--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日「BIC WiMAXでeggを契約してきた」で書いた通り、WiMAX網モバイルWi-Fiルータ「egg」を購入しました。買ったのが月曜日(祝日)でこれ書き出した時点で土曜日の夜。まだ1週間に満たないけど、一応会社のある日と無い日で使ってみたことになるのでとりあえずの感想。

ソフトアンドハード社のegg(公式サイト)、箱の中身は本体とACアダプタとクイックガイド、保証書だけ。操作もとってもシンプル。ボタンは本体裏の電源ボタンと、もしものときのリセットボタンだけ。電源ボタン長押しで電源が入り、10数秒後にはネットに繋がります。電波状況等は、写真のようにWiMAX、Wi-Fi、電源(電池残量や充電状況等)の各LEDの色で分かります。
egg

前回、URoad-7000ではなくeggを選択した理由としてバッテリーの持続時間を挙げましたが、それで選択は誤っていなかったと思います。使いまくる人にとってバッテリーの持ちが重要なのは言うまでも無いですが、自分のように(今のところ)あまりハードな使い方をしていない人にとってもバッテリーが長持ちなのは大きなメリットです。だって、1週間に1度の充電で間に合いそうなんだもの(追記訂正:さすがに1回ではつらく、2回充電するようになりました。)。そんなに使っていないなら契約する必要ないじゃないか、という議論は置いておくとして。

WiMAXの通信速度云々についてはegg固有の話では無いけれど、WiMAXに触れたのは今回の契約で初めてなので一応書いておきます。私の普段うろちょろしてるエリア(品川、目黒、世田谷、大田あたりのごく一部)で試した範囲では下り3~9Mbps程。これだけ出れば重たいサイトの代表格、動画サイトだってサクサク見れます。40Mbpsは理論上の話なのでそりゃ出ませんが、主なHSDPAデータ通信サービスの規格上の7.2Mbpsを超える速度を屋外で実感できました。UQの謳う「画期的な高速モバイル通信」も言い過ぎではないでしょう。

WiMAXといえば、サービス当初から「屋内では繋がらない(繋がりにくい)」という声がたくさん聞こえてきて、そういうもんなんだろうとの思いでいましたが、私の自宅(木造戸建)と勤務地(ビルの10数階)では問題なく接続することができました。ただ、屋外で移動しながら試したところ、繋がるエリアでもデッドスポットみたいな地点は明らかにあって、少し移動すると急にまったく接続できなくなったりという状況がまれにですがあります。結局は利用者の行動するエリアに大きく依存しそうです。快適に使える人は、本当に快適に使えると思います。

ちなみに、自宅で試したspeedtest.netでの計測結果。安定して7.5Mbps前後が出ています。今のところUQコミニュケーションでは、使いすぎによる帯域制限をかける気は無いと明言していますので、自室でこれだけ出るならADSLとか引かないでいいやって考えに至る人もいるんじゃないでしょうか。

そんなわけで最初の約1週間が過ぎました。普段の生活の中でどの程度使うのか、9月以降どうするのか。まだ1ヶ月以上の無料期間があるのでゆっくり考えたいと思います。
スポンサーサイト
※端末のレビューはこちら「WiMAX網モバイルWi-Fiルータ「egg」を少し試してみた
※おまけでこちら「BIC WiMAXを解約した

いろいろ悩んだんですが、標題の通り。BIC WiMAX SERVICEの契約をしてきました。BIC WiMAXってのはUQ WiMAXのMVNOで、ビックカメラが提供しているサービスなんですが、なかなかお得感が強い気がします。しかも7月31日までさらにお得なキャンペーン中です。

実施中のキャンペーン諸々の概要はこんなところ。
・通常月4,480円のBIC定額プランが2011年7月まで月3,780円
・2010年7月、8月の月額基本料(BIC定額プラン)が無料
・最新機種が約15,000円安く買える
・ビックカメラの商品券3,000円プレゼント

3つ目のおかげで、通常価格19,800円のeggが4,050円で購入できました。URoad-7000なら4,800円です。今取り扱いがあるのはeggのホワイトとピンク、URoad-7000のホワイトとブラックの様子。ちょっと前の機種URoad-5000とデータ通信カードのセットも割引対象です。4つ目の商品券については公式サイトには記載が見受けられないので、全店舗で実施しているのかは不明です。ちなみに私はラゾーナ川崎店で契約しました。

9月からは月3,780円になるわけですが、それまでに発生する初期費用、すなわち7月、8月の無料期間が終わるまでに必要な費用をeggの場合で考えると、登録料2,835円+端末代4,050円-(ビックカメラ商品券3,000円+10%ポイント405円相当)≒3,500円、ということで商品券やポイントを加味すれば月あたり1,700円程度。しかもUQ WiMAXは2年縛りが無く、31日以上の契約期間があれば解約料金・違約金がかかりません。それはBIC WiMAXも同じ。つまり、試した結果「使わない」「いらない」ってことになれば、8月末までのお試し代3,500円だけで済むってことです。これは非常にお手軽だと思います。端末は手元に残りますし、気が向いたら再契約も可能です。

今回契約するにあたり、機種でも悩みました。URoad-7000とeggを比較すると、
URoad-7000のいいところ
・IEEE802.11n/g/bに対応(eggはg/b対応)
・プラン変更時等にBIC 1dayを選択できる(eggは不可)
・厚さ14.8mmと薄い(eggは最厚部で28.3mm)
・USB給電ケーブル付属(eggは別売り)
eggのいいところ
・バッテリー持続時間5時間(URoad-7000は3.5時間)

あれ。こうやってみるとURoad-7000の方が良さそうなんですが、eggにしました。すごく悩みましたが、802.11nは必要ないかな、BIC 1dayで契約することもないかな、どうしても必要ならケーブル買えばいいかな、ということでバッテリーの持ちを優先しました。厚みがあるのが少し気になってはいますが。eggもURoad-7000も共通で、メーカーさんの都合を考慮せずに素人なユーザとして要望を挙げると、USB給電だけでなくUSB充電可能にしてほしかったのと、充電端子は独自規格でなくmini-BやmicroUSB等にしてほしかった、の2点。(追記:店頭で販売員さんに聞いたところ、別売りのUSBケーブルでも充電できないとのことでしたが、充電可能なケーブルが8月頭に出るという話もあるようです)

それと、メーカーが提供してないからなのかUQ WiMAX(BIC WiMAX)が要求しなきゃならないのか、その辺の流れは知りませんが、実際の重さのモックを展示して欲しい。あるのかな、と思って店員さんに尋ねたところ、無いということでした。ビックカメラ以外のお店も事前に見ましたが、置いてあるモックは中空でとっても軽いもの。あの見本だけだとちょっと想像しづらいと思います。事前にメーカーサイトでカタログ上の重さは見ていたので予想はつきましたが、eggは130g、それなりに重みがあります。

wimax egg

まだ屋外で試していないのでレビューは次回
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。