--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今やAndroidタブレットはいろいろなメーカーから発売されています。ただ、キャリアを通さずに日本国内で販売されているLTE対応Androidタブレットとなると意外と数が多くはなく、「ASUS MeMO Pad 7 ME572CL」はそんな機種のひとつです。

電子書籍アプリをメインに使用しているME572CL。正直言って「使わないプリインストールアプリが多い」と思っています。ホームアプリ・ドロワーアプリの機能で表面上だけ隠すことは簡単なのでそんなに邪魔にはならないけれども、消せるなら消したいので色々と無効化してみました。ここで紹介しているのは、Android 4.4以降で使えるようになった、adbコマンドによるアプリ無効化の方法です。試した機種はAndroid 4.4.2のME572CLですが、Wi-FiモデルのME572Cでもほとんど差はないものと思われます。

ちなみに、端末を初期化した状態でのドロワーに表示されるアプリは下の画像の通り。ドロワーに表示されるアプリがすべてではなく、裏で動作するものや設定からしか呼び出されないものもあるので、当然これで全部では無いです。

k00r_01.png k00r_02.png


不要なアプリの無効化やアンインストールは「設定」の「アプリ」からも行えますが、その画面からは無効化できないものも無効にしてしまいたいと思います。やり方は以前書いた「[Xperia Z3 Compact]ホームボタン長押しからWhat's Newを消す 」と全く同じです。事前にパソコンでadbコマンドを実行できるようにしておくことと、端末のUSBデバッグ機能を有効にしておく必要があります。

まずは以下のコマンドを実行し、端末にインストールされているアプリのパッケージ名の一覧を取得します。
C:\> adb shell pm list package

実行結果が200件近く返ってきて訳が分からないですが、その中で無効化したいパッケージ名を指定してコマンドを実行します。以下の例は、ASUSの標準WebブラウザとYahoo!のアプリを無効化する場合のコマンドです。
C:\> adb shell pm block com.asus.browser
C:\> adb shell pm block jp.co.yahoo.android.yjtop

なお、一度無効化したアプリを有効に戻す場合は以下のようにblockオプションをunclockに変更して実行するだけです。
C:\> adb shell pm unblock com.asus.browser
C:\> adb shell pm unblock jp.co.yahoo.android.yjtop

以上の手順でアプリの無効化、有効化を行えます。無効化したアプリがドロワーに表示されているものであれば、無効化した瞬間にアイコンが消えるので、何を無効化したのか分かりやすいです。一方で、ドロワーに表示されないアプリは一見何を無効にしたのか分かりづらいので、ご注意ください。

何の参考にもなりませんが、初期化した端末に対して1つ目のコマンドを実行して得られたパッケージ名のリストを名前順で羅列しておきます。赤い×印が付いているのは、私が実際に無効化しているものです。これは無効化して大丈夫!などの確証も無く勝手にやっている設定ですし、人によっては、使い方によっては必要そうなものも多々混じっています。一応システム系のものやintelの名の付いた動作がよく分からないものはある程度除外していますが、パッケージ名を確認の上、自己責任でお願いします。

