--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WILLCOMから新しいスマートフォンが発表されました。
「HYBRID W-ZERO3」の発売について(WILLCOM プレスリリース)

WS027SH_427
画像はhttp://twitter.com/willcom_blog/statuses/5667225934より

大方の期待を裏切らず、SH端末です。

HYBRID
何がハイブリッドかというと、W-OAM typeGとW-CDMA(3.5G)HSUPAの2方式を採用しているところ。ハイブリッドだ!っていうよりは、WILLCOM端末で高速通信できる!って点に訴求力があるというか魅力があるんだと思うのですけども。もちろん無線LANやBluetoothによる通信にも対応するほか、GPSも標準搭載しているようです。

テンキー採用
これは趣味が分かれるところ。qwertyキーでガシガシ打ちたい、あるいはqwertyキー故に豊富なショートカットキーの利便性は確かにあります。私もそのつもりでWS020SHを購入しました。が、いかんせん片手で使いづらい。混雑した電車で通勤カバン持った状態で…だととても使えたもんじゃないです。その点テンキーなら片手でらくらく。用途にもよりますが、私は これはこれでありだと思っています。ちなみにソフトキーは大嫌いです。

縦スライド
テンキーだから縦になったのか縦だからテンキーなのか知りませんが、これはどうなんでしょうね。開いた状態を想定すると、本体最下部から画面最上部までの長さが結構なことになって、タッチパネル採用端末としては使い勝手が悪そうな気がします。もちろん閉じているときは気にならないでしょうけれども。それと、横長の画面の方が使いやすいアプリケーションについて、閉じた状態でどこまで操作できるかが気になります。横向きでテンキー使うわけにもいかないですし…。

CPUが・・・?
今年の春頃登場したTG01(docomoのT-01A)はSnapDragon (1GHz)を採用していて、WM端末もGHzクラスのCPUを使うようになってくのかな、と思っていたのにWS020SHはMSM7200A、ARM11 (528MHz)を採用。ちなみにHT-03AがMSM7201A。周波数だけでCPU性能は比較できないですが、WS020SHが520MHz (Marvell PXA270)だったことを考えるともうちょいなんとかならんかったのかという気がします。

500万画素カメラ
画素数だけ増えても正直どうしようもないんですが、オートフォーカス・手ぶれ補正つきだというので、ちょっと期待しています。WS020SHの200万画素カメラは起動が遅いわ、ノイズがひどいわでまったく使えるレベルじゃなかったので…。

Windows Mobile 6.5
ぶっちゃけ期待していません。というか、今のところよい評価を聞いたことがありません。WM6.5に求めるのは、安定して動作することと、WM6.1ないしは他の旧バージョンで動作するアプリがそのまま動いてくれること・・・です。

ノーブルブラック&プレミアムゴールド
何を血迷ったかピンク・ライム・ゴールドの3色ラインナップで発売されたWS020SHに対して 無難なブラックとゴールドの本体カラー。でも上面は両方ともブラックなんですね。WS020SHはイルミネーションキーを採用している為、やむなく黒にしたんだろうと思っていたのですが、WS027SHについてはどういう理由なのだろう。デザインでしょうか。ツートンカラーみたいで、あまり好きではないんだけどなあ…。

と、書きたいことだけ書いてみました。世間一般ではiPhoneこそがスマートフォンの代名詞みたいになっているように思えて正直面白くないんですが、しゃーないんですかね。「Googleケータイ」でおなじみ(?)のAndroid端末もさほど・・・だし。まあ、まだ機種が出揃っていないのもあるけれど。「スマートフォンが欲しい」んじゃなくて「iPhoneが欲しい」人の方が圧倒的に多いから、そもそもAndroid端末やWM端末に対して興味ないんだとは思いますけどね。個人的にはAndroidにもうちょっとがんばって欲しいです。

追記:2009/11/15
twitterで他の人のつぶやきを見るまで気がつきませんでしたが、WS020SHにあったワンセグチューナーは載っていない模様。あまり使わなかったし(起動が遅い上に感度悪いから使ってなかったとも言う)、あまり必要とされていない機能なのかもしれないですね。2台持ちの人も多いでしょうし。他社製スマートフォンの大半にも搭載されていないですし、そういうものと別の機能を必要としているユーザーが多いのでしょう。

あとはプラン次第ですね。11/15現在、WILLCOMの新つなぎ放題が3,880円(基本料金含む)、docomoのBiz・ホーダイダブルが上限5,700円(基本料別)といったところ。5,000円に収まってくれれば嬉しいですが…。発表を待ちましょう。



関連記事:
速報:ウィルコム HYBRID W-ZERO3発表、PHSとW-CDMA 両対応(engadget日本語版)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。