--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月もそろそろ終わりが見えてきた今日この頃ですが、Android 2.2、通称Froyoの正式提供時期がまだ見えていません。ただ、ソースコードのダウンロードが先週から配布開始されたことを考えると、提供時期はそう遠くないと思われます。また、ソースコードが配布されたことでFroyoのカスタムROMも今後増えていきそうです。

で、エントリーに起こすには少々今さらな内容ですが、汎用的な情報なので、Androidでのフォント変更についてメモ書き。Androidユーザーは結構な勢いで増加傾向にあるようですし、国内での機種投入もどんどん増えています。これから試す人もたくさんいると思うので参考になれば。

日本向けで無い端末を入手した場合にまずは「日本語で使えるの?」と聞かれるところ。基本的には大丈夫と思ってよし。大半のAndroid端末には言語設定の機能があり、そこから任意の言語を選択できます。ここに日本語があればメニュー等が一斉に日本語に変更され、問題なく使うことができます。

但し、XPERIA X10 miniなど、切替可能な言語一覧に日本語が含まれていない端末も中にはあります。その場合であっても、ブラウザ等で日本語サイトを見ることは可能ですし、日本語IME(SimejiやOpenWnnなど)をマーケットからインストールすれば日本語入力も可能です。また、対応機種は限られますが、MoreLocale2のようなアプリをインストールすることで一部メニューを日本語化することができる場合もあります。

というわけで一部を除けば日本語で使えるわけですが、残念ながら難があります。それはフォントの問題。そもそも日本語で使うことを想定していない端末なので、日本人向けなフォントは入っていません。それでも日本語表示が一応ちゃんとできているのは、CJKフォントと呼ばれる中国語・日本語・韓国語がセットになったフォントがアジア言語向けとして入っているから。その結果、読めるには読めますが漢字が中国語(簡体字)で表示されてしまい、見た目に違和感が残ります。

この問題については、任意のフォントファイルを日本語フォントとして指定することで回避が可能です。日本語フォントを指定するには、好きなフォントファイルをDroidSansJapanese.ttfにリネームし、/system/fonts/に配置します。一度再起動すれば適用されます。操作…というかファイルを置くだけですが、一応書いておきます。なお、例では/sdcard直下にDroidSansJapanese.ttfを既に置いてある前提で書いています。

色々補足。
※PCからadb shellで操作する場合は事前にAndroid SDKの導入が必要です。※root権限での操作が必要です。※HT-03Aとnexus one以外では検証していません。他の機種ではフォントの配置箇所あるいはマウントポイント等が違う可能性があります。例えばXPERIA neoではmtdblock3では無くmtdblock0です。mountコマンド等で事前に調べてください。 ※気になる方は他のフォントとパーミッションを合わせて下さい。※一部のカスタムROM等で、/system/fonts配下にMTLc3m.ttfやMTLmr3m.ttfが置かれている場合があります。これらのファイル名がDroidSansJapanese.ttfより優先されるようにROMが作られている場合は必要に応じて削除して下さい。なお、これらのフォントはモトヤによってAndroid向けに提供された視認性の高いものなので、よほど好みのフォントが他になければそのまま使用すればよいかと思います。

# mount -o remount,rw /dev/block/mtdblock3 /system
# cp /sdcard/DroidSansJapanese.ttf /system/fonts/DroidSansJapanese.ttf
# reboot
ファイル名の変更はしていないので、送り先のファイル名は省略可能です。これでめでたく好きなフォントを使うことができますが、場合によってはcpコマンド後に「no space left on device」とか何とかエラーが出ます。これは/systemの容量不足によるものなので、ちょっとした方法で回避。

# mount -o remount,rw /dev/block/mtdblock3 /system
# cp /sdcard/DroidSansJapanese.ttf /data/DroidSansJapanese.ttf
# ln -s /data/DroidSansJapanese.ttf /system/fonts/DroidSansJapanese.ttf
# reboot
/systemに空きがないので、代わりに余裕のある/data配下にフォントファイルを置いてシンボリックリンクを作成するだけです。別に/dataである必要はありませんので、置けさえすればどこでも問題ないでしょう。/data領域を食うのが嫌で/sd-ext等に置く方も多いようです。

