--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し気になったので書き留めておきます。

このブログでも少し触れましたが、2011年8月3日から藤子・F・不二雄キャラクターで車体をラッピングした「小田急 F-Train」の運行が小田急線で開始されました。その後、都条例(東京都屋外広告物条例)に抵触しているとの指摘を受け、予定より大幅に早い同年9月30日をもって運行を終了したことは記憶に新しいと思います。

また、2013年3月9日から3月31日には小田原、箱根、新宿などに実物大のドラえもんフィギュア100体が集う「ドラえもん100展」が開催されました。イベントで国内初展示された実物大フィギュアは同イベント以降、「藤子・F・不二雄展」の巡回のおともとして東京タワーやグランフロント大阪、JR博多駅前広場を巡るなど、各種イベントで今なお活躍しています。


2つ取り上げた小田急電鉄に関係する藤子・F・不二雄の話題。これらはいずれも特設サイトが設けられていました。「F-Train」は指摘を受けて運行終了を決定して程なくサイトが閉鎖され、アクセスすると「特別電車「小田急 F-Train」の車体ラッピングの終了について」にリダイレクトされるように、「ドラえもん100展」の方はイベント終了の旨をトップページに掲示していました。「ドラえもん100展」の閉鎖後の画面はInternet Archiveの「Dream Museum on WEB | 箱ドラ100で検索!」で確認することができます。

2つのサイトは、ドメインが取得されて1年が過ぎた際にドメイン契約の更新が成されなかったために失効し、第三者によって取得され、2014年12月現在、いずれも他の方のブログとして利用されています。面白いドメインや少し変わったドメイン、あるいは被リンクの多いサイトのドメインが失効して所謂期限切れドメインとなると別の方が購入して転用するのはよくある話ですし、使われていなければ誰でも購入可能で「早い者勝ち」なドメインの仕組み上、これは何も問題の無い話です。

そのため、購入して使用している方(あるいは企業)には何も問題は無く、ブログに使おうが何だろうが構わないのですが、気になるのは小田急電鉄の方。


何を気にしているかというと、「ASCII.jp:[事例] .go.jp ドメインからの被リンクを活用したSEOスパム」のような話。詳しくはエントリを読んでいただくとして、経済産業省が進めていた「情報大航海プロジェクト」のWebサイトからリンクを張られていたWebサイトのドメインが変更になったが古いURLへのリンクを張り続けていた結果、旧ドメインがスパム業者に購入され、スパムサイトへのリンクを張っている状態で放置されていた、というもの。

先のような理由があるため直接リンクは張りませんが、「ドラえもん100展」は"odakyu-dora100.jp"、「F-Train」は"f-train.info"が当時ティザーサイトが展開されていたドメインです。前述の通り今は別の方がブログとして使用しています。更新は滞っており、今は積極的に活用されていないようですが、場合によっては経産省の例のように明確なスパムサイトが立ち上げられる可能性もあったということになります。


2014年12月30日現在、Googleで「site:odakyu.jp "odakyu-dora100.jp"」と入力して検索してみると表示される通り「ドラえもん100展」のトップページに小田急電鉄自身がリンクを張っているページが1つ現存していることが分かります。該当しているのは2013年2月20日のニュースリリースで『小田急ロマンスカーと箱根フリーパスを利用してめぐる「ドラえもん 100展」を開催します!』と題されたPDFファイル。開いてみると『本イベントの公式サイト「Dream Museum on WEB」』との文言と共に該当ページへとリンクが張られています。

一方、「site:odakyu.jp "f-train.info"」では1つも該当するページは見つかりませんでした。経緯が経緯だけにリンクしているページは削除したのかもしれません。なお、2011年8月2日付のニュースリリース第11-21号のPDFにて「F-Train」の運行開始が報じられていますが、こちらにも先のサイトへのリンクは載っておりません。(※ニュースリリースのページには2012年までしかタブがありませんので、検索等で辿り着いてください。)


