--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くろうみそ』(てんコミ8巻)
原作では「いいや、2ページほどやる」とのメタな迷言で有名な話。これをアニメで再現するのは無理があるので他の手法を楽しみにしていたのだが どうにも期待外れであった。ドラえもんが逐一相槌を入れていた点のほか、まるでマジメに聞いている様子のないのび太のせいで説教の重みが削がれてしまったのではないだろうか。それでいて最後は簡単に改心してしまうのだから どうにも納得がいかない。

おやつを食べると宣言したのび太にパパが付き添う。これは必要なかっただろう。「くろうみそ」を嘗めたのを知っているとはいえ おやつを食べるのを応援する親がどこにいるというのか。ましてや それがさっきまで説教していた人物なのだから・・・。この話は最後のオチだけつければ十分であろうに、随所随所にギャグが織り交ぜられたことで逆に面白みを減らしてしまったように思う。

全体的に作画の乱れが目立った気がする。特にドラえもんの顔のくずれが気になった。作画とは違うところではパパの声に違和感。怒ってる様子を表現しようとしているのは分かるのだが、どちらかといえば野太い別人の声のように思えてしかたなかった。

無敵コンチュー丹』(てんコミ19巻)
話には何ら関わってこないのだが、原作では最初のコマでドラえもんがスライムで遊んでいる。FUJI TOYによるTOY HISTORYによればスライムブームは1978年ごろだそうだ。カットしてもストーリー上に影響はないので何もなかったかのようにカット。

原作では木によじ登って葉っぱを食べるところをアニメでは冷蔵庫から生野菜を。庭の植木を見て植物を口にしたくなったのは明らかだったのだが、どういう意図で変更になったのかは分からなかった。ドラえもんが後から野菜をこっそり差し入れに来てくれたが、あれは買ってきたのだろうか? 冷蔵庫から出したのなら怒られるのも時間の問題だと思うのだが。

のび太が口から糸を吐くあたりは少し不気味さも醸し出されていてなかなか良かった。サナギになったのび太を さも当たり前のように「出来てる出来てる」と笑顔で見守るドラえもん・・・。案外未来では当たり前の光景だったりするのだろうか。

===
今回の2本は原作の良さを殺してしまっているように思った。テンポは悪いし、説明口調の多い作品をブッキングしてしまったのも悪く作用したのだろう。『くろうみそ』は前述の通り作画の乱れに加え各キャラのセリフ回し、口調に不満が残った。また『無敵コンチュー丹』はほとんど大山ドラ時代の絵に回帰してしまった上に スネ夫がしつこいくらいにジャイアンからとばっちりを喰らうあたりから 最近のわさドラでは見られない違和感を受けた。のび太が殺虫剤から逃げ惑うシーンも長すぎだろう。前回の『Yロウ作戦』が楽しめただけに残念な結果となった。

『のび太の恐竜2006』新予告編公開
劇場版の公式サイトでもピー助と黒い男の声が新たに公開。船越英一郎さん演ずる黒い男は無難に悪役らしい悪役といった感じで好印象。のび太役の大原めぐみさんも随分演技が上手くなってきたと思う。が、個人的なイメージに対して神木隆之介さん演ずるピー助は少しずれていた・・・かな。もっと甲高い泣き声のイメージだったのだが、抑揚の少ない落ち着き払った声に違和感を否めなかった。別れのシーンでの泣き声連呼でも あんな調子なのだろうか。

===
次週は『ロボ子が愛してる』と『声のかたまり』。激しく変化するロボ子の言動をしっかり演技で魅せてもらいたいです。
スポンサーサイト
オールシーズン・バッジ』(てんコミ16巻)
「わー、紅葉がキレイだなー!」・・・あんまりキレイじゃなかったような。「山が火に包まれたみたい。」いや、絶対褒めすぎ。

スネ夫を相手にもせず楽しく泳ぐのび太とドラえもん。すまし顔で試しに11月の湖に入っていくスネ夫が哀れ・・・。スキーを始める2人に対抗意識を燃やしてスキー板を取りに行くのが骨川一家らしいところ。これは面白い追加点だった。

とまあここまでは楽しめたのだが、原作同じく締めには少し不満が残った。うまくオチを作るのが難しいネタだと思う。

Yロウ作戦』(てんコミ11巻)
相手チームはユニフォーム、ジャイアンズは私服。格好からして気合が違うと思うんだけど。まあ、遊びのチームでユニフォーム作るのは贅沢か。当然のように大敗を喫したわけで、ジャイアンによって2軍制が提案。いや・・・、それは2軍制じゃなくて1軍+球拾いだろう・・・?