同様にDroidSans.ttfを差し替えれば欧文が、DroidSans-Bold.ttfなら欧文太字が、Clockopia.ttfならロック画面等で使用されている時計のフォントをそれぞれ指定することができます。私は標準の欧文フォントには満足しているので、日本語フォントのみをVLゴシックフォントファミリで配布されているVL Pゴシックに差し替えています。なお、フォントは使用ライセンス等を把握した上で適用下さい。

追記:何故かClockopia.ttfで検索してくる方が割といるので懸念で書いておきますが、このフォント差し替えでロック画面のフォントが変わるのはnexus oneとかFLIPOUTとか、ロック画面がAndroid標準?の端末のみです。XPERIA等ではframework-res.apkの中身を弄る必要がありますので、ご注意下さい。
スポンサーサイト
nexus oneが手元に届いて早1週間。正式なFroyoアップデートは6月20日現在まだ開始されておりません。Google I/O 2010の2日目のキーノート(基調講演)で配布時期について"next few weeks"…数週間とアナウンスされていましたが、その5月20日からちょうど1ヶ月が経ってしまいました。最終的な調整等でまだ時間が必要なようです。

Twitterや一部ブログ等を見ている限りでは配信を待ち焦がれているユーザに「早くしろよ!」みたいな雰囲気はあまりなく、Android 2.2のコードネームであるFroyo(Frozen Yogurt)にかけて、「まだ冷えていない」とか「まだ固まってない」とか言って楽しんでいる様子さえうかがえます。よりよいものが提供されるならそれに越したことは無いので、私も楽しみに待っています。

ただ、Test版のアップデートイメージ(っていうかパッチ?)は既に5/23頃に出回っているもの(FRF50)があって、一部ユーザは早速試してみたりしているようです。私は購入したのが遅かったのもあって、それはパスして正式な配信を待つつもりでしたが、まだ正式リリースが見えないのと、先日また新たにTestFroyoのリリース(FRF72)がリリースされたのを聞いたことでTest Froyoを入れる気になってしまいました。こういうことやった直後に限って正式版がすぐ来たりしそうなんですけどね…w

手動アップデートはいつものごとくAndroid Custom Cookbookの手順書を真似させて頂きました。更新されている方々、いつもありがとうございます。私の手元のnexus one (AT&T版)はRA-recoveryを変えてカスタムROMを入れたりしていたので、まずはフルリカバリで完全に初期状態に戻すところから。フルリカバリ→2.1update1(ERD79)→2.2(FRF50)→2.2(FRF72)と順番にパッチをあてていくことで、すんなりアップデートが完了しました。
Froyo FRF72

というわけで、nexus oneにFroyoが入りました。スクショを撮った後にrootedパッチを当てたので今はカーネルバージョンが変わっています。FRF50での動作を見ていない&そもそも標準の2.1環境もろくに触っていないのでちゃんとした比較はできませんが、とても快適に使えています。正式版が来るのが楽しみです。
nexus oneを購入してしまいました。年末まで新しい端末を買うのは我慢するつもりでいましたが、Google I/Oカンファレンス2日目キーノート(リンク先:TechCrunch)をライブ配信で見ていて我慢できなくなり、丸2週間悩んだ末に手を出してしまいました。

nexus one

昨日無事届いたAT&T仕様のnexus one。スペアバッテリーも念の為同時購入した他、日本国内のネット通販ショップで画面保護シートとTPU製のケースも事前に購入しておきました。本体の注文から8日で届き、一般ユーザ向けのAndroid2.2(Froyo)OTAに無事間に間に合いました(←ていうか、いつなんだろう。まだ?)。

ちなみに、本体は代行業者では無く、公式のGoogle Phone Westoreで注文し、州税がかからないオレゴン州の転送業者経由で購入しました。5月半ばにWebストア閉店のお知らせ(リンク先:INTERNET Watch)がありましたが、まだしばらくは公式サイトでの購入が可能なようです。また、これまで販売のなかった韓国でも、大手通信事業者であるKTが6月末にnexus oneの販売を6月末より開始と報じられていますし、日本でももしかしたらもしかするかも…? 正直なところnexus oneの国内投入はあまり期待していませんが、様々なAndroid端末が国内市場に出てくるといいなと思っています。

