--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月17日にオープンしたばかりの『カップヌードルミュージアム』にさっそく行ってきました。

オープンから大盛況な上に各種雑誌でも取り上げられているようで、しかも前日の24日には某テレビ番組で紹介されたらしく、その影響もあってか早い時間から行列。お昼頃には2時間待ちとのアナウンスがされていたようです。当分は混雑が続くと思いますので要注意。

なお、事前に体験会「チキンラーメンファクトリー」への参加をネット予約している人は、その開始時間の45分前になると優先的に入館させてくれます。私はオープン前の8月末に予約をしていたので労せず入館することができました。予約した頃にはミュージアムの開館がまだ知れ渡っていなかったのか、土日祝日も余裕があったのでここまでの混雑は予想しておらず、結果的にはラッキーだったと思います。

インスタントラーメンヒストリーキューブ

展示コーナーに入ると目を惹くのが「インスタントラーメンヒストリーキューブ」。1958年のチキンラーメン第一号から今現在に至るまで、膨大な数のインスタントラーメンが展示されています。自身で口にしたものはそう多くないのですが、CMや店頭で見た覚えのある商品が見つかったり、こんな味のカップヌードルがあったのか!と新たな発見も沢山ありました。

ドラえもんおかしメン パーマンおかしメン

個人的にはこの辺に目を奪われました、ってことで藤子Fキャラな「おかしメン」。こんなものがあったのですね。

ドラえもんラーメン

しつこいですが、もういっちょ。名前もそのまんまな「ドラえもんラーメン」。こちらはアニメ絵。パッケージを見るとドラえもんカマボコが入っているみたいで、とても気になります。

通常のいわゆる展示は前述の「インスタントラーメンヒストリーキューブ」と、インスタントラーメンを発明した安藤百福氏を紹介する「百福シアター」やその研究小屋の再現コーナー、氏の生涯を辿る展示など1フロア。これはこれでそれなりにボリュームはあるんですが、2時間ほど並んで見るにしては少し物足りない気がします、特に子供さんには。ということで、予約するか早くから行くかして参加型の展示/アトラクションを体験することをおすすめします。

チキンラーメンファクトリー

今回の目玉。ネット予約が必要な「チキンラーメンファクトリー」。お馴染みのチキンラーメンを小麦粉をこねる工程から体験できます。予約が必要なほか、未就学児はダメ、2人1組での参加(ペア作業です)、小学1~3年生には中学生以上がペアで無いとダメ、など色々と条件はあるのでその点は要注意。

DSC_0240.jpg

調理中は手に粉が付いたり、衛生的な意味でも写真が撮りづらいので写真が一気に最後の工程に飛んでしまいました。揚げるところは危ないのでスタッフが担当しますが、そこまでの工程は参加者自身の手で行えます。作り方については公式サイトにて映像で紹介されています。

DSC_0230.jpg

そしてチキンラーメンの袋。寝かせたり揚げたりしている間、中央の白い部分にイラストを描くことができます。色とりどりのマーカーを手に、小さな子供たちも楽しそうに絵を描いていました。子1人に母親のペアが一番多そうでしたが、子2人に両親、カップルだか若い夫婦だかもいました。と、描いてる間に時間は過ぎて、袋にできあがった麺を封入して、オリジナルのチキンラーメンの完成です。完成したところは、センスもへったくれもないイラストが描いてあるのでアップしません、できません。ぜひぜひご自身で!


他に体験型としては、自分でデザインしたカップにスープとトッピングを選んで作ることのできる「マイカップヌードルファクトリー」、小学生以下に限定した体感型アトラクション「カップヌードルパーク」、8カ国の麺料理を味わえる「ワールド麺ロード」があります。「ワールド麺ロード」では、ハーフサイズと量は少ないながらも一食300円と、この手の施設にしてはお手ごろ価格で色々な味を楽しむことができます。

ということで『カップヌードルミュージアム』楽しんできました。まだまだ混雑は続くと思いますが、とても楽しく遊び、そして学べる施設だと思います。
スポンサーサイト
2011.01.02  雑記・雑感 どうでもいい話日記
去年の年明け、何を血迷ったか「今年の目標とか」というエントリを書いてしまいました。ざっと1年経ちましたので結果報告あらため言い訳タイムです。

・ブログをもっと更新する
2006年は書くことありすぎたしアニメの感想も書いてたので164件と多かったですが、社会人になった2007年から1年間に18、24、17件と平均月1~2回更新に。で、昨年は46件。逃げ腰で基準を定めなかったけれど、「もっと更新」したといえばしたよねってことで。

・Androidのアプリを作る
サンプルの延長みたいなアプリを夏頃に2つマーケットに放流したものの、アイディア不足で続きが出せませんでした。あとは自分用のTwitter投稿クライアント作ったくらいで。作りたいものができたときに作れるように勉強中ではあります。

