が一目で分かるウィジェットを貼り付けたり、使用履歴をTwitterにツイートしたりすることも可能なようです。また、今春にもオートチャージ機能に対応予定とのことで、Edyを頻繁に利用する人には便利そうです。この他にも新サービス・機能の提供が予定されています。

Edyもそうですが、Suica等の交通系のサービスに対応していなかったことで、「おサイフケータイ対応」とはいっても何かが大きく不足している感じがこれまでありましたが、徐々にサービスが整ってきました。自分はおサイフケータイ利用者じゃないし、周りにもあまりいないので、「スマートフォンのおサイフケータイ対応」にどれほどの訴求力があるのか正直ピンと来てないです。少なくとも、今現在Android端末を入手して利用している人は、2台持ちとかでない限りはEdyやSuicaを使ってない(使えてない)わけで。ヘビーな おサイフケータイユーザーはまだ乗り換えられる時期では無いと思うので、IS03やSH-03C、T-01Cが好調だというのは、「おサイフ搭載機種だから」では無いんだろうな、という気がします。なんにせよ、国産Android端末は既存のケータイ機能ならびにケータイユーザの取り込みの方向で進んでいるようなので その狙いの効果が表れると良いのですが。
スポンサーサイト
2010年10月にAndroid対応のSkypeアプリが全世界に向けて公開開始されました(ニュースリリース:Skype for Android™ Now Available - About Skype)。Androidマーケットから手軽に入手できるのですが、非常に残念なことに日本と中国は公開対象外。ただし、auはIS03の発売に合わせて「Skype au」を提供開始。Skype au対象機種であれば国内においてもPCやiPhoneとのSkypeによる通話が可能、という状態でした。

そんな背景があって、docomoやSoftbank mobileから販売されているAndroid端末ではSkypeが使えませんでしたが、本日2011年1月27日、ついに日本国内からもAndroidマーケット経由でSkypeのダウンロードが可能になりました。
Skype_Android

ということで早速インストールして、FOMA網でPCとの通話が可能なところまで試しました。これまであまりSkypeは活用していなかったので、個人的には「これですごく便利になった!」ってわけでは無いですが、使えるのと使えないのとは大違いなので、これは嬉しいですね。

そもそも昨年のアプリ公開時に公開対象から日本が外された理由と、このタイミングで解禁された理由が分からないのが何とも言えないところではありますが、素直に喜んでおくとします。

過去の関連エントリ:commonplace days | IS01にSkypeの提供開始
N905iμを使い始めました。カラーはOpalWhite。白ロム市場で長い間あまり値下がりしていなかったと思うのですが、昨年終盤から相場が落ち着いてきたように見えたところで外装交換品を購入。まだ前の端末の使用期間が短かったので、年明けまで寝かせていました。ドコモでのメイン用途のフィーチャーフォンとしては新規契約時のN706i、白ロム新品購入のN-04Aに続いて3台目となるNEC端末。
N905iμ

なんで今さら2007年冬モデルなのかというと、前々から欲しかったから…だけ。ドコモの2010-2011冬春モデルの中に惹かれるものが正直1つも無かったことも背中を押しました。古いと言えば古いですが、最薄部12.9mmに約106g、一般的な折りたたみモデルとして今時分の薄型軽量モデルと遜色ないコンパクトさ。明るめのホワイトと縁取るように配されたブラックの組み合わせで落ち着いた印象も好きなところ。黒地白文字の背面液晶は小柄ながらも視認性は高いですし、よく出来た商品だと思います。

N905iμの系譜というか、N905iμ、N906iμ、N-02A、N-08A、N-09A、N-01B、N-05B、N-01C…と端末デザインは未だに(たぶん)受け継がれているようで、気に入っている身としては嬉しいところ。男性向けっぽくなったり女性向けっぽくなったり、キーバックライトが派手になったり、Felicaが背面に移動したりと色々変わってはいますが、似た雰囲気は感じられます。