手元に届いたnexus oneですが、開封から数時間後にはrootとってCyanogenMod 5.0.7.1-N1を焼いてしまいましたので、素の環境でほとんど使用していません。これまでもHT-03AでAndroid2.1のROMを使ってきていたので機能面ではあまり変わり映えしませんが、快適さが段違い。特にブラウンジングの体感速度が段違いで、本当に同じ回線で使用していると思えないほどでした。

使ってみて気になった点はこんなところ。[1]電源キーが本体上部にあって勝手が悪い、[2]HT-03Aと比べると「ホームキー」「戻るキー」の配置が逆でちょっと慣れない、[3]有機ELディスプレイの発色がやや赤い。事前に購入報告されている方のブログや書き込みをたくさん見ていて、大体皆さん同じようなことを書かれていたので、「ああやっぱり」てな感じです。その他は特に不満等ありません。

そんなわけで、メイン端末はHT-03Aからnexus oneに切り替えて使っていく予定です。当分ROM焼きはせず、Froyoの正式なアップデートを大人しく待とうかなと。その他にもDELLのStreakやMotorolaのFLIPOUTなど、気になる端末が発売、発表され続けています。当分Androidの動向から目が離せない日が続きそうです。
5月の頭にCyanogenMod5.0.7でb-mobileSIM U300を使うというエントリを書きました。そこで軽く紹介したのですが、「b-mobileSIM U300やWILLCOM CORE 3Gで通信できないとされてきたカスタムROM」でもlibhtc_ril.soというファイルを適切なものに置き換えることで3G通信が可能になります。HT-03Aのv1.6では使えないと当初されていましたが、おかげでU300等の利用が格段にしやすくなりました。

ということで様々なカスタムROMでU300を試してみて、意外と300kbpsでもイケるじゃん!となった訳ですが、困ったことが1つ。使えば分かると思いますが、アンテナが立たない&通信状況が分からないんですよね。ということでマーケットを検索してみて、過去に紹介しましたが2種類ほどアプリを使わせて頂きました。おかげで接続状況は分かるようになりましたが、何か一歩足りないのが残念でした。

で、つい昨日見つけたのが「3Gアンテナ表示」。これなら電波受信強度(アンテナ)とデータ通信状況が表示できるということで、さっそくインストールしてみました。

3g2.png
インストール後、アプリ一覧からアイコンをタップすると上の画面になります。ここで「手動起動」を押せばアンテナ表示が開始されます。再起動すれば自動で立ち上がってくれるので、このボタンを押す必要はそうそう無いと思います。

3g3.png
通信をしている時は、「3G」のアイコンに表示された矢印が白くなり、送信/受信の状況を知らせてくれます。本来のdocomo等のSIMで利用しているときに右側に出るアイコンとほぼ同じ表示ですので、違和感は特にありません。

3g5.png
APN切替ウィジェットを使って3G接続をわざと切断してみました。接続が途切れると上のように通知バーに一瞬「PPP接続:切断」と表示されます。接続の状況によって「接続処理中」「接続済」といった表示もされます。時計等が並んだ通常の状態と表示が切り替わるので、すぐ気付けると思います。

自宅で撮った為、アンテナが4本立っていないスクショがありませんが、もちろん電波受信強度に応じてアンテナの本数も上下してくれます。マーケットで「3Gアンテナ」で検索すれば出てきますので、b-mobileSIM U300やWILLCOM CORE 3GのSIMを使っている人にはオススメしたいと思います。

なお、5月下旬に公式のb-mobileSIM U300 設定方法にWebアクセラレーターの設定方法が追加されています。これまでのU300のAPN設定に加え、proxy:mao.bmobile.ne.jp、ポート番号:32080を設定することでWebページ表示速度の向上が期待できます。正直なところはっきり分かるほどの差は無い気がしますが、試してみる価値はあると思いますので、試していない方は是非。
apn2.png

※検証環境:CyanogenMod 5.0.8 test2(HT-03A)

前々から携帯電話ネタでエントリーをアップしてるので改めて言うこともないですが、携帯電話が好きです。好きだから、というわけでは無いですが複数台持ちをしています。で、最近それが会社の人にばれて(別に元々隠して無いけど)「月いくらかかってんの?^^;」みたいな質問を何度もされたりします。