com.amazon.kindle ×
com.android.backupconfirm 
com.android.bluetooth 
com.android.browser.provider 
com.android.cellbroadcastreceiver 
com.android.certinstaller 
com.android.chrome 
com.android.defcontainer 
com.android.documentsui 
com.android.dreams.basic 
com.android.dreams.phototable 
com.android.externalstorage 
com.android.facelock 
com.android.galaxy4 ×
com.android.htmlviewer 
com.android.inputdevices 
com.android.keychain 
com.android.keyguard 
com.android.location.fused 
com.android.magicsmoke ×
com.android.musicfx 
com.android.musicvis 
com.android.noisefield 
com.android.onetimeinitializer 
com.android.packageinstaller 
com.android.pacprocessor 
com.android.phasebeam ×
com.android.phone 
com.android.printspooler 
com.android.providers.calendar 
com.android.providers.contacts 
com.android.providers.downloads 
com.android.providers.downloads.ui 
com.android.providers.media 
com.android.providers.partnerbookmarks 
com.android.providers.settings 
com.android.providers.telephony 
com.android.providers.userdictionary 
com.android.proxyhandler 
com.android.settings 
com.android.sharedstoragebackup 
com.android.shell 
com.android.smspush 
com.android.stk 
com.android.systemui 
com.android.vending 
com.android.vpndialogs 
com.android.wallpaper 
com.android.wallpaper.holospiral ×
com.android.wallpaper.livepicker 
com.android.wallpapercropper 
com.asus.airstatus 
com.asus.amd.fwupgradetool 
com.asus.as 
com.asus.asusincallui 
com.asus.atd.smmitest 
com.asus.backuprestore 
com.asus.Battery 
com.asus.browser ×
com.asus.calculator ×
com.asus.calendar ×
com.asus.camera ×
com.asus.cm 
com.asus.contacts 
com.asus.contactswidget ×
com.asus.davinci.locationpicker 
com.asus.davinci.TranslationApp 
com.asus.deskclock ×
com.asus.dictionary ×
com.asus.DLNA 
com.asus.dm 
com.asus.drawres ×
com.asus.dualappssettings 
com.asus.easylauncher ×
com.asus.email ×
com.asus.ephotoburst ×
com.asus.filemanager ×
com.asus.gallery ×
com.asus.keyboard 
com.asus.launcher 
com.asus.linkrim 
com.asus.linkrim.service 
com.asus.livedemo ×
com.asus.livedemoservice ×
com.asus.livewallpaper.asusmyframe ×
com.asus.livewallpaper.asusmywater ×
com.asus.lock 
com.asus.lockscreen 
com.asus.maxxaudio ×
com.asus.maxxaudio.audiowizard ×
com.asus.message ×
com.asus.microfilm ×
com.asus.miniwindow 
com.asus.mirror ×
com.asus.music ×
com.asus.mydictionary ×
com.asus.pen.provider 
com.asus.photoframe ×
com.asus.playto 
com.asus.powerext 
com.asus.powersaver 
com.asus.powerstatistics 
com.asus.quickmemo ×
com.asus.quickmemoservice ×
com.asus.quicksearch ×
com.asus.quicksearchwidget ×
com.asus.remotelink.full ×
com.asus.server.azs 
com.asus.services 
com.asus.setupwizard ×
com.asus.sharerim ×
com.asus.sitd.whatsnext ×
com.asus.soundrecorder ×
com.asus.splendid ×
com.asus.splendidcommandagent ×
com.asus.story ×
com.asus.supernote ×
com.asus.task ×
com.asus.taskwidget ×
com.asus.translator ×
com.asus.UpdateLauncher ×
com.asus.weathertime ×
com.asus.weathertimeservice ×
com.asus.wifip2p.networkgrouping ×
com.asus.youtubesearch ×
com.atok.mobile.im.asus.service ×
com.bbbler.actorsforomlet ×
com.ecareme.asuswebstorage ×
com.facebook.katana ×
com.google.android.apps.books 
com.google.android.apps.cloudprint 
com.google.android.apps.docs ×
com.google.android.apps.magazines ×
com.google.android.apps.maps ×
com.google.android.apps.plus ×
com.google.android.apps.uploader 
com.google.android.backuptransport 
com.google.android.configupdater 
com.google.android.feedback 
com.google.android.gm 
com.google.android.gms 
com.google.android.googlequicksearchbox ×
com.google.android.gsf 
com.google.android.gsf.login 
com.google.android.inputmethod.latin 
com.google.android.marvin.talkback ×
com.google.android.music ×
com.google.android.partnersetup 
com.google.android.play.games ×
com.google.android.setupwizard 
com.google.android.street ×
com.google.android.syncadapters.calendar 
com.google.android.syncadapters.contacts 
com.google.android.talk ×
com.google.android.tts ×
com.google.android.videos ×
com.google.android.youtube ×
com.intel.android.widi.app 
com.intel.aware.alarm_source 
com.intel.aware.source.battery 
com.intel.aware.source.bluetooth 
com.intel.aware.source.browserhistory 
com.intel.aware.source.calendar 
com.intel.aware.source.contact 
com.intel.aware.source.screenstate 
com.intel.aware.source.usage 
com.intel.aware.source.wifissid 
com.intel.context.service 
com.intel.cws.cwsservicemanager 
com.intel.hdmi 
com.intel.sensor 
com.intel.vpp 
com.intel.widi.uibc 
com.tf.thinkdroid.asus ×
com.zinio.android.settings ×
com.zinio.mobile.android.reader ×
dk.icepower.icesound ×
flipboard.app ×
jp.booklive.asus.reader ×
jp.co.daj.consumer.ifilter.aflauncher ×
jp.co.intercom.LLHDAndroid ×
jp.co.yahoo.android.yjtop ×
jp.ebookjapan.ebireader ×
jp.booklive.asus.reader ×
スポンサーサイト
auの4G LTE網を使用したMVNOとして2014年6月に初めてサービスが開始されたケイ・オプティコムの「mineo」。つい「ミネオ」と読んでしまいますが、「マイネオ」です。au網を使用したMVNOはあまり多くなく、2014年末にKDDIの子会社であるKDDIバリューイネイブラーにより「UQ mobile」を含めても未だ2社のみがサービス提供をしている状態です。