冒頭で書いた通り、N706i→N-04A→N905iμと使用順序はおかしいですし、90xシリーズと70xシリーズの位置づけの違いはありますが、これらのモデルを使ってみて感じるのは「あまり変わっていない」ってことです。もちろん、動作速度が機敏になっていたり、カメラの性能が向上してたり、絵文字の入力方法が改善されていたりと、ブラッシュアップは目に見えて感じられます。そうした進歩は中の人の努力とノウハウの蓄積で、ありがたいし素直にすごいと思うし、自分としては「次に買うならまたNECの端末を買おう」と安心感のようなものを改めて感じました。でもその一方、「ケータイ電話でできること・やること」なんてそう変わらないんですよね。搭載機能は増えていますけど、最新機種に搭載されている機能なんて、ほとんどの人には必要ないんだと思います。

まーそんなわけで。自分はケータイ好きなので1台と言わず追加で新規契約したり機種変更したり白ロム買ったり、一方で解約したりしてますが、そうでもない人は それこそボロボロになるまで使うか故障でもするか、よほど一目惚れでもする新機種に出会うかでもないと機種変更する理由なんて無いに等しいよなと、変えない人の気持ちも分かるような気がしました。そうでなくても端末は一般的には高価なものだし、2年間の使用が前提の売り方をされていますし、そもそも電子機器なんてそう買い換えるものでもないですし。

N905iμ

ということでN905iμ、これは(少し)長めに大切に使おうと思います。
インターコミニュケーションズが販売しているMiFi SIM Cardを2ヶ月ほど前から使い始めたので、淡々とメモ。

MiFi SIM CardはFOMA網のMVNOサービス。同じくFOMA網のMVNOとして提供されている日本通信のb-mobileSIM U300との比較は以下の通り。
 b-mobileSIM U300MiFi SIM Card
初期事務手数料なし3,675円
月額費用2,483円 または 2,980円※13,990円
契約期間1ヶ月、6ヶ月、12ヶ月から選択可
(買い切りにつき返金不可)
最低12ヶ月契約
1年経過後、以降1ヶ月毎更新※2
通信速度
(ベストエフォート)
300kbps超7.2Mbps
契約・購入方法公式サイト、家電量販店、
他社通販サイト※3
公式サイト
1年利用時の
トータルコスト
29,800円※452,080円※5

表中の補足
※1.1ヶ月パッケージは2,980円。6ヶ月、12ヶ月パッケージは平均2,483.333…円/月。
※2.契約期間中の解約は、契約満了までの残存期間の料金総額を違約金として支払い。
※3.取扱い店舗はお取扱い店舗情報を参照。1ヶ月パッケージは公式サイトのみ取扱い。
※4.29,800円=12ヶ月パッケージ代金29,800円 (公式サイトで定価購入の場合)
※5.52,080円=初期事務手数料3,675円+月額費用3,990円×12ヶ月+送料525円

b-mobileSIM U300との共通事項
・SIM単体での販売。双方とも、モバイルWi-Fiルータとの同時購入可。
・FOMA網のMVNO。通話は不可。データ通信のみの提供。
・通信可能エリアはFOMAエリアに準ずる。
・通信方式、周波数帯はW-CDMA/HSDPA/HSUPA、2100MHz/800MHz。

以下、Android端末でのMiFi SIM Card利用に関する記述
APN設定 APN設定
接続設定は「アクセスポイントの編集」より、上記の通りに登録。APN、USERNAME、PASSWORDはSIMと同封された紙に印刷されている。覚えにくい文字列なので紛失しないよう注意。

セルスタンバイ
「電池消費量の詳細」画面。圏外時間の表示は、やはり100%。実際に使っていて電池消費が激しい気がするのも、b-mobileSIM U300のときと同じ。知る限り、公式にはどこも何も言っていないが、実体験からMVNOのSIMを使った場合の症状である、という認識をしている方が多い模様。認識していない方はこちら(→AndroidとMVNOなSIMのカンケイ - yoshi's blog)を読まれると分かりやすいかと思う。