・ピアノを練習する
これは全然でした。1月中には弾きたい意欲が無くなってたのでどうにもこうにも。

・目標設定した資格を取る
去年書いた最低ラインの3つは無事取得できたので何とか及第点てことで。

以上、こんな感じでした。ピアノの練習はお笑い種でしたが、他の目標は継続してやっていきます。目標は具体的に立てるべきだというし、その通りだと身をもって思います。が、メモ程度にでも書いてしまえば頭の片隅に残っているもので、時々思い出したりもしたので、こんなんでも効果はゼロでは無い気がします。4つ目の資格なんかは、ここには書かなくても具体的に決めてますしね。

ということで、今年もゆるゆるやっていきます。
2010.12.31  雑記・雑感 年末&お正月日記
例によって同じ書き出しで芸が無いですが、今年も残すところ僅かとなりました。

個人的にはこの1年、Twitterの影響が良くも悪くも大きかったです。

2008年末に登録したものの、いまいち使い道が見出せず放置していたTwitterを、HT-03Aを手にした2009年後半あたりから使い出すようになりました。ちょっと外出している最中もTLが気になってついつい携帯電話を覗いてしまう日もあれば、何だか面倒で丸1日放置している日もありますが、それくらいのいい加減さで今後も付き合っていければ良いな、くらいに思っています。つぶやいている大半がケータイ絡みの話題で、そちらに関心が薄い方には訳の分からない事ばかりぶつくさ言っているように見えてると思います、ゴメンナサイ。

Twitter関係だと、Androidの開発をされている方や所謂ギークな方々、端末をちょこちょこ弄って楽しんでいる人まで幅広く集まったオフ会に何度か顔を出させてもらったりしました。飲み会だったりカラオケだったり焼肉だったり外でバーベキューやったりと、それAndroid関係ないじゃん!な何でもありな状態で和気藹々と楽しく参加させて頂いた中で、仕事でAndroidやってる方から話が聞けたりと、真面目な意味で参考になったり刺激を受けたりすることもありました。

そんなこんなで前から若干その傾向はあったものの、趣味の方向がケータイとかそっちに傾いてきて、2010年内に購入・契約したケータイ・ガジェット類を振り返ってみると、nexus one、SH-02A、IS01、WS027SH、WX350K、egg、MotoMB511、それと白ロムでN-04AとN905iμ…とそんな具合。ガジェオタな方から見れば全然多くない数でしょうが、「え、普通でしょ」とはちょっと言えない状況になっちゃったかな…てな感じで。来年はデュアルコアなAndroid端末とChromeタブレットあたりが買いかなと思っています。


藤子ファン的なところでは、神保町シアターで開催された「ドラえもん映画祭」と6年ぶりの復活となった「大人だけのドラえもんオールナイト」の2つでしょうか。2月3月は文字通りドラえもん映画三昧な週末が続きました。30周年を記念してのことであれば2011年はオールナイトの開催は無いかもしれませんが、来年は「藤子・F・不二雄ミュージアム」が開館する年。様々な関連イベントが催されるのでは、と期待しています。


それと、去年も書いたので、今年劇場で見た映画を。
ドラえもん のび太の人魚大海戦
声優交代後2作目となるオリジナル作品。オールナイトと一般公開との2度観覧しました。感想はこの辺に。

イヴの時間
ネットで全6話公開されたアニメ作品を再編集した劇場版。先月iTunesで開始された映画レンタルでも「面白い作品」として一部で話題になっていたようです。どうにもこうにも文章がまとまらなくて感想を書かないままでしたが、2010年で一番オススメの映画です。

いばらの王 king of Thorn
痛いの怖いの嫌いなので、そういうシーンでは文字通り目を背けてました(苦笑)。簡単な感想はこちら

劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール 幻影の覇者ゾロアーク
ダイヤモンド&パール完結編ですが、ゲーム連動上の位置づけとしてはハートゴールド&ソウルシルバーからホワイト&ブラックを繋いでるといったところ。2011年作品からは新シリーズ、ベストウィッシュですね。

ゲキ×シネ「蛮幽鬼」
生の舞台を映画の映像に仕立て上げた「ゲキ×シネ」。舞台と映画、両方の演出の長所が活かされた面白い作品でした。「蛮幽鬼」は3時間を越える作品ですが、物語の面白さに、時間を忘れる思いでした。オススメ…ですが、DVDで家のテレビで見ると印象が違うかも。DVDは2011年2月発売だそうです。

映画ハートキャッチプリキュア!花の都でファッションショー…ですか!?
これまで見てなかったプリキュアシリーズを何故か今年は面白そうだと思って見始め、劇場版まで見に行ってしまいました。ゲストの敵役もキャラが立っていて、ここだけの登場なのが惜しいくらいでした。