mineo_sim.png

そんなmineoのSIMを昨年冬頃から使い初めました。MNPでmineoの契約をしたため音声通話が可能な「デュアルタイプ」で契約していましたが、メインの電話番号は別にあるし、mineoにポートインさせた電話番号に執着しなくてよいかと思い、データ通信のみの「シングルタイプ」に変更することにしました。

mineoの場合、オプションの変更や月間の基本データ容量などは「マイページ」から変更手続きを行えますが、「タイプ変更」については記述が無く、調べてみたところ「よくあるご質問」に「シングルタイプ(データ通信のみ)からデュアルタイプ(データ通信+090音声通話付)へ変更できますか?」というFAQが載っていました。早い話がmineoサポートダイヤル、電話での受付になるということ。

mineoサポートダイヤルに要件を伝えて手続きはすんなり完了。手続きにあたっての注意などは以下の通り。
・SIMの交換となり、電話番号が変わってしまう
・変更手続きの開始と同時に現在のSIMカードは使えなくなる
・つまり、新しいSIMカードが手元に届くまでmineoの回線は使えない
・利用期間やデータ残容量などは引き継がれる
・変更手続き日を境に、デュアルタイプ/シングルタイプそれぞれ日割り請求
・変更事務手数料が3,000円(税別)かかる
・古い方のSIMカードの返却や破棄については言及なし

今回は月曜日に電話で手続きをし、水曜日には自宅に一度到着しました。ですが、ゆうパックで送られてくるのでポストには投函してもらえず、私の場合は再配達を依頼した土曜日までの約5日間は使えない状態が続きました。申し込み直後から本当に通信不可になるため、代わりのモバイル回線が無い方などは注意が必要です。

変更事務手数料3,000円(税別)はなかなか痛いところですが致し方ない。mineoの場合、デュアルタイプとシングルタイプの差額、すなわち音声通話サービスの料金は月間の基本データ容量を問わず一律610円(税別)となっています。そのため、使わない音声通話サービスを受け続ける場合と比べて約5ヶ月で変更事務手数料は回収できる計算になります。最初からシングルタイプにしていればよい話ですが‥‥。

といった具合で、タイプ変更は簡単に行えました。mineoでは2015年2月から料金プランを変更し、例えば月間の基本データ容量2GBのシングルタイプの場合、1,580円/月から980円/月と、大幅な値下げを敢行したばかり。auはドコモと比べてMVNO事業者が支払う接続料(回線使用料)が高いため、ドコモ系のMVNOと大差ない料金でのサービス提供には驚きです。auの端末を使用したい場合のみでなく、ドコモの回線障害に備えて別の回線も持っておきたいなど、様々な要望に答えてくれるサービスだと思います。
Xperia Z3 Compactに標準で入っているソニーモバイル製の写真・画像閲覧アプリ「アルバム」。以前からXperiaシリーズではおなじみのアプリで、ピンチイン・ピンチアウトをすることで一覧でのサムネイルサイズが簡単に切り替えられるなど使い勝手もよく、標準搭載されているアプリの中では気に入っているアプリです。

ただ、最近のアルバムアプリでは、保存された写真や画像ファイルがランダムでアプリ画面の上の方に表示されるようになっています。ランダムで数秒おきに切り替わっていくのですが、別にやましい理由は無くともあまり見せたくは無い画像が出てくることもあり、少し困り者でした。ですが、アルバムアプリの上部に表示される写真・画像は簡単な方法で固定することができます。

まずは固定したい画像をサムネイルから選択して大きく表示します。すると画面の下の方にお気に入り登録をするための☆アイコンがありますので、これを選択して★に切り替えます。操作は以上。

これで、アルバムの上部に表示されるのは★をつけた画像だけになります。複数に★をつければ、それらがランダムでスライドショーされますが、1つだけに★を付けていればその画像だけが表示され続けます。なお、最初に登録した際は、元の画像が消えて指定した画像に切り替わるまで少し時間がかかる場合があります。
album2.png album4.png

Xperia Z3 compactのロック画面には簡単にカメラを起動できるショートカットが用意されています。下の画面でNTT DOCOMO表記の下にあるアイコンがそれで、上にスワイプすることでロック画面から直接カメラアプリを起動させることができます。

z3c_lock1.png z3c_lock2.png

ですが、これが結構な曲者で、上の画面のようにパターンロックをかけていてもこの機能は有効です。つまり、ロックを解除せずに誰でもこの状態から写真が撮れてしまうことになります。電車の中などで、自分はそのつもりが無くても何かの拍子にロック画面のカメラアイコンに指が触れて次の画面で「カシャ!」と鳴ってしまうと……なんて思うと正直ちょっと怖くすらなります。ちなみに本体横にあるカメラ用のシャッターボタンも同様、ロック中でも長押しすることでカメラアプリを立ち上げることができるようになっています。