Yロウを初っ端から2本取り出すドラえもん。受け取った側の反応が少し大げさなように思った。その一方で送った側のやましさが表情に表れていてよかった。Yロウを使って1軍を勝ち取るか否か葛藤に苛まれるのび太。「コンピュータペンシル」のときといい葛藤のシーンは毎度毎度なかなかのもの。

「のび太は頭が痛くてお会いできないそうです」問いただされもしてないのに自らのび太を擁護するママ。Yロウの効果は未だ健在だったのか。

のび太を雨の中ひとり野球させるためにやってきたジャイアン。「ゴルゴンの首」といい、白目はNGなのだろうか。焦点が定まっていないかのような非常に微妙な目をしていたが、少し残念。

===
次週は『くろうみそ』『無敵コンチュー丹』の2本。「いいや、2ページほどやる!」に変わるアニメならではの表現に期待。難しそうだけど。
2005.11.17  雑記・雑感
今年も何やら発表されてましたね。分からないモノや取っ付きにくいモノはパス。

愛・地球博
あまり関心持ってなかったし、これといって情報も集めなかったっけ。
いつ始まって いつ終わったかすら記憶に残っておりません・・・。

iPod
商売戦略巧みだね。そんなイメージが先走ってる・・・。
いい加減にgigabeatを見て「iPod?」と聞くのはやめて欲しい。

アスベスト(被害)
小学校で「石綿は発ガン性がある」と教わった。なぜ使ってるのか不思議だった。
対応遅いとかそういうレベルの話じゃないよね。利益追求の結果か。

寒天レシピ
スーパーでバイトやってるので まさに現場を見たというか。
入荷する度にカゴ一杯買っていくのを見て複雑な気分に・・・。

ジャンガ、ジャンガ♪/フォーーー!/あるある探検隊♪
お笑い番組、一時期見てたけど また見ないようになってしまった。
個人的に好きな方ではない お三組がノミネートイン。

萌え○○/メイドカフェ/○○タン/電車男
こういう断片でオタク文化を受け取られるのは微妙な気持ち。
非常に近いところに趣味を持ってるのだろうが、何か違う・・・。

NANA
読もう読もうと思いつつも なぜか未だに1話たりとも読めず。
自分が読んでる少女漫画は どれもこれも流行ってない気がする。

ムシキング
これが流行ったせいか 小学生&母親をゲーセンでよく見るように。
タイトーのダイノキングがセガに提訴されたのは記憶に新しい。

ホワイトバンド
反対派のまとめサイトを見るまで存在自体まったく知らなかった。

なんだかいつにも増して政治関連のキーワードが多い気がする。自分としては阪神タイガースの勝敗に一喜一憂して、日本シリーズですっかり凹んだ、そんな一年でした。まだ1ヵ月半残ってるけどね。
けん銃王コンテスト
「だいたい、何発撃ってるんだよ。6連発だろ、それ。」思わず笑ってしまった。


空気ピストルの仕様変更、気絶ではなく眠ってしまうことに。何やら事情があるのかもしれないので無理に"気絶で通せ"とは言わない。オチのママが眠ってしまう、という点にも矛盾は生じないので許容範囲だろう。ただ、銃弾(?)が当たると眼がトローンとしてフラフラ~、グゥ・・・といった眠りを表現する手法のせいで緊迫感が阻害されたのでは、と思う。

もうひとつの変更点はジャイアンがけしかけた犬。原作ではどこから連れてきたか不明だったが、通りすがりの犬を使ったことが判明。これを明らかにするのは別に構わないのだけど、多少無理のあるおびき寄せ方だったのが残念。昔は野良犬などが当たり前にうろついていたのかな。

おおかみ男クリーム
もはやドラえもんズのドラニコフにしか見えないオオカミドラ。ドラえもんが使ったときは全身毛むくじゃらなのに、ママが使うと顔だけなんだよなぁ・・・。のび太がドラえもんに追い回されるシーンで台所を歩くママが一描かれていた。話にまったく絡まない動きだけれど、細かい演出があるのはうれしい。

アニメではドラえもんの顔も"まるいもの"として認知してしまうことに。ドラえもんズでドラニコフが変身するときには、"丸い物体⇒月⇒丸い物体"と非常に分かりやすく絵の転換がなされているが、今回それがなかった点は評価したい。原作でもないのだけれど、実際やってしまうと しつこくてしょうがないだろう。おかげでくどくなく、間も上手く取れていたと思う。

---
次週は『オールシーズン・バッジ』と『Yロウ作戦』。
2005.11.05  自己紹介・バトン
gummigummi-ballさんから映画バトンをいただきました。いつもありがとうございますー。映画には非常に疎いですが、答えさせていただきます。

1:人生で初めて観た映画
たぶん『のび太の日本誕生』かと。毎年恒例の入場者プレゼントはこの回から始まったんですよね。・・・どこにいったんだろう、アレ。

2:好きな映画監督
好きとか言えるほど映画見てないのでー。

3:好き(オススメ)な映画
甲乙つけ難いし、評価しづらいので大長編ドラはあえてパス。たまには別の話を。
名探偵コナン 天国へのカウントダウン
コナンの映画№1はこれですねー。予告編との相違があるとのことで往年のファンからは評判悪かったりもするようですが。評価点は、事件への推理が途中で転回すること、蘭や少年探偵団全員に無駄なく自然に見せ場を持たせていること。個人的にこの作品がその後のコナン映画の方向性を決定付けたと思っています。大掛かりなアクション主体になったのはこの回が大きな転機な気がするし。あと、作品毎にエンブレムみたいなデザインがついたのもこの回からですね。