経産省の例と同様、「ドラえもん100展」については主催者サイドである小田急電鉄のサイトにリンクが掲示されているため、サイトを閲覧した方は何も心配などせずにリンクを踏むことでしょう。もちろん、数多あるニュースサイトやブログ、TwitterやfacebookなどのSNSで何の気無しにイベント当時に書き込んだリンクも全て残っているわけですが、サイトの所有者でも無く、既に終わったイベントのサイトが現存しているかいつまでも気にして見に行く人もいないでしょうから、そこまで求めるのは酷な話です。でも、サイトを運営している当事者側では、少なくともドメインを取得してサイトを立ち上げてからのたった1年でドメインを手放して第三者利用を許し、かつ信頼材料足り得る「自社サイトからのリンク」を残したままにする‥‥という状況は危険性を認識した上で避けていただきたいものだと思います。
スポンサーサイト
8月8日公開予定の映画『STAND BY ME ドラえもん』を試写会で見る機会に恵まれたので、一般公開より一足早く鑑賞してきました。

公開前なこともあり直接的なネタバレは避けて書いているつもりですが、ニュートラルな状態で鑑賞したい方はご注意ください。また、あくまで個人的な感想です。感じ方は人それぞれですので、その点はご了承ください。

正直に言うと、見に行くつもりはあまりありませんでした。それはとにかく宣伝の仕方が気に食わなかったからで、年末あたりに「異例の未完成試写会」だの報じられたことに端を発し、「いっしょに、ドラ泣きしません?」といったキャッチコピー、そして本映画の「原作本」を謳って7月25日に発売されたばかりの書籍「『新訳』ドラえもん」の帯に書かれた言葉を書店で目にしたことまで含め、全てがと言ってもよいくらい気に入らないことだらけ。

とはいえ見ないで文句を言うのも何だし、せっかく試写会に行けることになったのだから見てから文句言ってやろう、くらいの姿勢で見てきました。

そんなわけで、どのような泣け泣け演出が繰り広げられるのかと身構えつつ鑑賞してみたものの、特筆するべきほどのことでは無く。出会いや別れを描いた短編を原作にしている故に、そういったシーンを効果的に見せるための映像演出などは当然あるわけですが、そこまでクドさは感じませんでした。感情を煽る演出という点では、渡辺歩監督が描いた「感動短編」などと呼ばれている作品群の方が露骨。

印象的だったのは「ドラ泣き」などの煽り文句ながらも劇場が笑いに溢れていたこと。全体的にオーバーアクション気味なところがあり、動きが面白いこともあるのでしょうが、それだけではなく笑えるシーンがきちんと作りこまれています。いわゆる「良い話」の連続ながらもところどころで登場する道具の描き方にも工夫が感じられ、楽しめました。

結局、数々の宣伝から勝手に思い描いていた作品とはだいぶ異なる作品でした。取り入れられた原作エピソードの本数が多く、それを1時間35分に詰め込んでいるために繋ぎ方が慌しかったり多少無理やりに感じる箇所もあるにはありましたが、それでも1本の映画に仕立て上げられているのは監督が作品を読み込んで噛み砕いての結果だと思います。

気になったところが無かったわけでは無く、狙いは理解できるながらも「この設定必要だったのかな…?」と最後まで疑問に感じた点もあり。引っかかりながらも見ていて、自分は悪い意味で「効果的に感じなかった」ためにそれほど後にひかなかったですが、ダメな人はこれだけでこの映画はダメと言う様な気がします。


誤解されたくないので書き残しておきますが、別に泣ける映画がダメだとか言うつもりは毛頭ないです。上映後にハンカチで涙を拭っている方もちらほら見えましたし、鑑賞した人が作品に対して何かを感じて涙するのは結構なことです。ですが、今回の映画ドラえもんに限らず、発信側がしきりに「泣ける」をアピールするのは何か違うんじゃないかなと感じている次第です。そうでもしないとお客さんを取れない事情はあるのでしょうが。