ささっと振り返るとこんな感じでしょうか。このブログですが、少し更新回数が増えたからか、最近は昨年度と比べておよそ8~10倍程度には安定してアクセス数が伸びるようになりました。一度でも訪問頂いた皆様のおかげだと、感謝しています。2011年もどうぞ宜しくお願いします。今年一年間ありがとうございました。
2010.01.16  雑記・雑感 ひとりごと日記
年が明けてからブログのレイアウトを変更しました。一応、Firefox3.5、IE6、IE8で表示確認していますが、使いやすそうなテンプレートを元に構想・実装20分くらいで作ったのでバグが多々仕込まれていることと思います。実は、バグってる箇所1つ、表示に問題ないけど直したほうがよい箇所1つ、既に気付いていたりします・・・。徐々に修正していきますので、ご容赦ください。なお、トップ画像は今までも何度かお世話になっているひまわりの小部屋様からお借りしました。素敵な写真素材をたくさん配布されています。

さて。タイトルにもありますが、2010年の個人的な目標について。最近結構無駄な時間を過ごしてる気がしてなりません。Twitterでフォロワーの皆さんの発言を見てると、当たり前だけど技術だったり知識だったり持ってる人はたくさんいるんだなとか、みんな色々考えてるんだなとか、考えさせられたりします。仕事が忙しいのは事実だけども、じゃあ家に帰って実質何もしてないのは忙しいからかといえば、そうじゃないかもしれない。前から何もしてこなかったんじゃないか?とまあ自問自答してみた結果、時間を有効に使おう、何か目標を立てよう、せっかく年が明けたばかりだし今年の目標を立てよう、とそんな話です。

・ブログをもっと更新する
具体的に月何エントリー以上とは定めません。更新しないのもどうかと思うけど、義務感で更新するのもそれはまた違うと思うので。何か思うことがあったときは更新するような習慣になるように。
・Androidのアプリを作る
公開できるレベルでなくてよいので、プログラムの勉強も兼ねてまともに動くものを最低1つは作ろう。ウィジェットを作ろうと漠然と考えています。
・ピアノを練習する
高校のときに好きなアニメの劇中曲を練習して以来ぜんぜん弾いてこなかったのでまた弾けなくなってきました。でも最近音楽を聴いていると弾きたい衝動に駆られたりします。なのでレパートリーを増やせるよう頑張ろうと。
・目標設定した資格を取る
会社で毎期資格取得の目標をあげることになっていて、会社は会社なのでここで書くもんではないけれども。何受けるかはここでは書きませんが年内に最低3つ。できれば5つ。

ブログにわざわざ書く内容じゃないですが、これで一種のプレッシャーを自分に課すことができるので。目標を書いておけば年末頃に反省会な記事も書けそうですしね。いや、反省会じゃダメなんだけど。
2009.12.31  雑記・雑感
今年も残すところごく僅かとなりました。

2009年はなんといっても藤子・F・不二雄大全集の発表と刊行開始が最大のニュースでした。保管場所に困りつつありますが、今まで気軽に購入することのできなかった多くの作品が手元に毎月届くのは何とも嬉しいの一言です。これを超える大ニュースはそうそう無いと思うのですが、2010年も藤子関連でよい出来事があれば、と期待しています。

あと、今更ですが、ブログにほとんど書いていなかったので年内に映画館で見た映画の感想を記録も兼ねてちゃちゃっと簡単に。
GOTH
公開自体は前年末ですが、年が明けてから観覧しに行きました。実写映画・ドラマはあまり見ないので役者さんはよく知らないんですが、はまり役だったと思います。

映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史
感想については4月の観覧後に書いたので、ここでは改めません。2010年はリメイクではないという点で気になっています。

サマーウォーズ
世界観にはまり込むことができれば面白いんじゃないかなと思います。個人的には万人受けする内容では無いと感じたのですが、2009年のオススメ映画です。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
新キャラが追加された他、元々のアニメ版とも展開が色々と変わっているのにも関わらず、「エヴァンゲリオン」だなあ、という感想。違うのに違和感のようなものを感じなかったのはさすがといったところ。

劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール アルセウス 超克の時空へ
ダイパ3部作最終作品。ぶっちゃけ配布ポケモン目当てではあるんですが、怪獣映画と化していた前2作品に比べてストーリーがしっかりしてて、ちゃんと締めてくれたと思います。

劇場版 マクロスF 虚空歌姫 ~イツワリノウタヒメ~
テレビ版を見ずに映画を見てしまいました。ごめんなさい。劇中歌が多く、戦闘シーンが本当にかっこよく、テレビ版を見ていないと本当のところは分からないんでしょうが、勢いでとても楽しめました。

エヴァとマクロスはまだ続編が公開されますので楽しみにしたいと思います。

これを書いてる時点で12月31日23:55を過ぎてしまいました。推敲する間もなく走り書きですが、年内はこれで最後の更新となります。今年も一年間ありがとうございました。細々ですがブログの更新は続けていきますので2010年もcommonplace daysをよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。