「2台も持ってるの?月1万円とか払ってるんでしょ?もったいない。」と言う方の頭の中ではおそらく「基本料金が大体1000円で、パケホーダイがおおざっぱに4000円として、iモードやEZ WINが300円も必要で、合計5000円超。2台持ったら1万円。」といった計算になっているのでしょうが、そんなことはありません。

複数台数持ちは必ずしも高額の支払いが発生するようなものではなく、逆に費用を抑えられるケースだって結構あります。また、iPhoneに代表されるスマートフォンを使っている、だけど普通のケータイも使いたい!という理由で2台持ちしている人も見られます。ケータイ向けサイトでしか対応していないサービスやキャンペーン等も多いですので、なかなかスマートフォン1台にまとめられない事情もあるのでしょう。なんだかんだいっても通話やメールは普通のケータイの方が使いやすいという、根強い声もあります。

よくある例が、メイン回線を既に1つ持っていて、そこに音声通話用の回線を増やすケース。PHS間24時間無料のウィルコム各種定額プランでもいいし、ソフトバンク間なら1~21時は無料のホワイトプランでもいい。最近だと月390円のオプションで指定したauケータイ3件まで24時間無料で話せる指定通話定額が新設されました。少し特殊な例ではウィルコム沖縄のだれとでも定額なんてのもあります(5月末までの受付でしたが、今も出来るとか何とか)。

通話料金を抑えるために上のような方法をとる場合、基本的に電話を受ける相手も同じキャリアで契約している必要があるわけですが、各々だいたい月1000~1500円くらいの追加で済みます。キャンペーン等にうまく乗っかればもっと安く済んだりします。周知の事実だとは思いますが、ケータイ電話での通話料金はばかになりません。例えばdocomoのタイプSSバリューだと30秒21円ですので、たかだか30分話しただけで1260円です。現行の契約プランにもよりますが、月に1時間も話す相手がいるなら、それだけで確実に元が取れるわけです。最近は多くのキャリアが家族間通話無料だとか安価にメール送受信し放題な契約プランだとかを提供しているので、上手に組み合わせれば最適解が見つかることと思います。なお、当然ながら新規回線の端末代や新規契約手数料に加え、契約期間2年縛りなど諸々付いてくるモノもあります。通話だけなら型落ちの安い機種を選ぶのもありでしょう。この辺はよくご検討下さい。

2012年追記:
未だに検索により辿り着いてこられる方がいらっしゃるので追記しておきます。2012年4月現在、ドコモによる月々サポート増額や他のキャンペーンなどにより、MNPやXi契約をうまく使うことで月の支払額がわずか1500円や1000円、あるいは0円(ユニバーサルサービス料は別)でパケット使い放題などの契約が可能になっています。約1500円でのデータ回線運用については、2012年2月の「SC-04D(GALAXY NEXUS)にMNPしてきた」というエントリーで簡単に触れています。ウィルコムについても、誰とでも定額が2010年12月3日から全国区で開始されたほか、2台目無料キャンペーン等により大きく様変わりしています。

この記事は2010年6月頃の情報で古いので、書かれているような契約がお得!とは言い切れない状況に変わっています。場合によってはMVNO契約よりも本家の方が安かったりします。私自身も、この記事のときに比べて契約回線数は倍以上になっていますが、月の運用費はほとんど変わっていません。新たなプランやキャンペーンにより回線契約を取り巻く状況は毎月のように頻繁に変わっていますので、その時々できちんとお調べ頂いた方が良いかと思います。


一般的な話はここまでにして、自分の例。ちょっと面倒なことになってますが。
携帯電話

今は写真の3台持ち。頻繁に機種が変わっていると言われたりします。が、そんなことはないです、たぶん。左からドコモのN-04AとHT-03A、ウィルコムのnine(WS009KE)。デジモノは白が好きなので白ばかり(外装交換してしまいましたがHT-03Aは白モデル)。平日休日関係なく、基本的に3台全部持ち歩いています。契約内容や用途はこんな感じ…。料金計算には数円単位の誤差があるかもしれません。あくまで概算ということでご了承下さい。

