--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
auの4G LTE網を使用したMVNOとして2014年6月に初めてサービスが開始されたケイ・オプティコムの「mineo」。つい「ミネオ」と読んでしまいますが、「マイネオ」です。au網を使用したMVNOはあまり多くなく、2014年末にKDDIの子会社であるKDDIバリューイネイブラーにより「UQ mobile」を含めても未だ2社のみがサービス提供をしている状態です。

mineo_sim.png

そんなmineoのSIMを昨年冬頃から使い初めました。MNPでmineoの契約をしたため音声通話が可能な「デュアルタイプ」で契約していましたが、メインの電話番号は別にあるし、mineoにポートインさせた電話番号に執着しなくてよいかと思い、データ通信のみの「シングルタイプ」に変更することにしました。

mineoの場合、オプションの変更や月間の基本データ容量などは「マイページ」から変更手続きを行えますが、「タイプ変更」については記述が無く、調べてみたところ「よくあるご質問」に「シングルタイプ(データ通信のみ)からデュアルタイプ(データ通信+090音声通話付)へ変更できますか?」というFAQが載っていました。早い話がmineoサポートダイヤル、電話での受付になるということ。

mineoサポートダイヤルに要件を伝えて手続きはすんなり完了。手続きにあたっての注意などは以下の通り。
・SIMの交換となり、電話番号が変わってしまう
・変更手続きの開始と同時に現在のSIMカードは使えなくなる
・つまり、新しいSIMカードが手元に届くまでmineoの回線は使えない
・利用期間やデータ残容量などは引き継がれる
・変更手続き日を境に、デュアルタイプ/シングルタイプそれぞれ日割り請求
・変更事務手数料が3,000円(税別)かかる
・古い方のSIMカードの返却や破棄については言及なし

今回は月曜日に電話で手続きをし、水曜日には自宅に一度到着しました。ですが、ゆうパックで送られてくるのでポストには投函してもらえず、私の場合は再配達を依頼した土曜日までの約5日間は使えない状態が続きました。申し込み直後から本当に通信不可になるため、代わりのモバイル回線が無い方などは注意が必要です。

変更事務手数料3,000円(税別)はなかなか痛いところですが致し方ない。mineoの場合、デュアルタイプとシングルタイプの差額、すなわち音声通話サービスの料金は月間の基本データ容量を問わず一律610円(税別)となっています。そのため、使わない音声通話サービスを受け続ける場合と比べて約5ヶ月で変更事務手数料は回収できる計算になります。最初からシングルタイプにしていればよい話ですが‥‥。

といった具合で、タイプ変更は簡単に行えました。mineoでは2015年2月から料金プランを変更し、例えば月間の基本データ容量2GBのシングルタイプの場合、1,580円/月から980円/月と、大幅な値下げを敢行したばかり。auはドコモと比べてMVNO事業者が支払う接続料(回線使用料)が高いため、ドコモ系のMVNOと大差ない料金でのサービス提供には驚きです。auの端末を使用したい場合のみでなく、ドコモの回線障害に備えて別の回線も持っておきたいなど、様々な要望に答えてくれるサービスだと思います。
スポンサーサイト
先月の話ですが、ドコモ回線の1つが2年契約の更新時期を迎えたのでauにMNPしました。au 4G LTE対応機種で高くなくて割と安定してそうなものが欲しかったのでGALAXY SIII Progre SCL21を選択。
S3Progre.png
SCL21はCPUにMSM8960(1.5GHz デュアルコア)を採用、RAMは余裕ありの2GB、ディスプレイは1,280×720ドットの4.8インチを採用しています。OSがまだAndroid 4.0.4なのは少しばかり残念な点。早くアップデートが来るとよいのですが。

一番の関心ごとでもあったau 4G LTEについては、私の行動範囲ではとても良好。家でも会社でも安定して下り25MBは出ていますし、通勤で使う電車でもLTEが入るエリアがほとんどなので特に文句は無いです。最近は少しずつ改善しているようですが、サービスイン直後にNTTドコモのXiを使った際にXiエリア内でも遅くてがっかりしたことがあったり、私の行動範囲ではWiMAXのスピードがろくに出ないこともあってLTEにはあまり期待していなかったので、失礼ながら感心しました。

s3_2.png s3_1.png
GALAXYシリーズの良いところの1つはFlipfontによるフォントの切替。rootを奪取せずにフォントが変えられるのは本当に嬉しい機能。ずっと前にGALAXY Tab向けに作成したVL Pゴシックのapkがそのまま使えたので早速切替ました。rootedな端末ではいつもVL Pゴシックを使っているので、揃っていると使っていて落ち着きます。

s3_3.png
タブレットを除くと、これまで使ってきたAndroid端末は最大で4インチのXperia Pだったので4.8インチを搭載したボディは大きすぎると最初は思いましたが、1週間ほどメインで使っているとすぐ慣れました。案外なんとかなるものです。ただ、約2年に亘ってメインで使ってきたXperia neo、Xperia Pの後釜に据えるには戻るキーとメニューキーの位置が逆な点にしばらく悩まされそうです。後は、大きさというよりはデザインや形状のせいだと思いますが、文字入力中などに母指球が戻るキーに触れてしまう点も気にはなっています。