他に挙げるなら『逮捕しちゃうぞtheMOVIE』と『火垂るの墓』あたり。前者、シリアスに徹したストーリーで"逮捕"の世界の広さを垣間見た気が。アニメは(特にSpecialは)ギャグの面が強いので。後者、印象が強すぎ。絵コンテ集をパラパラ見るだけで目頭が熱くなってしまう。

4:今まで観て駄目だった映画
WXIII 機動警察パトレイバー3
パトレイバー好きなんですよ。特に原作の"廃棄物13号"は大好きなんですよ。だけどコレはダメです。というか、この部分だけ抜き出して1つの作品にするという行為自体に無理があると思います。やはり、黒いレイバーが話の主体にありながら、このような一作品として扱えそうなエピソードを見事に主題に絡めていたところが見どころだったと感じているので。刑事を主人公に据えて、特車2課の存在を控えめにしている点は別に気にしてません。作品の捉え方を変えて別視点で臨むのは面白い試みですし、しっかり成立されていた点は評価したいです。

ダメというかトラウマになったのはスティーヴン・ソマーズ監督の『ハムナプトラ』。それまで全然平気だったのに極度の虫嫌いになってしまいました。もう本当にダメです。喜々としてセミとかバッタとか捕まえていた幼少期がもはや信じられない。

5:これから観たい映画
のび太の恐竜2006』ですかね・・・。というか他に気にしているタイトルなし。

6:次に廻す5人
しゅーまっはさん、seika_shirokumaさん、よろしければお願いしますー。
『正直太郎』(てんコミ2巻)
初期の巻にはめずらしくインパクトが薄いけども、ほんわかした名作といった印象。みちびきエンゼルや腹話ロボットに近くもあるけど、持つだけで機能するところが分かりやすく、危ない。

腹話ロボットを拾ったスネ夫に鉢合うジャイアン。人形を奪うところはアニメオリジナル。かあちゃんに見つかって怒られるところは面白かったが、放り出した人形を犬が咥えて(中略)サチコさんが拾うわけですが、ちょっと都合良すぎかなぁ・・・。

拾った人形と向き合うサチコさん。人形と話し合うような、問いかけるような視線がうまく表現されていたように思う。心なしか人形の顔かたちが玉夫おじさんに似ている気もするので、もしかしたら彼の姿を投影して自問自答していたのかもしれない。

『ゴルゴンの首』(てんコミ20巻)
ゴルゴン3姉妹の話は知らない小学生も十分に多いと思うのだけれど、知らないことに呆れた様子のドラえもん。メデューサといえば小学生でも大多数が聞き覚えあるだろうに、あえてゴルゴンにするあたりがF先生のセンス・・・?

石化に関する描写が非常に不満。白目を剥いてない先生、石になっても ほんのり色が付いたままのドラえもん・・・。ここは魔界大冒険のように完全に石っぽくしてもらいたかった。

印象的だったのは グルっと回るようなカメラアングル。最初はいいと思ったのですが、ちょっとしつこかったような気もする。時間的にも引っ張る必要があったのだろうけど、一番最後の得意気なのび太も含め、短く済ませてもらいたかったかな。

===
次回は『けん銃王コンテスト』『おおかみ男クリーム』。一生懸命ながらもはた迷惑なドラえもんに期待。
2005.11.03  ゲーム
休講やら何やらのおかげで思いがけず1日フリー。お昼頃から渋谷へ出かけ、ずっとゲーセンに入り浸ってました・・・。ゲーセン行っても主には連合vs.ZAFTくらいしかやらないのですが。

近場のゲーセンに行かずに渋谷まで行ったのには訳がありまして。テーマは"丸半年以上使ってなかったQMAIIのカードが使えるか否か"。通学ルートが変わったせいでQMAII設置店に気軽に行けなくなって それ以来遠ざかっていたのですよ。なので少なく見積もっても4月以降未使用・・・。

結論。まったく問題なかったorz 。なんで凹んでいるかというと、先々週頃に新規カードを衝動買いしてしまったのですよ・・・。あーもー、ダメ元でも試しておけばよかったー!! まあ、件のカードは勉強机の奥深くから今朝方 発掘されたのですけども。

戦績。5戦全て予選3回戦落ち。つーかさー、5回もやって予選3回戦で毎回芸能問題って はめられてるとしか思えないんですが・・・ひどいよ。さっぱり分からないし。終わった時点で中級魔術師1級にようやくなりました。次回あたり上級魔術師に昇格して、当分の間は痛い目を見そうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。