--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
auが「禁断のアプリ」と呼称したSkypeがIS01でも使えるようになりました。

skype_au_one_market

使えるようにする前準備として、まずケータイアップデート(2010年8月24日更新分)を適用し、その後au one Marketを2.1.0以上に更新します。なお、ケータイアップデートは「設定→システム→ケータイアップデート」から、3G回線で行う必要があるので、白ロム等で回線契約無しでIS01を入手した人は出来ない…気がします。用意できたら「アプリ検索」から検索してやればダウンロード、インストールできます。

skype_au

起動するとこんな画面に。Skype IDでログインすれば難なく使えます。auのUSIMは挿して、設定でモバイルネットワーク接続を無効にした状態でしたが、Wi-Fiでの通話が出来ました。試していませんが、マーケットの説明文からすると、USIMが入っていないともしかしたら通話できないのかも。

IS01がAndroid1.6からアップデートされない旨が公式に発表されたことで「auふざけんな」「シャープふざけんな」なムードになってるのが少し残念。au one Marketでの評価(2010年11月28日21時現在)が170件で平均★2つだというのもちょっと悲しいです。コメントも「使い方が分からない、★1つ」とか「本家Skypeをダウンロードさせろ、★1つ」とかそんなのが多いし…。

そもそも本家Skypeアプリが日本と中国をアプリ公開対象から外していることが話をややこしくしている原因だとは思ってます。Skype社の判断なのか日本のキャリアからの圧力なのかそれともはたまた何なのか。iPhone版は普通に提供されてるので日本はNG!って訳では無いと思ってるんですが、Skype auって…(苦笑)。このままドコモやソフトバンクモバイルのAndroid端末では(公には)Skypeが使えないままなんでしょうか。

ま、ともかく、本家SkypeがAndroid2.1以上のみに提供されている中、1.6のIS01にちゃんと対応させてくれただけで大満足してるんですが、自分の評価が甘すぎるんですかね^^; au向けのSkypeアプリ、ちゃんと問題なく使えてますよ。作りが多少甘い、ユーザビリティが低い点は否めませんが、公式の方がそうだから(ゲフンゲフン

IS01のアップデート関連で一部ユーザ間で人気(?)になってるYouTubeの動画があるので貼っておきます。海外展開は一応conicsが始めたようなので買おうと思えば海外でも買えるし(グローバル展開と言えるかといえば怪しい)、Skypeも結局ちゃんと提供されたので、ネタはネタとして、興味のある方はどうぞ。

YouTube - 総統閣下はIS01の扱いにお怒りのようです
スポンサーサイト
昨日11月26日、auからSHARP製Android端末「IS03」が発売されました。Android auのCM効果か初日の出だしは好調だったようです。異例の60万台を初期発注(※1)していることからもauの力の入れ具合が見て取れます。都区内で電車に乗っていると毎日見かけるようにようやくなってきたdocomoのXPERIAでさえ、発売から約半年で46万台(※2)。初期発注60万台はかなり強気な数字です。これは相当な攻勢をかけてくるつもりでしょう。

SHARP製端末ではdocomoからLYNX 3D SH-03Cが12月3日、ソフトバンクモバイルからはGALAPAGOS 003SHが12月上旬に発売されます。発売間近ですが、IS03に比べると広告の量が少ない気がするこれらの端末の滑り出しも気になるところです。シャープはさらに春先のモデルも発表済みで、乱発しすぎなのではと心配になりますが、ここでの売れ行き・評判は後々の展開に多大な影響を与えそうなので頑張ってもらいたいところです。

IS03、003SH、SH-03C(正式発表順)は、IS01とLYNXの様にほぼ横並びな端末になるんじゃないかと当初は思っていましたが、多少の差異があるようなので、簡単にまとめてみました。なお、赤外線、ワンセグ、フェリカ(おサイフケータイ)、キャリアメールはいずれも対応しています。

IS03003SHSH-03C
キャリアau by KDDIsoftbank mobileNTTドコモ
OSAndroid2.1
(来春2.2提供予定)
Android2.2Android2.1
(来春2.2提供予定)
液晶サイズ3.5インチ
DoubleVGA(960×640)
3.8インチ
WVGA(800×480)
3.8インチ
WVGA(800×480)
バッテリー1040mAh1390mAh1400mAh
3D表示×
FMトランスミッター××
HDMI出力××
歩数計×
ボタン配置Menu,Home,Back,検索
(電源は側面)
Menu,Home,Back
(電源、検索は側面)
Menu,Home,Back,電源
(検索は側面)

ちょこちょこしたところで搭載機能が違います。FMトランスミッターは外付けでも何とかなりますが、あると便利な人も多いはず。HDMI出力もあるなら使いたいという方はいるのではないでしょうか。ちなみに歩数計はシャープがAPIを公開するとのことなので、もしかしたら歩数計機能を使った面白いアプリが出てくるかも。まあ当面2機種しか対応していない以上 本気でアプリ開発する人も少ない気はしますので、もしかしたら。