アプリについては「GALAXY SIII Progre SCL21で無効にしたアプリ」で書いた通り多くのプリインアプリを無効にしました。root奪取したい理由の大半はフォントを変えたいこととプリインアプリを消したいことで占められているので、この2点が概ね解決するのはありがたいところ。

ドコモから発売されているGALAXY S3αと比較すると見劣りするし、間もなくGALAXY S4も正式に発表される頃なのでスペックが気になる人には微妙な感じ。多くの店でMNPなら一括0円、加えてCBも付いたりしているのが実情。今はウェルカム割の適用により月額基本使用料がかからないので、仮に使わなくなったとしたらLTE NETとLTEフラットを切ることで維持費を抑えられるのがありがたいところ。好みは分かれるところでしょうが、安価に入手しやすくそれなりに使える端末なので、ちょっとAndroid使ってみたいかもといった方には良い…のかも、と思います。
先月から使っているauのGALAXY SIII Progre SCL21。ここしばらくの間メインで使ってきた端末は海外端末かカスタムROMに入れ替えたものが大半だったため、プリインストールされているアプリの多さに驚いたりしたものですが、Android 4.0ことICSからはアプリを無効にする機能が標準搭載されているので、対象としたアプリを列挙してみました。なお、プリインの中でアンインストール可能だったものはアンインストールしたので、こちらには含まれていません。

3LM Seciroty
アプリ情報を共有
うたパス
おサイフケータイ アプリセットアップ
おサイフケータイ Webプラグインセットアップ
おサイフケータイ 設定アプリ
お気に入りのアプリ
お気に入りの連絡先
デュアル時計(アナログ)
デュアル時計(デジタル)
フェイスアンロック
マイファイル
AllShare Controller
AllShare Play
au Market
au Wi-Fi接続ツール
auウィジェット(コミュニケーション)
auウィジェット(ニュース)
auウィジェット(フレンズシェア)
auウィジェット(auおすすめ情報)
auウィジェット(周辺情報)
auウィジェット(天気)
auお客さまサポート
auスマートパス
au災害情報
Bubbles
ChatON
Deep sea
Eメール
Eメール設定
Flipboard
Luminous dots
mazec
Phase beam
Photo wall
Polaris Office 4.0
S Suggest
Samsung account
Samsung Apps
Samsung Push Service
SNS
TheNewsCafe
Topic Wall
Weather
Weather Main
Weather News Daemon
Windy weather
Yahoo! Finance
Yahoo! Finance Daemon
時計(デジタル)
時計(ファンキー)
時計(モダン)
辞典
取扱説明書 Galaxy SIII Progre

他にも消したいと思うようなアプリはあるにはありますが、root取ったりせずにこれだけ無効にできる自由度があるのは良いことだと思います。なお、プリインアプリを無効にするのは、設定→アプリケーション管理→無効にしたいアプリをタップ→「無効」ボタンをタップ、の手順で行えます。
siii.png
すっかり更新が滞ったまま年末を迎えてしまいました。ありきたりですが、2012年中に買ったりした端末を振り返ってみようと思います。

1月
Pocket WiFi GP02(イー・モバイル、新規)
購入時のエントリあり。。GMOとくとくBBのキャンペーンを機に契約しました。EMOBILE G4で、EMOBILE LTEでは無いので速度はそれなりですが、某ドコモさんが場所や時間によってはパケ詰まりでまったく使い物にならないので重宝しています。安く使えるのは残り1年なので、2013年中に別のルータに乗り換え予定。

2月
Optimus bright L-07C(NTTドコモ、機種変更)
購入時のエントリあり。タダ同然だったので遊んでいる回線の機種変更にて。投売り同然で売られていた割にはそれなりに動いたし、海外版であるOptimus black P970の存在のおかげで遊べた端末だったと思います。

GALAXY NEXUS SC-04D(NTTドコモ、MNP)
購入時のエントリあり。「最新OSがいち早く使える」が売りのはずのNEXUSシリーズでしたが、海外で4.2にアップデートされたのとほぼ同時にようやく4.1の更新開始など、散々だったなあとしか。月々サポート目当てでの契約だったのでほぼ使わず手放しました。

3月
Sony Tablet S(NTTドコモ、MNP)
こちらもほぼ月々サポート目当て。存在感が薄かった印象の強いAndroid 3.x。本を折り返したような特徴的な形状のおかげで大きさの割に持ちやすかったのですが、特にそれ以外何も無かった印象。動きも良くなかったので早々に手放しました。

Xperia ray SO-03C(NTTドコモ、機種変更)
購入時のエントリあり。ご愛好割の割引額改定により、ドコモオンラインショップで特に条件なしの機種変更10080円。ハイスペックでは無いものの小柄なボディは魅力。今も音楽プレイヤーとして現役使用中。