 
主に東京都の南側での計測結果は上記のような感じ。計測で表示された数値ベースである為、あくまで参考程度と認識して頂きたいが、下りは0~2.5Mbpsくらい。上りは概ね300~400kbps台。速くても500kbpsを超えた記憶なし。

契約当初は非常に快適だったのだが、12月20日を過ぎた頃から目に見えて通信品質が下がった。上記の画面イメージに載っていない日も含め、平日の朝8時前後の30分程と、同じく平日の12時からの30分程は明らかにパフォーマンスが落ち、下り100kbpsを軽く割ることも珍しくない。その時間帯を外せば700kbps~1.5Mbpsくらいは安定して出るが、平日一番使いたいのは通勤時間、昼休み、退勤時間なので正直辛いところ。

以下は全て12月下旬に投稿されたインターコミニュケーションズ社の公式アカウントのツイート。結局のところ、ユーザー増大によってインフラが耐え切れなくなっているのだろう。ケータイWatchに掲載されたこちら(→【山田祥平のRe:config.sys】 手のひらの中で電波が見えてメールが読める、そしてつぶやけるルーター)の記事は日本通信のものであるが、最終段落あたりに同じような話題が載っている。10月頃までb-mobileSIM U300を使用していたが、こちらもやはり当初に比べると目に見えて通信状況が悪くなっていた。MiFiに乗り換えてしまったので現状どのようになっているか把握できていないのだが、両社それぞれ、安定したサービスが提供できるような環境が整ってくれると嬉しいところ。

@yes_asumisu 弊社回線は実際にはmvnoなのでデータの経由は通常回線とは別になっています。よって同じ場所でも速度が違います。帯域の混み具合に影響を受けますので時間や場所を変えてお試しください。less than a minute ago via HootSuite

@yes_asumisu パケット制御に関しては網内で一度に多くパケットが流れるとそのユーザー様の通信が一時的に遅くなることがございます。すぐに回復しますのでさほど感じるような制御ではございませんが、速度が不安定になる件に関しては今後も改善を行って参る予定です。 #mifijpless than a minute ago via HootSuite

@yoccwi ネットワーク内で上限スピードをシェアしている訳ではございませんのでご安心ください。混雑が無ければ皆様が快適にご利用頂く分に問題はございません。今後またネットワークの改善を行っていきますので、その際にはメールやWebにてお知らせさせていただきます。 #mifijpless than a minute ago via HootSuite

1月11日。毎月恒例、携帯電話/PHS等の契約数の2010年12月分が電気通信事業者協会(TCA)より発表されました。会社更生法、新たなオプションサービス、久々の新型端末投入など、大きな動きのあったウィルコムですが、残念ながら純減の勢いを緩めることはありませんでした。ここ5年間のウィルコムの契約者数を、電気通信事業者協会のホームページより以下グラフに引用します。


(グラフはGoogleGraphAPIで描画しています。表示されていなかったらごめんなさい)

数値で見ると増減が非常に顕著に出ていて、2007年中盤まで上り調子だったのが一転。2009年中盤まで緩やかな純減の後、それ以降19ヶ月間は大幅な純減が続いていることが分かります。先月のテコ入れくらいで純減が純増に転じるとは夢にも思っていなかったけれど、ほんの少しでも目に見える結果が出ればと期待していました。結果としては10月の約42,000人、11月の約45,000人に続き約43,000人と数値の上では変わらず。

自分でウィルコムを使っていて思うけれど、ウィルコムの強みだった部分が、他社のサービス拡大によってどんどん弱くなってきている。代表的なところでは通話定額。

家族間定額がどのキャリアも当たり前になった今、そう多くないPHSユーザー間の通話定額って、正直言って、たぶんそこまで魅力ないと思う。意図して契約するなら、せいぜい恋人同士。たまたまPHS持ってる友達がいて重宝することはあっても、たくさん通話したいから皆でWILLCOM契約しようぜ!なんて友人知人にふれまわってる人はそうそういないと思う。あくまで私の考えですけど。そういえば、結婚を機にウィルコムを解約してケータイキャリアの家族間定額に変えたって知人が、昨年だけで3組いました。