『STAND BY ME ドラえもん』については、「泣ける」をウリにドラえもんを描くのであればアニメでだって出来たわけで、何もあえて3Dで作る必要性は感じないわけで。3D上映分のキャッチコピーには『「ドラえもん」の世界を迫力の3D映像でも体験してみませんか?』と記されています。ぜひともこちらの方向で推してもらいたかったなと、映画を見て感じました。
新年あけましておめでとうございます。2014年もよろしくお願いいたします。

とんとドラえもんネタのエントリを書く頻度が落ちてしまいましたが、昨年末に『ドラえもんポスト』等を見るために藤子・F・不二雄先生の出身地である富山県高岡市に出かけてきたので写真と共に書いておこうと思います。

『ドラえもんポスト』って何?という方に簡単に説明すると、藤子・F・不二雄先生の生誕80周年を記念して作成された銅製の郵便ポスト。高さ約2メートル、重量350キログラムとポストは高岡の伝統産業「高岡銅器」で製作されています。

このポストは高岡市美術館に展示されているのですが、その期間は2013年12月1日から2014年1月5日までと非常に短いため、少々無理なスケジュールながら見にでかけることにしました。

高岡市美術館にはバスで行くには中川バス停、電車で行くならJR氷見線の越中中川駅で下車するのが近いようでしたが、他の目的のひとつでもある万葉線ドラえもんトラムにも乗りたかったので、万葉線の志貴野中学校前駅で下車して歩きました。なお、高岡駅から歩いてもせいぜい20分程度とのことなので、天気がよければ歩いてもよいかもしれません。
doraemon_tram.png

写真は高岡駅前駅で撮影したドラえもんトラム。クリスマス前だったため、サンタ帽をかぶったドラえもんが置かれています。写真の右手側にはウイングウイング高岡という複合施設のビルがあり、手前に「ドラえもんの散歩道」があり、12体の銅像が飾られています。

なお、ウイングウイング高岡に入っている高岡市立中央図書館でも藤子・F・不二雄生誕80周年企画展示として、藤子・F・不二雄先生の原画(3点)の展示のほか、関連図書の展示が行われていました。ちなみに、3点の原画とは、「ベン・ハー」「山びこ剣士」「かげろう剣士」。「ベン・ハー」は図書館所蔵で、残りの2点は藤子弘研究会主宰である成瀬潔さんの個人所蔵という貴重なものでした。
藤子・F・不二雄生誕80周年企画展示を開催します - 高岡市立図書館 (魚拓


さて、そんな原画や「ドラえもんコーナー」に所蔵されているドラえもん全作品のコピー冊子を堪能したあと、ドラえもんトラムに揺られること10分少々、志貴野中学校前駅で下車して徒歩10分ほどで到着した高岡市美術館。入館してすぐのスペースに『ドラえもんポスト』は展示されていました。
doraemon_post.png

人が入り込まないように隙をうかがって撮影したので誰も写りこんでいませんが、雨天にも関わらず親子連れや自分と同じくらいと思しき年齢の方など、そこそこ人が出入りしていました。このポストに投函したハガキにはオリジナルのドラえもん消印を押してもらえます。自分の趣味での旅行に無理やり付き合わせた嫁さんと一緒に美術館でポストカードを購入し、その場で住所、本文等を書き込んで慌しくも何とか投函。銅で出来ているポストだけあって、投函口の重さと閉じるときの鈍い音がなかなかの風情を感じさせました。

投函してほどない15時半ごろに郵便局の方が来て、台座の丸い部分を空けてハガキを回収するところを見ることができました。ハガキの回収は1日に1回だと書かれていたため、とても運がよかったと思います。

