--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
auの4G LTE網を使用したMVNOとして2014年6月に初めてサービスが開始されたケイ・オプティコムの「mineo」。つい「ミネオ」と読んでしまいますが、「マイネオ」です。au網を使用したMVNOはあまり多くなく、2014年末にKDDIの子会社であるKDDIバリューイネイブラーにより「UQ mobile」を含めても未だ2社のみがサービス提供をしている状態です。

mineo_sim.png

そんなmineoのSIMを昨年冬頃から使い初めました。MNPでmineoの契約をしたため音声通話が可能な「デュアルタイプ」で契約していましたが、メインの電話番号は別にあるし、mineoにポートインさせた電話番号に執着しなくてよいかと思い、データ通信のみの「シングルタイプ」に変更することにしました。

mineoの場合、オプションの変更や月間の基本データ容量などは「マイページ」から変更手続きを行えますが、「タイプ変更」については記述が無く、調べてみたところ「よくあるご質問」に「シングルタイプ(データ通信のみ)からデュアルタイプ(データ通信+090音声通話付)へ変更できますか?」というFAQが載っていました。早い話がmineoサポートダイヤル、電話での受付になるということ。

mineoサポートダイヤルに要件を伝えて手続きはすんなり完了。手続きにあたっての注意などは以下の通り。
・SIMの交換となり、電話番号が変わってしまう
・変更手続きの開始と同時に現在のSIMカードは使えなくなる
・つまり、新しいSIMカードが手元に届くまでmineoの回線は使えない
・利用期間やデータ残容量などは引き継がれる
・変更手続き日を境に、デュアルタイプ/シングルタイプそれぞれ日割り請求
・変更事務手数料が3,000円(税別)かかる
・古い方のSIMカードの返却や破棄については言及なし

今回は月曜日に電話で手続きをし、水曜日には自宅に一度到着しました。ですが、ゆうパックで送られてくるのでポストには投函してもらえず、私の場合は再配達を依頼した土曜日までの約5日間は使えない状態が続きました。申し込み直後から本当に通信不可になるため、代わりのモバイル回線が無い方などは注意が必要です。

変更事務手数料3,000円(税別)はなかなか痛いところですが致し方ない。mineoの場合、デュアルタイプとシングルタイプの差額、すなわち音声通話サービスの料金は月間の基本データ容量を問わず一律610円(税別)となっています。そのため、使わない音声通話サービスを受け続ける場合と比べて約5ヶ月で変更事務手数料は回収できる計算になります。最初からシングルタイプにしていればよい話ですが‥‥。

といった具合で、タイプ変更は簡単に行えました。mineoでは2015年2月から料金プランを変更し、例えば月間の基本データ容量2GBのシングルタイプの場合、1,580円/月から980円/月と、大幅な値下げを敢行したばかり。auはドコモと比べてMVNO事業者が支払う接続料(回線使用料)が高いため、ドコモ系のMVNOと大差ない料金でのサービス提供には驚きです。auの端末を使用したい場合のみでなく、ドコモの回線障害に備えて別の回線も持っておきたいなど、様々な要望に答えてくれるサービスだと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。