ということで気が気でないので設定から無効にしました。方法は簡単。

カメラアプリを起動し、メニュー(縦に点が3つ並んでいるもの)を開き、右端の設定を開くと一番上に「クイック起動」という項目があるので、これを「OFF」に変更するだけ。

これで右イメージのように、ロック画面からカメラのアイコンが無くなりました。また、シャッターボタン長押しでも、カメラが起動しないようになっています。
z3c_cam.png z3c_lock3.png
Android 4.1から搭載された機能の1つに、ホームボタンを長押しすると半円状のエフェクトが出て、上にフリックすることで『Google Now』あるいは『Google 検索』を簡単に起動するものがあります。

これはこれで便利なのですが、各社から出ているスマートフォンではカスタマイズが加えられていて、他のアプリも起動するようになっていたりします。下に挙げている例のうち、左側は京セラのDIGNO M(KYL22)。斜め左上には『すぐ文字プラス』、斜め右上には画面が下の方向に下がってくる『スライドスクリーン』が割り当てられています。iPhone 6/6Plusで『Reachability(簡易アクセス、片手モード)』と呼ばれている機能と同じようなものです。富士通だと『スライドディスプレイ』、パナソニックだと『ワンハンドスイスイ/ワンハンドPLUS』なんて呼ばれています。

右側のスクリーンショットはソニーのXperia Z3 Compactのもの。左斜め上にソニー独自アプリの『What's New』が配置されています。『What's New』は、ソニーが提供している『Music Unlimited』や『Video Unlimited』等のサービスから音楽や動画の検索が簡単にできるアプリです。申し訳ないけれど、あまり活用する気が無いのが正直なところ。そして、出てくるアプリが2つである都合上、もともとある『Google Now』が斜め右上に出てくる配置になっています。
DIGNO Mのホーム Xperia Z3 compactのホーム

使うか使わないかはさておき、各社の独自アプリが鎮座していることは別に良いのですが、Xperiaのコレは場所が非常に悪く、使い勝手を損なっていると感じています。『Google Now』を起動するためにホームボタンを真上にフリックすれば済むはずのところが、斜め右上に向かってフリックしないといけない。DIGNO Mの方が3つもアプリが出ていてゴチャゴチャしているけれど、結果的に使い勝手を損なっていないような気さえします。

不要なアプリはアンインストールするか、アプリの管理機能で『無効』にしてしまえばOK。ですが、アプリの管理機能で『What's New』を表示すると、『無効にする』がグレーアウトしていて押せなくなっています。
z3c_3.png


前置きが長くなりましたが、『What's New』の無効化の方法。Android 4.4以降では、PCからADB接続してコマンドを実行することで『Android端末のアプリの管理で無効化できないアプリでも無効化できる』ようになりました。

※2014/12/20追記:このエントリを書いて数日後にWhat's Newのアップデートがありました。よほど文句が多く寄せられたのか、ホームボタン長押しの際に表示されないように仕様が変更されました。まだWhat's Newが出てきて邪魔!消したい!という方は設定のソフトウェア更新(更新センター)からアプリの更新を確認して、What's Newを最新にしてみてください。最新に更新すれば、わざわざ以下の手順をしなくても表示されなくなります。

やり方は簡単。PCからADB接続できるようにして、Windowsの場合はコマンドプロンプトから以下のコマンドを投げるだけ。Android端末での『開発者向けオプション』の出し方やUSBデバッグの有効化、PCへのAndroid SDKの入れ方は割愛。C:\>はカレントディレクトリにいる場合の例なので無視してください。
C:\> adb shell pm block com.sonymobile.advancedwidget.entrance

adb shellで一度Shellに入ってpm以降のコマンドを分けて実行しても同じこと。pmは『package manager』の略で、引数にblockと対象アプリのパッケージ名をつけて実行することでアプリを無効化することができます。なお、blockをunblockに変えることで、無効化したアプリを再度有効化できます。

なお、無効化などをしたいアプリのパッケージ名が分からないときは以下のコマンドが使えます。
C:\> adb shell pm list package
C:\> adb shell pm list package | find "hogehoge"


1つ目のコマンドを実行すると入っている全てのアプリのパッケージ名が一度に出てきます。そこから探してもよいですが、開発者名やメーカー名などからパッケージ名が推測できる場合は、2つ目のコマンドのhogehogeを任意の文字列に変えて実行すると少し手間が省けると思います。

ということで、無事『What's New』が消えてGoogle Nowだけになりました。
Xperia Z3 compactのホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。