なお、ドラえもんポストの展示に合わせて「ドラえもん消印」に加えて「タイムレター」も同美術館では行われています。これは10年後の自分や家族に当てて送るもので、宛名面の下の方に小さくドラえもん達が描かれた専用ハガキが用意されていました。こちらもぜひ送りたかったところですが、今の家に10年後も住んでいる可能性は皆無に思え、また実家にしても1年後や2年後ならともかく10年後に届くとなると何ともいえないため断念しました。小さな子供たちが裏面に思い思いのイラストを描いている姿が微笑ましかったです。

ドラえもんポスト以外には、藤子・F・不二雄先生の年表やキャラクターのフィギュア類、高岡銅器でドラえもんポストが作成されるまでの流れなどのパネル展示がありました。また、「郵便ロケット」の等身大ドラえもんフィギュアも展示スペースに設置されていました。ゴールデンウィークに箱根で行われたドラえもん100展や夏に丸の内・JPタワー「KITTE」で展示されていたものと同じですね。ドラえもん100展での模様は以前書いた「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その4)をご参照ください。


doraemon_keshiin.png

そんなこんなで自宅に届いたハガキ。右側を隠しているのは、横書きで書いた住所に消印が被ってしまったためです、スミマセン。立派なドラえもんポストが1ヶ月やそこらの短い期間の展示だけで終わるとは思いたくないので、今後どうなるのかがとても気になるところ。


今回の旅行はあいにくの雨の中となりました。主な目的がいずれも室内での催しであったことが不幸中の幸いだったと思います。旅程の関係で藤子不二雄A先生関連の展示などが見られる氷見の方には足を延ばせなかったので、ぜひとも次の機会に。できれば暖かい時季の天気の良い日に行きたいですね…。
7月19日から東京タワー・フットタウンで開催されている「生誕80周年記念 藤子・F・不二雄展」に行ってきました。
f80.png


東京タワーに着くと、タワー内部に入る前から等身大のドラえもんフィギュアが出迎えてくれます。これは小田急箱根グループによって春に開催された「ドラえもん100展」でも展示されたもの。今回は藤子・F・不二雄先生の生誕80周年にちなんで80体が東京タワーに展示されています。(ドラえもん100展については『「ドラえもん100展」を全て巡ってきた(その1)』に当時まとめました。)

エレベーターでフットタウン屋上に上り、ここでも数体の等身大ドラえもんを目にしたあとに入場すると55体のドラえもんが所狭しと並べられています。子供も大人も写真撮影に夢中になっていました。私は先述のドラえもん100展で一通り見ていたことと、結構な混雑だったため「55/80ひろば」は少し見るだけで先に進みました。

「55/80ひろば」から次の展示室への移動の間、壁には藤子・F・不二雄作品のコマが点々と貼られています。ここに貼られているコマは、どれも東京タワーが描かれたコマで統一されているのが面白い試み。空を飛ぶシーンや上空から町並みを俯瞰しているシーンなど、こんなにも東京タワーが描かれていたのか、いつもと違った視点で馴染みのコマを見ることができました。

「SF(すこしふしぎ)シアター」での映像を見て、気持ちを高めたところで原画コーナーへ。なお、「SFシアター」は日本で初の室内型4Dプロジェクションマッピングによる上映だとのこと。これからこういった展示などではよく見かけることになるのかもしれません。

「原画の部屋」には代表作の第1話をはじめとする数々の原稿が展示されていました。これらの原画は藤子・F・不二雄ミュージアムにて「原画展 大長編ドラえもん 第一期」が始まった2013年1月25日までの間、開館当時から展示室IIに展示されていた原画と同じものが大半でした。「原画展 大長編ドラえもん」の終了後に展示室IIがどうなるかは分かりませんので、過去にミュージアムで第1話の原画たちを見ていない方にとってはまたとないチャンスかもしれません。

「原画の部屋」のつきあたりには今回の展示の目玉といってしまってよいでしょう、「少太陽」が展示されています。高校生当時にすべて手書きで書かれた同人誌である「少太陽」。今回の展示ではその”中身”が初公開となっていて、ファンなら大興奮間違いなし。漫画以外のページも充実した雑誌調の内容になっていて、1ページ1ページしっかり楽しませていただきました。なお、正直言うと展示の仕方が工夫されすぎていて、ちょっと見るのに首が痛くなった…かも。ぜひ現地でご確認ください。

