--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小坂理絵先生ご自身のサイト「くまの遊歩道」にて残念なお知らせが。昨日付けで更新されたごあいさつによれば「なかよしを辞めることに」なったとのこと。小坂理絵先生なかよし復帰というエントリーで触れたように、昨年末に発売された「なかよしラブリー2007冬の号」に「山田さん」の新作が掲載されたものの、まだ完全に復帰できる状況ではなかったようで、今回の発表に至ったご様子。

復帰前に発表済みだった分に加え、今回と次回の掲載で単行本化の予定があると知り、嬉しかった。なかよしラブリー冬の号の表紙に書かれた「新シリーズスタート」と「小坂理絵」の文字が、そして作品の最終ページに書かれた「つづく」が本当に嬉しかった。本当に復帰されたんだ、と喜びで一杯だった。

次号での掲載が決定していた事実があって。当然ながら締め切りがあって。復帰後間も無かろうが例外ではなくって。今の状況では続けられないとのこと。今でも先生の書かれたコメントを見るのが悲しく残念極まりないが、一番残念なのは小坂先生ご自身なのだろう、悩みに悩んでの決断なのだろうと思うと、それ以上は何もいえない。今月15日にいつものようにQ&Aを更新されてわずか3日後の出来事。本当に選択に迫られての話だったのだろう。

今まで育児4コマや以前の作品のキャラクターの書き下ろしなどを数点発表されていたサイトも今月限りで閉鎖されるという。「なかよしを辞める」=「漫画家引退」とは思いたくないものの、新たな発表の場との出会いがどれほど難しいのか、素人の私にはとんと想像がつかない。漫画家小坂理絵としてどこかで名前を見られることを信じて本当に復帰される日を待ちたい。


追記:
閉鎖発表後にトップページが差し替えられたものの、実際はサイトが閲覧できる状態でそのまま保たれています。現在のトップページはこちらになってます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。