見た目で目立つところでは、3D表示機能。ハード的に後からどうこうできないので、3Dが少しでも気になるならIS03以外…でしょうか。主に映像やゲームの提供が予定されているようですが、個人的には3Dゲームを求めるならソフトのラインナップ等含め、スマートフォンじゃなくNintendo3DSを買った方がよいような…。対応機種には3Dに見えるホーム画面(WindowsPCでいうデスクトップ画面みたいなもの)も搭載されていますが、これはいらないなーと思っています。通常の利用で悠長にホーム画面眺めていることもないだろうし、さっさとアプリ見つけて起動しやすい方が絶対いい。

ボタン配置は表の通り、なぜかバラバラ。すぐ慣れるので、初めてAndroid端末を使うのであればどれでも問題ないでしょう。この中でIS03のみハードキーでなくメモリ液晶という名前のサブディスプレイを使ったソフトキー。意外にも使い心地は悪くないので、ハードキーにこだわりが無ければ特に問題ないボタンです。よく分からないのはSH-03Cで右端に電源ボタン(スリープもこのボタン)が配置されている件。前向きに考えると、机の上に置いた状態でも押しやすいので、置いたままスリープから復帰させたいときには便利…かもしれません。

また、ほぼ同じ大きさの3つの端末ですが、液晶とボタンの位置関係がそれぞれ異なります。外観の違いはITmediaの写真で解説する「LYNX 3D SH-03C」(外観編)が分かりやすいと思います。Androidの場合、通知領域が画面の一番上にあり、通知に対してそこからアクセスすることになります。私は絶対に片手で使いたい派なので、片手で持ったときに親指が下のボタンから画面の一番上まで届かないと使い勝手が一気に悪くなります。リンク先の写真の通り、IS03は画面がワイドで無い点と画面とボタンが隣接しているおかげで、指を上下させる領域が短いです。同じ画面サイズの003SHとSH-03Cでも、よく見ると明らかに003SHは縦に長く、片手で使うには正直無理がありました。両手使いならどれでも問題ありませんが、片手派の方にはIS03、もしくはSH-03Cをオススメします。


国産Android端末が徐々にケータイの機能を取り込み、隔たりが良い意味で減ってきていると思っています。おサイフケータイはEDYやSuicaのサービス開始がまだ先で、本領発揮といえる段階に達していない(※3)ですが、キャリアメールが使えて、赤外線で他人とメアド交換できる、これだけでも乗換え辛さは大きく解消されたと思います。1年少し前に国内初のAndroid端末として投入されたHT-03Aはあまり一般受けしなかったようですが、XPERIAで一気にAndroidユーザが増え、この年末には3キャリアからほぼ同時に発売。この1年でAndroidの知名度もそれなりに高くなり、様相は大きく変わったと思います。各社の動向が楽しみです。


※1 シャープに通常の3~4倍の60万台以上を初期発注
KDDI期待のスマートフォン「IS03」に予約27万台  【魚拓
※2 「Xperia(エクスペリア)」を発売したソニー・エリクソンが46万台
上半期の国内スマートフォン出荷シェア iPhone6割で独り勝ち 【魚拓
※3 おサイフケータイ対応予定
au by KDDI ●おサイフケータイ®対応予定サービス
auのAndroid^(TM)搭載スマートフォン「IS03」の発売について〈参考〉
NTTドコモ スマートフォン向けおサイフケータイの概要
2010-2011冬春モデルに28機種を開発および一部機種を発売
BIC WiMAXでeggを契約してきた」から4ヶ月。BIC WiMAXを解約しました。
WiMAX_解約届

解約しておいて何ですが、WiMAX、そしてWi-Fiモバイルルータ「egg」はとても優秀でした。

まず回線速度。本当に屋外で10Mbpsを超える通信速度が出ます。そして、今のところ「使いすぎ」による回線速度制限をWiMAXではしていません。自宅のADSLを解約してWiMAX1本にしちゃった人すら周りにいます。

それから電池のもち。eggの場合だと公称5時間ですが、実利用で6時間もちました。さらに、8時間もつという新型のAtermWM3500Rが発表されたのも記憶に新しいところ。モバイルルータは電池がもたないから、と敬遠する理由は無くなりつつあると思います。
ご参考:8時間使えるモバイルWiMAXルーター「AtermWM3500R」 (ケータイWatch)

それと月額料金。BIC WiMAXのキャンペーン中に契約したこともあり、月額3,780円で使うことができました。また、本家のUQ WiMAXでも1年契約を条件に月額3,880円で利用可能なUQ Flat年間パスポートを先日発表しています。ガンガン使うならお値打ち価格です。
ご参考:WiMAXの新料金プラン「UQ Flat 年間パスポート」の提供開始について