通話料を気にしなきゃいけないほど長電話するのが3人以内なら、最低料金プランに指定通話定額つけたau同士でいいし、通話可能な時間帯にこだわらないならSBMのホワイトプランだっていい。ウィルコムの新ウィルコム定額プランSは、以前のプランと比べれば確かに安くなっているけれど、それでも月1,450円は今や安い印象を与えないと思う。その上規約上は3年縛りで、聞こえもよくないですし。

それからメール無料。ウィルコムあるいは端末メーカーがインタビュー等で語っているので、2台目としてウィルコムを使っている人が非常に多いというのは本当なんでしょう。つまりはケータイを持っていて、そっちがメイン。だったらメールもそっちでするって発想がたぶん普通。パケット定額のオプションあるいはメール定額のオプションを付けている人が多いし、電話代は気にしてもメール代を気にしてメールをケータイから送ってる人って今はほとんどいないはず。結局、ウィルコムでメールを使わない人もいるわけで、「メール機能なくていいから基本料金下げて欲しい」という要望を目にするのも分かる気がします。

スマートフォンなんかも、以前はそれこそW-ZERO3シリーズで乗りに乗っていた時期がありましたが、Windows Mobile自体にあまり勢いが感じられなくなり、他社がiPhoneだAndroidだと次々投入していく中、徐々に影が薄くなっていった気がします。今のところ最後に出たHYBRID W-ZERO3も実際に手にしてみても欲しいと思わせるだけの何かがなかったし、今のウィルコムの体力で次を出すのもなかなか難しいんでしょう。データ通信の分野でも、より高速回線でかつ そう高くないプランで各社が提供しだし、難しくなっていった側面はあると思います。


そんな折、テコ入れの1つとして、1回10分間、月に500回まで、他社ケータイや固定電話への通話が定額となる「誰とでも定額」が始まりました。+980円なら安い!という気がしましたが、それは既に自分がウィルコムユーザだからであって、新規契約者からすると(一般的には)1450円+980円で、2430円がウィルコム代として加わるわけで。やはりなかなか踏み出せないものがあるんだと思います。周りの話を聞いていると2台持ちに対して相当な抵抗がある人も少なくないです。

前もリンクを張って紹介しましたが、ケータイWatchの通話、端末、インフラ~新生ウィルコムのこれからの戦略 を読むと、色々な思いがあって本当に大変なのだな、と改めて感じるところ。純増に持っていけるのは当分先までお預けだと思いますが、まずはこの大幅純減の流れから何としても脱却してほしい。取材の中で寺尾氏が口にされているウィルコムならでは、というポジションが確立されるような施策が打ち出されれば、と切に願います。
いつも買うことのない福袋の類を昨年末に注文しました。Doraemon's BellHappy Bag。お試しのつもりもあって、1番お値段控えめで1万円のS-sizeにしました。中身はアパレル系、小物・雑貨など5点以上で、2万円相当だとのこと。

発送が1月半ばに設定されていたので待ちに待って、今日!ようやく届きました。そんな中身をご開帳。

DBxTROIKAラウンドクロック(sky)
dbhb1.jpg
入ってた中で一番の高額商品。鮮やかな青空に、色々なポーズのドラえもんとユニークな配置の文字盤でかわいい置き・掛け時計です。割と良い品が当たった気がして嬉しいのですが、既に持っていたので少ししょぼん(´・ω・`)。書籍「藤子・F・不二雄の世界」(注:正方形の方)以外でドラえもんズベルで購入した唯一の商品が、福袋?で被るとは思いもしませんでした( ̄ω ̄;)

Tシャツ(Apple)
dbhb2.jpg
地色の黄色に、緑色の文字でりんごをあしらったDoraemon's BellとプリントされたTシャツ。アパレル商品は注文時にサイズを指定できるので、大きさは問題なし。ちょっとかわいい感じですが、男女兼用だし普通に着れそう。

