--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.29  PC・デジモノ
会社からの帰り道、gigabeatFの電源を入れたら・・・!

SYSTEM ERROR 00000010とエラーが出てしまい、再生できません。起動しません。PCにつないでも外部ストレージとして認識されません。一昨日T芝製auケータイ(W44T)を解約した矢先に・・・。これはもしやT芝様がお怒りに・・・。ひぃぃ・・・((((;TДT)))))

とまあ、変な冗談は置いといて。最近gigabeatに関する書き込みをちょくちょく見ます。大抵はG/F/X/S、特にG/Fに関するトラブル。某巨大掲示板や某巨大SNSでの報告だと、バッテリーの寿命かHDDコネクタの接触不良に関するものがほとんど。現在1年11ヶ月使用しているこのgigabeatFも徐々にバッテリーの持ちが悪くなってきてたり。でも今回の事象は後者の方です。ということで修理決行。

分解した場合、メーカー保障の対象外となります。 この記事がもとでいかなる問題が発生しても管理人は一切の責任を負いません。自己責任となります。ご承知ください。

と、自己責任云々は本当ですが、実はgigabeatFの説明書にバッテリー交換方法(≒分解方法)が図示されていたりします。何で書いてるのかなあ。バッテリーだけ売ってくれるのかなあ? それはさておき、説明書を見るほどの作業ではありません。カバーを外すとこんな感じに。筐体底面の主電源は事前にOFFにしておきましょう。

   

注:バッテリー交換が不要であれば、表のカバーを外す必要はありません。

要は底蓋をパチッと外して、+ドライバーでネジを4つ外すだけ。液晶むき出しになるのでベタベタ触っちゃダメですね。てか通常使用でも画面にホコリが入るんですが・・・。同じ要領で裏カバーを外すと1.8"HDDが出てきます。裏カバーの方が気持ち固いかも。

   

左の写真の具合に、見事にコネクタが抜けかけ。そりゃHDDにアクセスできないはず。キチンと奥まで差し込んでカバーを戻して完了。しかし、筐体に入っているホコリが思いのほか多い・・・。

とこんな感じで特に難しいところもなく無事元通りに。同じ症状・エラーコードならこれで直せるかもしれませんが、この手順で直らなかった場合にメーカー保障が受けれないと困るので、不安な方は最初から修理に出すようにしてください。
スポンサーサイト
2007.05.12  PC・デジモノ
先月発売されたばかりのgigabeatUに新しいデザインのモデルが登場。

gigabeat Uシリーズ | 東芝

先月初め生産遅れのために一部モデルの発売が延期になったことが印象に残ってましたが、正式に発売されてから一月で新モデルの投入。樹脂ボディだったU101/201に替わりアルミボディのU102/202。良くも悪くもgigabeatらしくなくなった、がUシリーズの感想だったのに、思いっきり戻った感じですね(笑)。Fシリーズそっくり。もうプラスタッチでは無いのだけれども。

同一の性能で異なるデザインが同時期に展開されるのは、消費者側としては選択の幅が増えるわけだし、いいことな気がします。仮にこれでUx02モデルの方が明らかに販売台数を稼げたら、次シリーズはこっちのデザイン寄りになったりするんですかね?? で次シリーズといえば気になるニュースがあったんですが。

マイクロソフトWindows Mobile for PMC 終了のお知らせ

gigabeatSとVはWindow Mobile for PMCを採用してて、それが宣伝文句の一部でもあったと思うんですが、今後はどうしていくのかな。思えば東芝のHDDデジタルオーディオプレイヤーは昨年4月発売のgigabeatSが実質最後(Vは動画用、としといて)なので、多少展開が気になってきたところなのですが。Windows VistaおよびWMP11への対応状況みたいな話も出てきてるので余計気になるんですよね・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。