MOTOROLA PHOTON ISW11M(au、MNP)
MNPが異常なまでに優遇されていた頃に入手。ロッククリアすることでドコモのSIMで通信できたり、海外モデルの存在のおかげでカスタムROMも色々あって楽しめました。この端末の特徴でもある、背面に取り付けられたキックスタンドは動画などを見るときにとても便利。

5月
GALAXY Note SC-05D(NTTドコモ、MNP)
約5.3インチという「携帯電話」と呼ぶにはもう大きすぎる画面を搭載。タブレットとちょうど間くらいの大きさに需要があったのか、使っている方を電車で見る機会も結構ありました。プラスXi割を組むことでほぼ月々負担無しでパケット使い放題というよく分からない状況も当たり前に。

6月
Xperia P LT22i(SIMフリー)
購入時のエントリあり。発表時に一目惚れして今もメインで使っている割にはあまり気に入っていなかったり。ホールド感が良くないのと、メインに据えるにはスペック不足な気が。乗り換えたい端末が見つかっていないのでもうしばらく使い続けます。

9月
iPhone 4S 16GB(au、MNP)
iPhone 5発売直後ということもあって特に条件無しの一括ゼロ円、CBありな感じだったのでMNP。多少はiOS使ってみたい気持ちもありました。前から気になってたiOSにしか提供されて無いゲーム、アプリを使って結局放置中。

10月
Nexus 7 16GB(直販)
やっとキャリアと紐付かない形でNexusシリーズが日本国内で買えるようになったのが嬉しいところ。この後発売開始されたNexus 4やNexus 10はやはり日本は発売対象から外れていますが、今後はどのようになっていくんでしょうか。


何かが漏れてる気がしなくもないですが、たぶんこんな感じ。今の普段持ち端末は、メールと電話用のHONEY BEE 4、スマホメインのXperia P、モバイルルータのGP02、音楽再生専用にXperia rayといった布陣。Nexus 7は家でのみ使っています。

MNP商戦が一時期すさまじい有様だったなあとか、今年はあまり欲しくてたまらない端末が出てこなかったなあとか、少し残念な思いもありつつ、LTEが各社揃ってきたり、各社Android端末がある程度動くようになってきた、変化のある1年だったとも思っています。来年の今ごろが楽しみです。2012年、1年間お世話になりました。
auショップでMOTOROLA PHOTON ISW11Mのau ICカードを発行してもらいました。

ISW11Mはauから販売されている端末なのでCDMA2000での通信に対応しているのは言うまでもありませんが、それだけでなく、ハードウェア的には国際版のPHOTONと同じくW-CDMA/GSMにも対応しています。ロックはかかっているものの、ロッククリアすることでdocomoやSoftbankのSIMでの通信が可能になります。ロッククリアの方法は検索すればいくらでも見つかると思いますのでここでは触れません。

いざdocomoのSIMで通信するとなると、auの電話番号や通信回線がISW11Mと紐付いている意味も必要も特になくなってしまいます。そのまま放置しておいても別に害は無いと思いますが、docomoのSIMを抜いたときや設定変更や初期化したときなどに何かの拍子でau回線に繋がったりでもすると面倒なので番号を抜くことにしました。

ISW11MやISW11HT(htc EVO WiMAX)等は俗にROM機と呼ばれる類の機種で、電話番号等の情報が端末そのものに書き込まれています。なのでau ICカード(R-UIMカード)は必要なく、契約時にも付いてきません。ということで、auショップに端末を持ち込んでau ICカードを発行してもらう必要があります。「SIM出し」などとも呼ぶようです。

実際の手続きは特にややこしいこともなく、ISW11Mと別の端末(白ロム)をauショップに持ち込み、「ISW11Mの電話番号をこっちのケータイで使いたい」旨を申し出るだけ。結局のところは「持ち込み機種変更」とほぼ同じ手続き。通常は白ロムのレベル2ロッククリアやau ICカードの発行は料金がかかるサービスのようですが、ROM機と白ロム持ち込みによる「SIM出し」の場合は特に費用はかからないようです。

ISW11M_sim

ということでSIM出しが無事完了し、ジェムアルト製のau ICカード ver.002を受け取ってきました。また、ISW11Mの端末情報画面で確認できる電話番号の欄から元の番号が消えていることが確認できました。持ち込んだ携帯電話の方はEメール無料の「プランEシンプル+EZWINコース」にするか、基本料980円で1時から21時のau宛て通話が無料になるプランZシンプルにでも。でも、なんだかんだでプランEシンプルにして寝かせることになりそうです。

チラ裏。時系列が前後しますが、今回auショップに持ち込むより前にSIMロック解除、rooted、bootloaderアンロック、CWMリカバリ導入、カスタムROM焼きまでやらかしていました。一応、CWMで取得していた初期イメージのバックアップを、持ち込み直前に書き戻したのでau仕様で立ち上がるようにはしてから行きました。ショップでは目の前で2回ほど再起動のほか、端末を繋いでPASCAL MODEの状態での作業だったり、完了後に設定画面を開いて電話番号が消えていることを目視確認して頂いたり。カスタムROMのまま持ち込んだとかいう話をネットで見かけましたが、どうなんでしょう…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。