ということで良いところばかりあげましたが、結局のところ「あまり使わない」のが解約の理由。Android端末に300kbpsしか回線速度の出ないb-mobileSIM U300を挿しているため、サブで高速回線が欲しかったのですが、たとえ遅くても常時接続されていて使いたいときに当たり前に使えるSIMに対して、カバンから取り出して電源を入れて接続されるまで10秒ほど待って…としなければならないWi-Fiルータは、面倒くさがりな私には合わなかったというのが結論です。端末のみでネット接続できないiPod Touch等を持っていれば話は別なのでしょう。

ちなみに解約の際はお客様サポートセンターに電話をして解約届を送付してもらう必要があります。必要事項を記入の上、返送。サポートセンターに受け付けられた日の24時をもって解約完了とのことです。手続きが済むと契約時に登録したメールアドレスに通知が来ます。実際に解約されるまで当然間が開くので、気持ち早めに動いた方が良いでしょう。

追記:
解約手続に必要な解約届ですが、ネットでもPDFで入手可能なようです。よくある質問からダウンロードページへリンクが張られています。

LTEのサービス開始も近づき、様々なガジェットが普及し、まだ先ですがWiMAX2も現実のサービスとなっていき…。Wi-Fiモバイルルータは今後より一般層に広く知られていくことになるんでしょう。自分もいずれ何かの契約をまたするんだと思いますが、ひとまずのお別れです。
11月15日、Android向けにAccess社からWebブラウザが公開されました。Androidマーケットから入手できるNetFront Life Browserは「NetFront Lifeシリーズ」と銘打たれたアプリ群の1つ。Android向けにはBrowserの他にOfficeファイル閲覧のNetFront Life Documents、HOMEアプリのNetFront Life Screenの3本が公開されました。尚、Screenは先週時点でもAndroidマーケットに公開されていましたが、その時点では日本国内端末は動作対象外で、アイコンも今のものとは異なりました。

プレスリリース等を参照すると「Yahoo!と提携した」旨が合わせて発表されており、当のNetFront Life Browserも検索機能にはYahoo!が組み込まれています。Google製OS向けアプリなのにYahoo!なの?と当初は思いましたが、Lifeシリーズとしては特に「Android向けの」といった記載が見当たらなく「スマートフォン向け」との表記なので、Androidに拘らず今後別のプラットフォームに向けても同名で展開していくのかもしれません。

個人的に、WindowsMobileではNetFrontが一番使いやすいブラウザだと思っていて、本当に重宝していたので今回の発表は嬉しいものでした。ということで、さっそくBrowserを試してみることに。

netfront_market.png netfront_view.png

なかなか挑発的なアプリ説明とは裏腹に少し厳しめ評価な★2.5個(5個満点)。「10億台近い搭載実績を誇る(中略)ノウハウを集結させ」た割には、贔屓目に見ても粗が目立つのがその故でしょうか^^; ちなみに右がこのブログの描画イメージ。拡大縮小したい位置に+か-ボタンを持って行くとその箇所を中心に拡大率が変わる、ちょっと変わった方式です。

netfront_naname.png

ちゃんとした機能説明は公式サイトをご覧頂くとして、一番目を引くのはこれでしょう。その名も「斜めモード」。対角線が一番長いんだから、文章も対角線上にたっぷり表示すればいいんじゃね?的な発想で搭載されたみたいです。まあ面白いんですが、現時点では斜めモードでは拡大縮小が一切出来ないなど、微妙な点もあり、まだ実験的な印象です。実用度はともかくとして、個人的には、斜めで表示された際のテキストや画像の描画が意外とキレイなことの方が気になりました。

netfront_scrap.png

こちらは「スクラップブック」機能。Webページ上の任意の部分をフリーハンドで切り出し、後からスクラップとして再配置ができます。例では4つの切抜きを組み合わせています。ちなみに作成したスクラップはBlueToothにて送受信が可能になっています。また、配置されたスクラップ1つ1つが元のURLを保持していて、タップすることで元のサイトを再読み込みすることができます。パッと見お洒落なブックマークにもなるかも、頑張れば。

と、少し変わった機能2つを紹介しましたが、ごく一般的な機能をみると、レンダリングがなかなか速い(気がする)、UIもそこそこ洗練されている、今後に期待できるブラウザかと思います。現状最悪な点を暴露しておくと、画面幅に応じて自動行換えしてくれる、モバイル端末ではもはや当たり前の機能が実装されていないのが致命的な欠点だと思うのですが、そこはモバイル向けブラウザで長年の実績をもつAccess社さんなら改善してくれるものと思います。Twitter上でも@NetFrontLifeJPで感想・意見の収集、一部質問への返信など積極的にされているようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。