トラベルポーチ(ドラえもんだらけ)
dbhb3.jpg
19×22×7cmと大きめのポーチ。裏も表もドラえもんだらけ。ブラックにショッキングピンクで少し女性向けっぽい気もしますが、黒地だしそうでもないかも。旅行カバンに入れたりする分には十分使えそう。

ガラスボウルL(fruit tree)
dbhb4.jpg
高さ9cm、直径20cmほどの大きなガラス製のボウル。外周をぐるっと囲んだ柄がかわいいし、十分な大きさがあります。普段使いできそうですし、今回入っていた商品で一番嬉しいかも。

ドラえもんどら焼きギフト(お皿)
dbhb5.jpg
あまり見覚えが無いと思ったら、どうも2005年頃に取り扱われていたどら焼きギフトのセットに含まれてた商品みたい。違ってたらごめんなさい。ギフトの大きいどら焼きに目がいって、お皿の存在は覚えていませんでした(^▽^;) 検索していたらまだ同じどら焼きギフトを扱っているネットショップがあって、カートに入れるところまで行けたんですが、本当にまだ売ってるんでしょうか…(´~`;

スポーツ アルミボトル
dbhb6.jpg
Doraemon's Pocketの商品ということで女性向け商品ですね。家に置いておけば誰か使ってくれる…かな。全然知らなかったのですが、Doraemon's Pocketは2009年1月で閉鎖していたみたい。オリジナル壁紙はまだ配布されています(*'ー'*)


ということで、計6点が私のところには届きました。もっと何ていうか、飾っておくための雑貨みたいな、何に使えばいいんだろう…なものが来るかもと思っていたので、実用的な商品が届いてよかったです。まあ、自分みたいな一度しか買い物してない人がダブっちゃうくらいなので、何点も過去に買い物してる人がL-Sizeの9点セットとか買うとダブりまくるんじゃないか、と余計な心配をしてしまいましたが(;´Д`A ```
2011.01.02  雑記・雑感 どうでもいい話日記
去年の年明け、何を血迷ったか「今年の目標とか」というエントリを書いてしまいました。ざっと1年経ちましたので結果報告あらため言い訳タイムです。

・ブログをもっと更新する
2006年は書くことありすぎたしアニメの感想も書いてたので164件と多かったですが、社会人になった2007年から1年間に18、24、17件と平均月1~2回更新に。で、昨年は46件。逃げ腰で基準を定めなかったけれど、「もっと更新」したといえばしたよねってことで。

・Androidのアプリを作る
サンプルの延長みたいなアプリを夏頃に2つマーケットに放流したものの、アイディア不足で続きが出せませんでした。あとは自分用のTwitter投稿クライアント作ったくらいで。作りたいものができたときに作れるように勉強中ではあります。

・ピアノを練習する
これは全然でした。1月中には弾きたい意欲が無くなってたのでどうにもこうにも。

・目標設定した資格を取る
去年書いた最低ラインの3つは無事取得できたので何とか及第点てことで。

以上、こんな感じでした。ピアノの練習はお笑い種でしたが、他の目標は継続してやっていきます。目標は具体的に立てるべきだというし、その通りだと身をもって思います。が、メモ程度にでも書いてしまえば頭の片隅に残っているもので、時々思い出したりもしたので、こんなんでも効果はゼロでは無い気がします。4つ目の資格なんかは、ここには書かなくても具体的に決めてますしね。

ということで、今年もゆるゆるやっていきます。
Android端末を使っていると、ブログ等に画面イメージを掲載したくなったりTwitterに投稿したくなったりすることがあると思いますが、ちょっとひと手間必要です。国内版GalaxySのように標準でスクリーンショット機能を搭載した端末もあるにはありますが、今のところ少数派のようです。