出口手前の「つなぐ未来へ」のコーナーも見ごたえがあり、個人的には2つ目の目玉。漫画家や声優をはじめとするたくさんの方が寄せた色紙が飾られています。藤子不二雄A先生の色紙もありました。メッセージを添えられている色紙もいくつかあり、素敵なイラストも多数あり、この場でしか見られないのが惜しいほどでした。私が出かけた7月31日時点では「まだ届いていない色紙があるので、増えていきます」といった旨の文章が添えられていましたが、今現在どうなっているのかは分かりません。


そんなわけで、なかなか侮れない展示の数々が見られる「生誕80周年記念 藤子・F・不二雄展」でした。「少太陽」の内容を一目見てみたいファンの方、藤子・F・不二雄ミュージアムの最初の企画展を見逃してしまった方、様々な漫画家の色紙を見てみたい方、たくさんの等身大ドラえもんを見てみたい方、いろいろな方が楽しめるイベントだと思います。

明日以降に展示を見に行こうと予定されている方は、サマーナイトキャンペーンの存在をお忘れなく。8月19日から9月1日まで、19時以降のチケット購入に限定されますが、前売り券よりも安い割引価格で入場することができます。小さい子を連れ歩くには遅い時間かもしれないですが、仕事帰りで東京タワーに寄ることができるような方にもぜひ。

なお、はなバルーンblog様のエントリー(2013年夏の東京旅行(1) - はなバルーンblog)を拝読していて初めて知ったのですが、グッズ売り場に白黒版パーマンのDVD化決定について記述があったようです。完全に見逃していたのか、私が見た時点では書かれていなかったのかは分かりませんが、このようなイベントの場で重大発表がさりげなく行われていたことに驚きました。
明日7月19日から東京タワー フットタウン屋上で「生誕80周年記念 藤子・F・不二雄展」が開催されます。このイベントを記念して、ドラえもんをイメージした青色で東京タワーがスペシャルライトアップされています。

『生誕80周年記念「藤子・F・不二雄展」』の開幕を祝して7月18日(木)~21日(日)までの4日間、東京タワーが「ドラえもんライトアップ」に輝きます!! - 東京タワー オフィシャルホームページ(魚拓
生誕80周年記念 藤子・F・不二雄展 公式ホームページ

スペシャルライトアップは7月18日から7月21日の4日間限定。運よく休みをとれたので、初日の本日18日、さっそく行ってきました。浜松町近辺では19:00頃に雨が少し降っていたので心配でしたが、ライトアップ開始の19:30には収まっていました。

東京タワー_ドラえもんスペシャルライトアップ

写真は赤羽橋交差点から撮影したもの。鈴が付いているのは四角い大展望台の2面のみで、お台場側と新宿側です。芝公園の開けたところ(増上寺の南隣)などからなら、ちょうど鈴の面を正面から見ることができます。

dora_tower_day.png

こちらの写真はライトアップされる前の時間帯に、飯倉交差点から東京タワー方面へ続く緩い坂道で撮ったもの。せっかく昼間から行けたので。青赤白でのライトアップだけでなく、鈴までも再現してくれている特別なライトアップなのが嬉しいですね。

地上からだけでなく高いところからも撮りたかったですが、今回はこんなところで。ライトアップは今週日曜日の7月21日までの日没から22:00まで。東京タワーのオフィシャルサイトに「最初で最後!?」との一言が添えられているくらいのスペシャルな4日間限定のライトアップです。またと無い機会かもしれません。少しでも関心があって、行くことのできる方はぜひ足を運んでみてください。

追記:
9月2日から9月4日の間で、ライトアップの復活がありました。
「ドラえもん」カラーの東京タワー再び 3日間限定で復活 - ねとらぼ

doraemon_tower2.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。