N-04A
契約・オプション
タイプシンプルバリュー、ファミ割MAX50、パケホーダイシンプル、iモード月額使用料
月額
上記+eビリング(-100円)+ユニバーサルサービス料で1,003円~
用途等
要はドコモのメール使いホーダイそのまんま。普段のメール、通話、家族間無料通話、電子マネー(Edy)用として使っています。この端末ではi-modeサイトの閲覧は一切しないようにしています。その点を除けば恐らくごく一般的なケータイの使い方だと思います。メール使いホーダイは添付ファイル付きのメールも定額の対象になるので、使い勝手はかなりよいです。

HT-03A
契約・オプション
タイプSS バリュー、ファミ割MAX50 & b-mobileSIM U300
月額
上記+ユニバーサルサービス料で988円~ & 月平均2,483円 ≒ 3,471円~
用途等
b-mobileSIMネタで何度かエントリを書いたように、本来の契約回線であるdocomoの方を使っていません。b-mobileSIM U300によるパケット通信のみです。ならdocomo回線解約しろよ、と周りから突っ込みを受けますが、ファミ割MAX50や端末購入サポートがある場合、迂闊に解約すると、「使わずに持っているだけ」よりもお金がかかってしまいます。不思議な話ですが。一番安価なタイプシンプルにしておけば月額780円で維持できますが、これでは本当に「払っているだけ」で勿体無いのでタイプSSにしています。ファミ割MAX50で余った無料通話分は2ヶ月繰越後に別の家族契約回線に引き継げます。

nine(WS009KE)
契約・オプション
新ウィルコム定額プランG
月額
上記+ユニバーサルサービス料で1,458円~
用途等
PHS間通話、たまにパケット通信。せっかくの黒耳、ZERO3シリーズで使えばよいのに通話メインなのでnineで使っています。プランGでのPHS回線パケット料金は無料なので、気兼ねなく利用できます。当初は付属のFOMAカードをHT-03Aでごにょごにょ…などと目論んでましたが、U300で困らないので完全に寝かせています。ちょっともったいないですけど。このプランのよいところは、3Gの利用料金が0円スタートであること。おかげで無駄な月額料金は発生しないで済んでいます。なお、通話だけが目当てで端末にこだわらないならスペシャルパックを狙うとかなり安く済みます。家電量販店等でたまに実施していますので覗いてみてはいかがでしょうか。

ドコモでの多少発生する月もありますが、月の合計金額が全部で5,932円。ちゃんと計画練って契約したり、お得なキャンペーン時期に契約するなどすれば、比較にならないほど格段にもっと抑えられます。docomo利用の知人だとタイプSS バリュー&ファミ割MAX50&iモード使用料&パケホーダイダブル(上限)で5,700円+αくらいになっている場合が多いので、高い!と言われるような額では無いと思っています。安いか高いかは結局のところ自分が基準になるので比較論でしかないですが。

「無料通話」ひとつ取っても、上であげたように各キャリア少しずつサービス範囲が違います。また、スマートフォン利用であれば、b-mobileSIMを使うほか、イー・モバイルのPocketWiFiやUQ WiMAX利用でのWM3300Rなどのモバイル無線LANルータも各社出揃ってきていますので、今後は端末と契約回線の紐付けを取り払っての利用もしやすくなっていくと思います。私の友人は、機種変更したXPERIAをb-mobileSIM U300で使い、FOMAカードは機種変更前の携帯電話に戻して使っています。XPERIAの端末代の支払いは当然必要ですが、利用料としては月々2500円程の増加で済んでいます。

そんなわけで、「月いくらかかってんの?」に対しては「6000円くらいです」と返しています。必ず「何で?」と返されるのが困るんですけど、用途を決めてそれにあった契約をすればそんな高額にはならないよ、というお話でした。
6月1日からローソンにてドラえもん原作40周年記念 藤子・F・不二雄キャラクターズフェアが開催されています。

対象商品を2個買うと1枚もらえるクリアファイルが一番気になったので、初日にささっと無事入手。
クリアファイル
原作40周年というだけあって原作絵なのが嬉しいですね。この手のフェアだと断然アニメ風イラストの方が多いですし。そして、背景がまっ黒ってのも珍しい気がする…。

他にも限定商品でお菓子なども扱っているので、来週以降にでも買ってみようと思います。また、15日からは一番くじも始まります。なお、クリアファイルは数量限定なので欲しい方はお早めに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。