Android端末の画面イメージを取得する方法は主に2つあります。1つはデバッグツールDDMS(Dalvik Debug Monitor Server)に搭載されたScreen Capture機能を使用する方法。もう1つはrootを取得してキャプチャ用のアプリを使う方法。rootさえ取ってしまえば後者が楽ですが、保証が受けられなくなったりすると面倒なので、普通は前者の方法を推奨したいところ。ただ、これだとパソコンと繋いでいる時しかキャプチャが撮れないという致命的な欠点があります。

ということで何か手は無いかと探していたところ、マーケットに「Screen Capture -No Rooting 2.2」というアプリがありました。マーケットへはここから行けます。使い方が分からないのか、評価を★1にしている方が異様に多く、見かけの評価が低いのですが、ちゃんと画面イメージを取得できました。残念ながらインストールしてすぐ使えるアプリでは無いので、手順を残しておきます。なお、手順は、アプリ起動後にmenuボタンを押すと表示できるInstall Guideに日本語では無いもののきちんと書かれていますので、あくまで補足の意味で。
※事前にAndroid SDKをPCに導入し、adbコマンドが使える状態にしておく必要があります。分からない方は調べてください。※検証時点でアプリのバージョンは3.0、端末はAndroid2.2.1のnexus oneです。以降のバージョンアップで画面レイアウトや操作方法が変更されている可能性があります。※手順からすると特に問題はないと私は認識していますが、これで保証が受けられなくなっても知りません。自己責任で。

market1.png guide1.png

[1]アプリインストール後にAndroid端末をPCと接続し、以下のファイルをPC側に一度移します。
 ※私は端末をPCに繋いでmicroSDから直に取り出しました。
  /sdcard/ScreenCaptureLib/sclib

[2]取得したファイルをadb pushコマンドでAndroid端末の所定ディレクトリに送ります。
 ※以下の例ではWindowsのCドライブ直下にsclibを置いてあるものとします。
 C:\> adb push sclib /data/local/sclib

[3]sclibのパーミッションを変更します。適切な実行権限だけあれば事足りると思いますが、一応説明の通り777を指定。
 C:\> adb shell /system/bin/chmod 777 /data/local/sclib

[4]sclibを起動し、ログを吐き出しておきます。
 C:\> adb shell /data/local/sclib /sdcard/ScreenCaptureLib/sclib.log

手順[4]を実行するとコンソールが返ってきませんが、サービスは上がっているのでUSBケーブルを抜いてしまいます。これで準備は完了です。

c1.png c2.png
アプリを起動すると上の画面が表示され、各種設定の変更が行えます。キャプチャの取得方法をTimer/Right Now/Gestureから選択できるほか、取得時のサウンドON/OFFや保存先のパス変更など、最低限必要な設定は揃っています。ここではTimer/Onceを選択して、Start Screen Captureボタンを押してみます。

s1.png s2.png
ボタンを押すとNotificationBar(通知領域)にアイコンが追加され、任意の画面でキャプチャを動作させられるようになります。上のイメージでは手順をブログに載せる為にDDMSで撮っているので「USBデバッグが接続されました」とか「USB接続」等と表示されていますが、PCと切断していれば表示されなくなります。DDMSで撮ると通知領域にUSBアイコンとデバッグアイコン(一部でゴ○ブリと呼称されているとか何とか?)が写り込むのが邪魔ですが、それも無くなるので助かります。

g1.png g2.png
任意の画面で通知領域を引き下げ、Screen Captureを選択するとカウントダウンが始まります。Timerの場合、ぱっと見たところ設定項目は無く、5秒固定のようです。画面下部に残り時間がToast(グレーの四角)で表示され、取得が完了するとファイル名を指定する画面に移ります。例ではHOME画面を取得していますが、他の画面でももちろん取得可能です。

ということで、パソコンの無い外出時等でも気軽にキャプチャが撮れるようになりました。なお、手順[4]でサービスを立ち上げたことでキャプチャが撮れるようになっていますので、端末を再起動してしまうとまた撮れない状態になります。その場合は再度/data/local/sclibを実行する必要があるので、その点は注意が必要です。

作者サイト:JOONRYANG..forever
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。