--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.27  漫画・アニメ
SEED 総合NEWS(Xplosion!)にてスペシャルエディション第2弾の放送日発表。タイトルは「機動戦士ガンダムSEED DESTINY
スペシャルエディションⅡ ~それぞれの剣~」。あぁ長い長い。関東地区は7月30日(日)深夜1:50~3:40だそうで、一挙110分だそうですよ…。詳しい放送時間は上記リンクを参照のこと。

>(前略)アスランの視点で再構成されています。
>収録内容は、#14~#28までのストーリー。
あぁ、そうかい。アスラン視点かい。元々がこのパートはアスランがセイバーを受け取ったあたりからキラに大破させられるとこなので 今更何を、という感じがするんだけど。せっかく序盤でシンがまともに活躍したり、結局ストーリーにあまり絡んでこなかったロドニアのラボとか見せるべき部分はあると思うんだけども。Destinyに淡い淡い期待を捨ててなかったのもここまでだっけな…。
スポンサーサイト
2006.06.26  漫画・アニメ
『無限のリヴァイアス』のDVD-BOXが10月に発売されるとのこと。5.1chリマスターされたほか、ファンディスク(無限のリヴァイアス ライト)3枚も同梱されるとのこと。お値段は通販価格だと¥35,000を切るようで。と少し気になるニュースがあったんですが、あの『MUSASHI GUN道』もDVD化されるそうじゃないですか。

7月7日発売予定のMUSASHI~放送オリジナルバージョン~DVD-BOX。"放送オリジナルバージョン"です。リンク先見れば分かりますが、リテイク作業が進行しているようで、完全版(?)DVD-BOXも後日販売されそうな。となるともう趣味の一品ですね。GUN道の魅力を十二分に理解している方専用。私にはそんな冒険心はありませんのでスルー(完全版もいわずもがな)。
2006.06.25  PC・デジモノ
iPod効果でフラッシュメモリ好調――「10G超nano」登場か(ITmedia news)

昨年度のデジタルオーディオプレイヤーの出荷台数のうち8割はNANDフラッシュメモリタイプとのこと。iPodシリーズ初のフラッシュ採用となったshuffleは機能的な制約が大きかったものの、すっかりノウハウを継承したnanoの人気はまだ続いてる感じ。第5世代iPodに勢いは正直あまり感じない中、10GBクラスまで容量拡大したnanoが年内に投入されることで ますますHDDタイプの出番が落ち込みそうな。

そもそもNANDフラッシュを開発したのは東芝だけれども、そんな東芝が今一番HDDタイプにこだわっている印象。日立と共にHDDでトップレベルを誇る同社でもあるし、今年始めにHDD内蔵携帯電話を発表したわけで、ある意味一貫した姿勢を見せているのかもしれない。とはいえあまり小型・軽量とはいかないHDD機器はライトユーザには敬遠される感があるし、実際同社のgigabeatシリーズは相変わらずの売れ行きだと思われる。この6月にgigabeatPからタイアップモデルgb NANAを投入したのはフラッシュタイプへのテコ入れもあるのだろうか。

東芝と逆にNANDフラッシュに偏ったラインナップのPanasonic D-snapシリーズ。SDメモリーカードを中心とした事業展開をしているだけに至極当然といえば当然だが、CDやMDを中心に展開していた当時のPanasonicを思うと やはり軌道に乗り切れていない感じが強い。同じくパナ製のデッキ(D-dock)とD-snapとの連携がウリのひとつで、同社としては理想的な展開になるのだろうが、そこまでの設備投資をする価値と、その結果得られる環境に対して大した魅力を感じられないのが残念といえば残念。

最近吊り広告などでEシリーズをよく見かけるSONY。以前は現在のSDカードのような展開をMGメモリースティックで提唱していたものの、とんと見なくなった。メモリカードをオーディオ機器に用いることに見切りをつけたのか、ケータイをはじめSDの普及に押されたのか。現在 内蔵フラッシュとHDDで展開している同社のデジタルプレイヤーも、Aシリーズの評判があまり芳しくなかったりと伸び悩んでいる気がする。Panasonicと同じくMDの時代を引っ張ってきた同社もIRIVERCREATIVEなどデジタルオーディオに進出してきた企業にお株を奪われている、そんな気がする。

昨年末の段階でポータブルデジタルオーディオ機器で60%を超えるシェアを有していただけあってiPodの持つ影響力はあまりに大きい。MP3プレイヤーを黎明期から牽引してきたRioが昨年業界撤退したのにも少なからず関与していたと思う。近々10GBクラスのフラッシュプレイヤーが登場することで業界全体に少なからず影響は出るだろう。大容量化が見込めるHDDであれどオーディオプレイヤーである以上は100GBクラスは必要のある数字とは思えないだけに、10GBクラスのフラッシュプレイヤーが当然のように市場に出回り出すと その存在が危ぶまれる気がする。今後の動向が非常に興味深い。
2006.06.22  ゲーム
任天堂、ニンテンドーDS向けブラウザを7月24日に3,800円で発売(BB WATCH)

今年春のニンテンドーDSカンファレンスでワンセグ受信機と共に発表されたWebブラウザの発売日が決定。一足早くWebブラウザ機能に対応していたPSPですが残すところ1ヶ月ということに。表示画素数の差はあれど、まともにサイト閲覧するなら最低限VGAクラスは欲しいところなので ある意味どっちもどっちな気が。

DS標準機能の恩恵でポータブル機器で問題になりがちな文字入力についてはカバー。軽く関連記事に目を通した範囲ではSSLに関する記載は見つからなかったが、PSPも対応していることだし、当然のようにサポートされてる…と思いたい。Opera共同開発だというし下手なソフトにはなってないと信じてますが。ただFlash未対応は惜しいかな。いまやケータイでも再生可能ですし…。

ものがものだけに家で使う分には利点が少ない。かといって公衆無線LANアクセスポイントもさほど充実している気もしないし…。正直言って使いどころがいまいち分かってない自分がいます。

関連記事
ラクラクWeb閲覧! 「ニンテンドーDSブラウザー」が7月24日に発売(電撃オンライン)
任天堂とOpera Software、DS用WEBブラウザ「ニンテンドーDSブラウザー」を7月24日に発売(GAME WATCH)

===最近の買い物===
・ヤンマガKCSP『湾岸MIDNIGHT』第17~19巻、楠みちはる(講談社)
・『カオスだもんね!』第2巻、水口幸弘(アスキー出版局)
2006.06.19  雑記・雑感
概ね以前の状態にたどり着いたPC環境。が―――。何は無くともPCに張り付いていたのに この数週間で様相が変わってしまった感じ。せいぜいメールチェックとブログ巡回くらいなもの。このブログにしても、書くことが無いわけでもないが一旦休んでしまうとすっかり勘が狂ってしまい記事ひとつ書くのもままならなく。

あまり積極的には書いてこなかったが、趣味のひとつだった2ちゃんねる。5~60スレほどのブックマークも、1スレで500件の新着があったり、新スレ移行してしまっていると追いかける気もせず、一気に熱が冷めたような。また時同じくして巡回していたスレ紹介ブログが軒並み閉鎖した(参考:2ちゃんネタは誰のもの? スレ紹介ブログの閉鎖相次ぐ[ITmedia News])こともあって もはや完全に遠い世界に。

はて。ちょっとしたことで1日の生活なんて簡単に変わるものですね。mixiのチェックもPCですればいいのに気付くとケータイで見てしまっていたり・・・。やってることは激減したはずなのに別段 時間が空いた気もしないし。前の感覚は取り戻せるのかなぁ・・・。取り戻さなくていいのかもしれないけれど。

===最近の買い物===
・少年サンデーコミックス『名探偵コナン 第54巻』青山剛昌(小学館)
・少年マガジンKC『さよなら絶望先生 第4巻』久米田康治(講談社)
・りぼんマスコットコミックス『アニマル横町 第7巻』前川涼(集英社)
・新書版『クレヨンしんちゃん 熱血!産休先生編』臼井儀人 (双葉社)
・イブニングKC『もやしもん 第3巻』石川雅之(講談社)
2006.06.12  PC・デジモノ
初めましての方、停滞中も訪問して下さった方、もう忘れてしまった方、RSSリーダー使ってて無駄足踏んでない方、色々いらっしゃると思いますが、こんばんは。なんやかんやで更新停止しておりました、ご無沙汰してます。

2週間前に書いたPCの件。家電量販店に持ち込んで修理依頼しまして。人のこと言えないけど、頼りなさそうな担当者さんと相談。症状を話したところ、彼が言うには端子周りだけでなく内部まで熱が行っちゃってる可能性云々。バッテリーで起動できてたんだから んなことないと思うんだけども。

書き終えた修理依頼書を持って奥に消え、戻ってきた彼の口からは「申し訳ございませんがおあずかりできません」。メーカーサイト直販モデルは取り扱えないのね。常識ですか。知らなんだ。というわけで振り出しに戻る。

で結論をいうと、買い換えました、中古PCに。アウトレットの次は中古ですよ。安物買いの(以下略。まぁ修理代金と要する時間に加え 現状での不満を考えるとそれもありかな、とほとんど考えないで決行しましたとさ。その辺の話はまた後日。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。